吉田秀和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
吉田 秀和
(よしだ ひでかず)
Yosida Hide.jpg
若き日の吉田秀和
誕生 1913年9月23日
日本の旗東京市日本橋区
(現・東京都中央区
死没 2012年5月22日(満98歳没)
日本の旗神奈川県鎌倉市
職業 音楽評論家随筆家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士文学
最終学歴 東京帝国大学仏文科
活動期間 1946年 - 2012年
ジャンル 音楽評論
文芸評論
美術評論
随筆
翻訳
主題 西洋音楽
代表作 『マネの肖像』(1993年)
主な受賞歴 大佛次郎賞(1975年)
紫綬褒章(1982年)
勲三等瑞宝章(1988年)
NHK放送文化賞(1988年)
朝日賞(1990年)
神奈川文化賞(1990年)
読売文学賞(1993年)
文化勲章(2006年)
配偶者 バルバラ・クラフト(後妻)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

吉田 秀和(よしだ ひでかず、1913年大正2年)9月23日 - 2012年平成24年)5月22日)は、日本音楽評論家随筆家

来歴・人物[編集]

クラシック音楽の豊富な体験・知識をもとに、音楽の持つ魅力や深い洞察をすぐれた感覚的な言葉で表現、日本の音楽評論において先導的役割を果たす。音楽のみならず文学美術など幅広い分野にわたる評論活動を続け、日本の音楽評論家としては初の個人全集が刊行されて、第2回大佛次郎賞を受けた。大の相撲好きとしても知られる。

朝日新聞夕刊に『音楽展望』を寄稿した。毎月の寄稿は一時期、中断していたが、2006年11月に復帰、以後、年4回のペースで掲載。約2年の長期中断の理由は、2003年11月に夫人吉田=クラフト・バルバラ (1927年ベルリン出身で、ドイツ語で日本文化・文学の研究紹介をしていた)の死去による精神的衝撃が大きいためとされる。連載執筆や、NHK-FM放送1971年から、約40年にわたって続けられている『名曲のたのしみ』の番組構成・司会を継続して行なうなど、2012年に98歳で亡くなるまで精力的に活動を続けた。独、仏、英語に通じ、特にドイツ語とフランス語の訳書は数多い。

いわゆるヴィルトゥオーゾには批判的で、ジョルジュ・シフラ1964年の来日演奏や、マルカンドレ・アムランショパンのエチュードによる練習曲を酷評したことでも知られる。

略歴[編集]

