原広司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
はら ひろし
原 広司
人物情報
国籍 日本の旗 日本
生誕 1936年9月9日(79歳)
神奈川県川崎市
母校 東京大学大学院
所属組織 アトリエファイ
業績
建築物 ヤマトインターナショナル
梅田スカイビル
京都駅ビル
札幌ドーム
受賞 日本建築学会賞作品賞(1986年)

原 広司(はら ひろし、1936年9月9日[1] - )は、日本建築家東京大学名誉教授[1]

略歴[編集]

現在は世界中の集落調査を基盤に、原広司+アトリエファイ建築研究所での設計活動を展開している

受賞歴[編集]

  • 1983年 ラヴィレット公園(仏)国際設計競技 入選
  • 1986年 LUMEN賞
  • 1986年 日本建築学会賞 作品賞 (田崎美術館)[3]
  • 1988年 村野藤吾賞 (ヤマトインターナショナル)[4]
  • 1988年 サントリー学芸賞 (空間<機能から様相へ>)[5]
  • 1993年 日経BP技術賞 大賞 (梅田スカイビル)[6]
  • 2001年 ブルネル賞建築部門 激励賞 (京都駅ビル)
  • 2003年 日本建築学会作品選奨 (札幌ドーム)
  • 2003年 BCS賞 (札幌ドーム)
  • 2013年 日本建築学会大賞[7]

私生活[編集]

作家大江健三郎と友人[8]

義弟に北川フラムがいる[9]

作品[編集]

佐倉市立下志津小学校(第一校舎)
つくば市立竹園西小学校
梅田スカイビル
札幌ドーム
東京大学生産技術研究所(駒場IIキャンパス)
しもきた克雪ドーム
竣工年 作品 所在地 備考
1967年 伊藤邸 13東京都三鷹市 日本
1967年 佐倉市立下志津小学校(第一校舎) 12千葉県佐倉市 日本
1968年 慶松幼稚園 13東京都町田市 日本
1972年 粟津潔 14神奈川県川崎市 日本
1974年 原邸(自邸) 13東京都町田市 日本
1976年 工藤山荘 20長野県軽井沢町 日本
1977年 倉垣邸 13東京都世田谷区 日本
1978年 ニラム邸 12千葉県一宮町 日本
1979年 松欅堂 23愛知県豊田市 日本
1979年 秋田邸 13東京都練馬区 日本
1981年 末田美術館 44大分県由布市 日本
1981年 鶴川保育園 13東京都町田市 日本
1981年 森工房 20長野県坂城市 日本
1981年 横沢邸 13東京都杉並区 日本
1982年 ヒルポートホテル 13東京都渋谷区 日本 現存せず
1982年 中塚別邸・夢舞台 22静岡県伊東市 日本
1983年 群馬・渋川駅前商店街83街区 10群馬県渋川市 日本
1984年 秋田県営住宅新屋団地 05秋田県秋田市 日本
1985年 嶋邸 13東京都武蔵野市 日本
1985年 那覇市立城西小学校 47沖縄県那覇市 日本
1986年 北川邸 15新潟県上越市 日本
1986年 田崎美術館 20長野県軽井沢町 日本 日本建築学会賞
1986年 小波蔵邸 47沖縄県宜野湾市 日本
1986年 ヤマトインターナショナル 13東京都大田区 日本
1987年 虔十公園林フォリストハウス 04宮城県加美町 日本
1987年 大沢屋茶室 游喜庵 10群馬県渋川市 日本
1988年 飯田市美術博物館 20長野県飯田市 日本
1989年 ビーブ 04宮城県仙台市 日本
1990年 相鉄文化会館 14神奈川県横浜市 日本
1990年 武蔵野大学グリーンホール 13東京都西東京市 日本
1990年 つくば市立竹園西小学校 08茨城県つくば市 日本
1991年 武蔵野大学附属幼稚園 13東京都西東京市 日本
1992年 上田商会ゲストルーム 13東京都渋谷区 日本
1992年 内子町立大瀬中学校 38愛媛県内子町 日本
1993年 梅田スカイビル 27大阪市北区 日本
1994年 中塚ハウス 13東京都中央区 日本
1995年 東京大学検見川セミナーハウス 12千葉市花見川区 日本
1996年 国民宿舎丹沢ホーム 14神奈川県清川村 日本
1996年 新書館 13東京都文京区 日本
1997年 京都駅ビル 26京都市下京区 日本
1998年 宮城県図書館 04宮城県仙台市 日本
1998年 松本邸 30和歌山県那智勝浦町 日本
1998年 伊東邸 42長崎県雲仙市 日本
1998年 たかき医院 15新潟県十日町市 日本
1999年 東京大学国際産学共同研究センター 13東京都目黒区 日本
1999年 東京大学先端科学技術研究センター 13東京都目黒区 日本
2000年 韮崎東ヶ丘病院 療養病棟 19山梨県韮崎市 日本
2000年 広島市立基町高等学校 34広島市中区 日本
2001年 札幌ドーム 01北海道札幌市 日本
2001年 東京大学生産技術研究所 13東京都目黒区 日本
2002年 折本邸 38愛媛県内子町 日本
2002年 飯田高羽合同庁舎 20長野県飯田市 日本
2003年 越後妻有交流館 キナーレ 15新潟県十日町市 日本
2005年 しもきた克雪ドーム 02青森県むつ市 日本
2007年 福島県立会津学鳳中学校・高等学校 07福島県会津若松市 日本
2007年 夢舞台アネックス・紅傳工房 22静岡県伊東市 日本
2010年 恵比寿のオフィス 13東京都渋谷区 日本
2010年 惠友遠見辦公大樓 新竹県竹北市 台湾

