柳澤孝彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やなぎさわ たかひこ
柳澤 孝彦
生誕 (1935-01-01) 1935年1月1日
長野県松本市
死没 (2017-08-14) 2017年8月14日(82歳没)
東京都
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京芸術大学
職業 建築家
受賞 日本芸術院賞(1995年)
日本建築学会賞(1998年)
所属 竹中工務店
柳澤孝彦+TAK建築研究所
建築物 東京都現代美術館
新国立劇場

柳澤 孝彦(やなぎさわ たかひこ、1935年1月1日 - 2017年8月14日[1] )は、日本の建築家

長野県松本市出身。長野県松本深志高等学校を経て、東京芸術大学建築科を卒業後、竹中工務店・設計部入社。東京本店設計部長を務めた。

1986年の新国立劇場(当時の仮称:第二国立劇場)国際建築設計競技で最優秀賞となったのを機に独立、同年9月TAK建築・都市計画研究所を設立した。東京都現代美術館などの公共建築を多く手がけている。

2017年8月14日、前立腺がんのため東京都内の病院で死去。82歳没[1]

作品[編集]

東京都現代美術館

以下は独立後の作品

著書[編集]

  • 『新国立劇場―HEART OF THE CITY』新建築社、1999年。

脚注[編集]

  1. ^ a b 柳澤孝彦氏死去=建築家、新国立劇場 - 時事ドットコム 2017年8月17日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]