  • 東京市日本橋区新和泉町(現・東京都中央区日本橋人形町)に生まれ、4~5歳で日本橋区蛎殻町に転居。父の秀は和歌山県出身で、外科の開業医。母の雪は東京深川の小間物屋の娘で、青山女学院(現・青山学院)第1期生。母の影響で西洋古典音楽に親しんで育つ。
  • 1922年暮に大森へ移住し、関東大震災の被害を危うく免れる。父親が小樽の病院の院長に就任したため、小学校6年の秋に、一家で北海道小樽に転居。旧制中学校の小樽市中学校(現・小樽市立長橋中学校)で2年生の時まで伊藤整に英文法と英作文を教わる。このころ、ヴィオラを弾く小林多喜二が吉田家を一二度来訪し、秀和の母と合奏したことがある(吉田秀和『永遠の故郷 夜』p.24、集英社)。
  • 1930年春、4年修了で旧制成城高等学校文科甲類(英語クラス)(現成城大学)に入学し寮生活を送るも、同年秋、文科乙類(ドイツ語クラス)に転じると共に、ドイツ語の師である阿部六郎成城の自宅に同居(~1931年1月まで)。このころ中原中也フランス語の個人教授を受ける。小林秀雄大岡昇平とも交遊したが(同じ鎌倉市に在住していた小林は、後年吉田をライバル視し、その自宅を訪れた時に、出たばかりの『本居宣長』を、吉田の目の前に放り出して「君、出たよ」と吐き捨てたりした(朝日新聞連載のコラムより)。吉田自身も威勢の良すぎる断定調の小林の批評には批判的になっていった)。
  • 1936年東京帝国大学(現・東大)文学部フランス文学科卒業。1937年から1938年ごろ、中島健蔵の紹介で帝国美術学校(現・武蔵野美術大学)に勤務し、半年足らずフランス語を教えていたことがある[1]
  • 帝国美術学校退職後、自由が丘の姉の家に居候してピアノを弾いたり本を読んだり吉田一穂の家へ遊びに行ったりしていたが、戦局の悪化に伴い遊食生活が困難になり、吉田一穂の紹介で内務省地方局庶務係に勤務、英独仏語の翻訳に従事[1]。勤務中は大っぴらに本を広げて職務外の私的な仕事(シューマンの『音楽と音楽家』の翻訳。のち河上徹太郎の紹介で創元社から刊行)をしたこともある[1]。戦時中は情報局(内閣情報局)所管の日本音楽文化協会井口基成の勧めで出向。当時の身分は嘱託で、ピアノの原料の鋼鉄や鉄筋を音楽産業のために確保することや、音楽家の軍事徴用を止めるよう説得することが職務内容であった[2]。当時、職場で上司に厭戦的な発言をして叱責され、人前で泣いたこともあるという[1]。戦後は文部省の所属に移されたが、敗戦後の混乱期に「自分の本当にやりたいことをやって死にたい」という思いが募って勤めを辞し、ある女性雑誌の別冊付録『世界の名曲』に寄稿したことが契機となって音楽評論の道に入る。
  • 1946年、『音楽芸術』誌(音楽之友社)に『モーツァルト』を連載、本格的に評論活動を始める。
  • 1948年、斎藤秀雄井口基成伊藤武雄と「子供のための音楽教室」を開設し、初代室長。一期生には小澤征爾指揮者)、中村紘子ピアニスト)、堤剛チェリスト、現:桐朋学園大学学長)らがいる。「子供のための音楽教室」は、後の桐朋学園音楽部門の母体となった。
  • 1957年、柴田南雄らと「二十世紀音楽研究所」を設立、所長となる。
  • 1964年、桐朋学園でドイツ語を教えていたバルバラ・クラフト(Barbara Krafft)と京都で結婚。
  • 1967年より、西ベルリンに約1年余り滞在。期間内に在住することだけを条件に、諸国の芸術家や文化人を招聘し一定の報酬と住居を提供する同市のプロジェクトの一環で、この間に多くのコンサートやオペラ、演劇に通い、また東西ドイツのテレビ、ラジオによる音楽番組に接する。
  • 1975年、『吉田秀和全集』(第一期10巻まで)で第2回大佛次郎賞受賞。
  • 1982年、紫綬褒章を受章。
  • 1983年、ヴラディーミル・ホロヴィッツが初来日した際、その演奏を「なるほど、この芸術は、かつては無類の名品だったろうが、今は──最も控えめにいっても──ひびが入ってる。それも一つや二つのひびではない」(『音楽展望』1983年6月17日「ホロヴィッツを聴いて」)と評して話題となったが、1986年のホロヴィッツ再来日の時は、「この人は今も比類のない鍵盤上の魔術師であると共に、この概念そのものがどんなに深く十九世紀的なものかということと、当時の名手大家の何たるかを伝える貴重な存在といわねばならない」と称賛した(『音楽展望』1986年7月3日「ピアニスト・ホロヴィッツ」)。
  • 1988年、水戸芸術館館長に就任。勲三等瑞宝章を受章。NHK放送文化賞受賞。
  • 1990年、水戸芸術館館開館とともに、その専属楽団として、小澤征爾を音楽顧問とする水戸室内管弦楽団を創設。また、音楽・演劇美術などの各分野で、優れた芸術評論を発表した人に対して贈られる「吉田秀和賞」が設立された。同年に朝日賞、神奈川文化賞を受賞。
  • 1993年、『マネの肖像』で第44回読売文学賞受賞。
  • 1996年、文化功労者となる。
  • 2004年、『吉田秀和全集』全24巻完結。
  • 2006年、文化勲章受章。
  • 2007年、鎌倉市名誉市民及び水戸市名誉市民。
  • 2012年5月22日、鎌倉市内の自宅で急性心不全のため死去。98歳没[3]。没日付けで従三位に叙された。
  • 2012年7月14日のNHK-FMで「名曲の楽しみ」(=私の試聴室を含む)「ラフマニノフのその音楽と生涯」27回目(同シリーズ最終回)を生前の録音で放送したが、事実上、吉田自らの声による放送はこれが最後となった。

著作[編集]

全集・選集[編集]

