堤剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

堤 剛(つつみ つよし、1942年7月28日 - )は、日本チェリストである。

桐朋学園大学院大学教授、財団法人サントリー音楽財団理事長、サントリーホール館長、霧島国際音楽祭音楽監督を務める。妻は劇作家の堤春恵(「仮名手本ハムレット」で読売文学賞)、ヴァイオリン奏者恵藤久美子は妹である。 サイトウ・キネン・オーケストラ水戸室内管弦楽団メンバー。

来歴[編集]

父親からチェロの手ほどきを受け、8歳で第1回リサイタルを開催。桐朋学園斎藤秀雄に師事し、桐朋学園高校音楽科卒業後にインディアナ大学へ留学しヤーノシュ・シュタルケルに師事した。1963年よりシュタルケルの助手を務める。

1957年第26回日本音楽コンクールのチェロ部門で第1位と特賞を獲得、1960年NHK交響楽団欧米演奏旅行に同行し評判を博した。その後、1963年ミュンヘン国際音楽コンクールで第2位、ブダペスト国際音楽コンクールで第1位を獲得し、世界各地のオーケストラと多数共演。西オンタリオ大学准教授、イリノイ大学教授、インディアナ大学教授、桐朋学園大学教授として後進の指導にもあたる。2004年4月から2013年3月まで桐朋学園大学学長を務めた。

ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル他より収録CD、演奏曲を多数発表。古典音楽から現代音楽まで幅広い演目をもつチェリスト。リサイタルに多数出演している。サイトウ・キネン・オーケストラの主要メンバーでもあった(現在は引退)。

音楽教育者として後進の指導、音楽を通しての教育活動にも積極的に参加し、小中学校等での出張コンサートにも多数出演している。2005年5月22日、神戸ワールド記念ホールで開催された、1000人のチェロ・コンサートに参加。サントリー音楽財団[1]の理事長を務め[2]、また、改修工事の終了にあわせて2007年9月1日より、佐治信忠に代りサントリーホールの館長にも就任した。2009年日本芸術院会員、サントリー芸術財団代表理事。

主な受賞歴[編集]

主な著作[編集]

  • 私の「イリノイ日記」--チェロとともに(音楽之友社 1990年)
  • チェロを生きる(新潮社 2002年)
  • 斎藤秀雄 講義録(編集)(白水社 2005年)

[編集]

  1. ^ 2009年にサントリー芸術財団に統括され、現在はサントリー芸術財団音楽事業部。
  2. ^ サントリー芸術財団サイト

外部リンク[編集]