おもな都市構想[編集]

  • 1967年 確立空間としての都市
  • 1992年 未来都市500m×500m×500m
  • 1995年 地球外都市

著作[編集]

  • 『建築に何が可能か 建築と人間と』学芸書林、1967年
  • 『空間<機能から様相へ>』岩波書店、1987年 のち現代文庫 
  • 『集落への旅』岩波新書、1987年
  • 『住居に都市を埋蔵する ことばの発見』住まいの図書館出版局(住まい学大系30)、1990年
  • 『集落の教え100』彰国社、1998年
  • Essay 離散性について-連結可能性と分離可能性をめぐる小論 ギャラリー・間企画・編集 TOTO出版 2004.12
  • Interview 「ディスクリート・シティ」と〈実験住宅ラテンアメリカ〉をめぐるディスクール ギャラリー・間企画・編集 TOTO出版 2004.12
  • Document 実験住宅モンテビデオ ギャラリー・間企画・編集 TOTO出版 2004.12
  • Drawings 実験住宅モンテビデオ ギャラリー・間企画・編集 TOTO出版 2004.12
  • 『Hiroshi Hara』Wiley-Academy、2001年。
  • Yet Hiroshi Hara TOTO出版 2009.12
  • 『(復刻版)住居集合論I、II』鹿島出版会、2006年

共著[編集]

  • 日本現代建築の展望 戦後建築20年史 浜口隆一,小能林宏城共著 新建築社 1966
  • ヒト、空間を構想する 都市/住居論講義 黒井千次対話 朝日出版社 1985.11 Lecture books

翻訳[編集]

  • アルミニウム建築 パウル・ワイドリンガー編著 内田祥哉共訳 彰国社 1961
  • ドイツの超高層建築 テュツセンハウス マルチン・ミッターク 鹿島研究所出版会 1965

アトリエファイ・原研究室出身の建築家・建築理論家[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『新訂現代日本人名録2002』「原 広司 はら・ひろし」1998年12月
  2. ^ a b 日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴ/原広司オーラル・ヒストリー 2012年6月28日 インタビュアー:辻泰岳、ケン・タダシ・オオシマ 書き起こし:成澤みずき
  3. ^ 田崎美術館について
  4. ^ 村野藤吾賞 受賞者、受賞作品、選考委員一覧
  5. ^ 原 広司 『空間<機能から様相へ>』 サントリー学芸賞 サントリー文化財団
  6. ^ コンペ報告 札幌ドーム 原 広司氏がこれまでに手がけた代表的作品 建設グラフ
  7. ^ [1]
  8. ^ 東西アスファルト事業協同組合講演会 「集落の教え」と様相論
  9. ^ 大地の芸術祭の里 12月7日 原広司×北川フラム、初の対談開催

外部リンク[編集]