  • 『吉田秀和全集 (全24巻)』(白水社、1975-2004)
    • 1975年に1~10巻、1979年に11~13巻、1986年に14~16巻、2001-04年に17~24巻、4期に分け刊行。
  • 『吉田秀和作曲家論集 (全6巻)』(音楽之友社、2001-2002)
    • 第1巻「ブルックナー、マーラー」、第2巻「シューベルト」、第3巻「ショパン」、第4巻「シューマン」、第5巻「ブラームス」、第6巻「J.S.バッハ、ハイドン」。
  • 『吉田秀和 名曲のたのしみ (全5巻)』 (西川彰一編、学研ホールディングス、2013)、編者は番組チーフ・プロデューサー。
  • 『モーツァルト その音楽と生涯 名曲のたのしみ (全5巻)』(西川彰一校訂、学研、2014-2015)、続編

単著[編集]

  • 『主題と変奏』(創元社、1953 → 中公文庫、1977 改版2011)
  • 『音楽家の世界』(創元社、1953)
  • 『二十世紀の音楽』(岩波新書、1957)
  • 『音楽紀行』(新潮社、1957 新版1968 → 中公文庫、1993)
  • 『わたしの音楽室』(新潮社、1961)
  • 『LP300選』(新潮社、1961 → 新潮文庫(改訂版)、1982)
  • 『批評草紙――日本を見る眼』(音楽之友社、1965)
  • 『批評草紙 続』(音楽之友社、1965)
  • 『わたしの音楽室――LP300選 1966年版』(新潮社、1966)
  • 『現代の演奏』(新潮社、1967)
  • 『モーツァルト』(講談社、1970 → 講談社学術文庫、1990)
  • 『今日の演奏と演奏家』(音楽之友社、1970)
  • 『ソロモンの歌』(河出書房新社、1970 → 朝日文庫、1986)
  • 『一枚のレコード』(中央公論社、1972 → 中公文庫、1978)
  • 『ヨーロッパの響、ヨーロッパの姿』(新潮社、1972 → 中公文庫、1988)
  • 『世界の指揮者』(ラジオ技術社、1973 → 新潮文庫、1982)
  • 『一本の木』(大西書店、1975)
  • 『レコードのモーツァルト』(中央公論社、1975 → 中公文庫、1980)
  • 『現代音楽を考える』(新潮社、1975)
  • 『世界のピアニスト』(ラジオ技術社、1976 → 新潮文庫、1983)
  • 『レコードと演奏』(音楽之友社、1976)
  • 『私の好きな曲』(新潮社 全2巻、1977 → 新潮文庫 全1巻、1985)
  • 『私のなかの音楽・音楽のなかの私』(音楽之友社、1977)
  • 『音楽展望 (全3巻)』(講談社、1978-1985)
  • 『批評の小径――現代の随想』(日本書籍、1979)
  • 『音楽の旅・絵の旅』(中央公論社、1979 → 中公文庫、1982)
  • 『音楽の光と翳』(鎌倉書房、1980 → 中公文庫、1989)
  • 『響きと鏡』(文藝春秋、1980 → 中公文庫、1990)
  • 『調和の幻想』(中央公論社、1981)
  • 『モーツァルトを求めて』(白水社、1982 → 白水Uブックス、2005)
  • 『レコード音楽のたのしみ』(音楽之友社、1982)
  • 『私の時間』(海竜社、1982 → 中公文庫、1985)
  • 『トゥールーズ=ロートレック』(中央公論社、1983)
  • 『レコードの四季』(音楽之友社、1983)
  • 『音楽からきこえてくるもの』(音楽之友社、1984)
  • 『ベートーヴェンを求めて』(白水社、1984)
  • 『このレコードがいい・25選』(新潮社、1985)
  • 『もう一つの時間』(海竜社、1985)、選文集
  • 『セザンヌ物語』(中央公論社 全2巻、1986 → ちくま文庫、2009)、※下記参照
  • 『音楽――批評と展望 (全3巻)』(朝日文庫、1986)
  • 『このディスクがいい・25選』(新潮社、1987)
  • 『セザンヌは何を描いたか』(白水社、1988)
  • 『音楽の時間――CD25選』(新潮社、1989)
  • 『二度目のニューヨーク』(読売新聞社、1989)
  • 『オペラ・ノート』(白水社、1991 → 白水Uブックス、2009)
  • 『新・音楽展望 1984-1990』(朝日新聞社、1991)
  • 『このCD、このLD・25選』(新潮社、1992)
  • 『人生を深く愉しむために――自然と芸術と人生と』(海竜社、1992)、選文集
  • 『マネの肖像』(白水社、1993)
  • 『新・音楽展望 1991-1993』(朝日新聞社、1994)
  • 『時の流れのなかで』(読売新聞社、1994 → 中公文庫、2000)
  • 『文学のとき エッセイの小径』(白水社〈白水Uブックス〉、1994)、再編本
  • 『音楽のある場所――CD・LD30選』(新潮社、1995)
  • 『改めて、また満たされる喜び――新・音楽展望 1994-1996』(朝日新聞社、1998)
  • 『音楽の二十世紀――CD・LD30選』(新潮社、1998)
  • 『物には決ったよさはなく…』(読売新聞社、1999)
  • 『くりかえし聴く、くりかえし読む――新・音楽展望 1997-1999』(朝日新聞社、2000)
  • 『ブラームスの音楽と生涯』(音楽之友社、歌崎和彦編[4]、2000)
  • 『今月の一枚――CD・LD36選』(新潮社、2001)
  • 『千年の文化 百年の文明』(海竜社、2004)、選文集
  • 『たとえ世界が不条理だったとしても――新・音楽展望 2000-2004』(朝日新聞社、2005)
  • 『之を楽しむ者に如かず』(新潮社、2009)
  • 『僕のオペラ』(海竜社、2010)、選文集
  • 『永遠の故郷-夜』(集英社、2008)
  • 『永遠の故郷-薄明』(集英社、2009)
  • 『永遠の故郷-真昼』(集英社、2010)
  • 『永遠の故郷-夕映』(集英社、2011)   
  • 『言葉のフーガ自由に、精緻に』(四明書院、2011)、29篇を精選した文業

