高瀬隼彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高瀬 隼彦(たかせ はやひこ、1930年 - )は、日本の建築家。鹿島建設の建築家として活動。その後渡米し、ロスアンジェルス高瀬隼彦建築事務所主宰。

代表作品[編集]

  • リトル・トーキョー再開発計画・鹿島ビル
  • ダブルツリー・ヒルトン
  • 都ホテル
  • 目白の家
  • 小袋坂の家
  • 成城の家(1962)
  • 鎌倉の家(大江宏と)
  • 街中の家
  • 高瀬邸・杉本邸(2012)
  • リッカー会館(1963年度日本建築学会賞)

著書[編集]

  • 現代建築家シリーズ リチャード・ノイトラ:二川幸夫写真 清家清・高瀬隼彦文、美術出版社、1969