再編文庫[編集]

  • 『この一枚』(新潮文庫、1992)-『このレコードがいい・25選』+『このディスクがいい・25選』
  • 『この一枚 part2』(新潮文庫、1995)-『音楽の時間』+『このCD、このLD・25選』
  • 『ソロモンの歌 一本の木』(講談社文芸文庫、2006)
  • 『私の好きな曲 吉田秀和コレクション1』(ちくま文庫、2007)
  • 『世界の指揮者 吉田秀和コレクション2』(ちくま文庫、2008)
  • 『世界のピアニスト 吉田秀和コレクション3』(ちくま文庫、2008)
  • 『モーツァルトをきく 吉田秀和コレクション4』(ちくま文庫、2008)
  • 『名曲三〇〇選 吉田秀和コレクション5』(ちくま文庫、2009)
  • 『セザンヌ物語 吉田秀和コレクション6』(ちくま文庫、2009)
  • 『世界の演奏家 吉田秀和コレクション7』(ちくま文庫、2010)
  • 『音楽の旅・絵の旅、音楽の光と翳 吉田秀和コレクション8』(ちくま文庫、2010)
  • 『マーラー』(河出文庫、2011)、論考・CD評などを集成
  • 『フルトヴェングラー』(河出文庫、2011)、関連論考集成

共著[編集]

  • 『私たちの歌曲集』(筑摩書房、1951)
  • 佐々木英也、高階秀爾共著『世界の名画5 マネとドガ』(中央公論社、1972)
  • 『音楽を語る――対話による音楽入門 (上下)』(芸術現代社、1974-75)。聞き手:服部進・加納千砂子・寺島令子
  • 渡辺護共著・S.Lauterwasser写真『バイロイト音楽祭――ニーベルングの指環』(音楽之友社、1984)
  • Buhs Remmlerほか写真『ベルリン・ドイツ・オペラ』(音楽之友社、1987)
  • 佐々木喜久共著・大窪道治写真『小澤征爾=水戸室内管弦楽団――奇跡のオーケストラヨーロッパを行く』(音楽之友社、1998)
  • 小澤征爾と共述・諸石幸生、音楽之友社構成・編『理想の室内オーケストラとは!――水戸室内管弦楽団での実験と成就』(音楽之友社、2002)

編著[編集]

  • 諸井三郎、野村良雄共編『音楽辞典』(河出書房、1953)
  • 入野義朗共編『青春の歌曲集』(河出書房、1954)
  • 入野義朗共編『世界民謡曲集』(修道社、1955)
  • 『若き日の音楽』(河出書房、1956)
  • 『音楽留学生』(音楽之友社、1957)
  • 高橋英郎共編『モーツァルト頌』(白水社、1966、新装版1995)

訳書[編集]

  • リヒァルト・ベンツ 『永遠の音楽家』(創元社、1943)
  • シューマン 『音楽と音楽家』(創元社、1948 → 岩波文庫、1958→改版2007)
  • アラン 『哲学入門 思想』(上下巻、アルス、1949-51)
  • ハーリッヒ・シュナイダー 『現代音楽と日本の作曲家』(創元社、1950)
  • モオツァルト 『モオツァルトの手紙』(編訳、ダヴィッド社、1951)
     改訂版、『モーツァルトの手紙』(講談社、1974) → 『モーツァルトの手紙』(講談社学術文庫、1991)
  • アンドレ・オデール 『音楽の形式』(白水社文庫クセジュ、1952 → 改版1973)
  • クロード・ロスタン 『現代フランス音楽』(白水社文庫クセジュ、1953)
  • アルテュール・オネゲル 『わたしは作曲家である』(創元社、1953 → 音楽之友社、1970、新版1999)  
  • ベルナール・シャンピニュル 『音楽の歴史』(白水社文庫クセジュ、1953 → 改版1969)
  • ロラン・マニュエル 『音楽のたのしみ』(白水社、全4巻 1953-55、全3巻 1966・1979 → 白水Uブックス 全4巻、2008)
     ※各巻タイトルは、第1巻「音楽の要素」、第2巻「音楽のあゆみ1 (ベートーヴェンまで)」
     第3巻「音楽のあゆみ2 (ベートーヴェンから今日まで)」、第4巻「オペラ」。
  • アンドレ・オデール 『現代音楽――フランスを除く』(白水社文庫クセジュ、1956)
  • シュトゥッケンシュミット 『現代音楽の創造者たち』(新潮社、1959.新版1968)
  • シュトウッケンシュミット 『シェーンベルク』(音楽之友社、1959)
  • ロバート・クラフトI.ストラヴィンスキー 『118の質問に答える』(音楽之友社、1960)
  • レナード・バーンスタイン 『音楽のよろこび』(音楽之友社、1966)
  • クロード・ロスタン 『ドイツ音楽』(白水社文庫クセジュ、1966)
  • ロマン・ロラン 『ベートーヴェン――偉大な創造の時期』(全2巻、みすず書房、1970)
     ※『ロマン・ロラン全集 ベートーヴェン研究 (全2巻)』の新装版、共訳。 
  • シュトゥッケンシュミット 『20世紀音楽』(平凡社〈世界大学選書〉、1971)
  • パブロ・カザルス 喜びと悲しみ』(アルバート・E.カーン編、新潮社、1973 → 朝日新聞社〈朝日選書〉、1991)、郷司敬吾共訳。
  • 『モーツァルト』(クルト・パーレン編・解説、朝日出版社、1975)、荒井秀直、鈴木威共訳。
  • バルバラ・吉田=クラフト 『日本文学の光と影 荷風・花袋・谷崎・川端』(藤原書店、2006)、濱川祥枝共訳-夫人の著作訳本

訳詞[編集]

  • シューベルト作曲 『冬の旅』(東京音楽書院)
  • シューベルト作曲 『美しい水車屋の乙女』(東京音楽書院)
  • シューマン作曲 『さすらいの民』(東京音楽書院)
  • ゼーデルマン作曲 『婚礼の祝い』(東京音楽書院)
  • メンデルスゾーン作曲 『三つの民謡』(カワイ楽譜), 他多数。

吉田秀和論[編集]

  • 丘山万里子『吉田秀和私論――なお語りたき音』(楽、1992) → 改訂版『吉田秀和――音追いびと』(アルヒーフ、2001)

出演[編集]

番組開始当初からディスクジョッキーを担当。吉田没後も、今後放送する予定だった収録音源や台本があるため、同7月21日-12月30日は当初の放送予定内容を継続する。
(吉田の解説音源は2012年7月14日ですべて放送を消化。以後は当面番組スタッフが代役を担当)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d レコード芸術編『吉田秀和 音楽を心の友と』p.34(音楽之友社、2012年)
  2. ^ レコード芸術編『吉田秀和 音楽を心の友と』p.35(音楽之友社、2012年)
  3. ^ “文化勲章受章の音楽評論家、吉田秀和さん死去”. 読売新聞. (2012年5月27日). http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20120527-OYT1T00286.htm 2012年5月27日閲覧。 
  4. ^ NHK-FM放送「名曲の楽しみ」で放送した「ブラームスの音楽と生涯」を再構成した著作。