内藤廣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
内藤 廣
生誕 1950年(67–68歳)[1][2]
神奈川県横浜市[1][2]
出身校 早稲田大学理工学部建築学科卒業、同大学院修士課程修了[1][2]
職業 建築家
受賞 日本建築学会賞作品賞(1992年)
吉田五十八賞(1992年)
村野藤吾賞(2000年)
所属 株式会社内藤廣建築設計事務所
建築物 鳥羽市立海の博物館
牧野富太郎記念館
島根県芸術文化センター

内藤 廣(ないとう ひろし、1950年昭和25年)[1] - )は、日本の建築家。株式会社内藤廣建築設計事務所代表。東京大学名誉教授[1]

海の博物館の設計で日本建築学会賞[2]、第18回吉田五十八賞[3]芸術選奨新人賞美術部門などを受賞、牧野富太郎記念館で第13回1999年度村野藤吾賞を受賞[4]

土木建築都市計画造園インダストリアルデザインなどの都市景観に関連した異なる職域によるデザイン・コラボレーションを提唱し、2003年には織部賞を受賞。2005年に「GSデザイン会議」(GSはグラウンドスケープの略)を篠原修らと発足、同代表。

国土交通省東日本大震災復興都市デザイン検討会委員、岩手県津波防災技術専門委員会委員。 空間デザインコンペティション、建築環境デザインコンペティション、トウキョウ建築コレクション2009、同2010、新国立競技場国際デザイン・コンクール[5]など、各コンペティションで審査員、及び審査委員長を歴任。

略歴[編集]

教職[編集]

作品[編集]

名称 所在地 状態 備考
/ギャラリーTOM 1984年 13東京都渋谷区 日本の旗 日本
/住居No.1 共生住居 1984年 14神奈川県鎌倉市 日本の旗 日本
/住居No.5 静棲住居 1987年 09栃木県那須町 日本の旗 日本
/住居No.6 M氏の住居 1986年 14神奈川県横浜市 日本の旗 日本
/住居No.7 生棲住居 1987年 13東京都品川区 日本の旗 日本
/住居No.8 稜線の家 1990年 22静岡県三島市 日本の旗 日本
/住居No.9 唐松林の家 1991年 20長野県茅野市 日本の旗 日本
/住居No.10 杉林の家 1991年 19山梨県北杜市 日本の旗 日本
/オートポリス・アートミュージアム 1992年 44大分県上津江村 日本の旗 日本
/海の博物館 1992年 24三重県鳥羽市 日本の旗 日本
/住居No.11 イズ・プレタポルテ 1992年 12千葉県柏市 日本の旗 日本
/志摩museum 1993年 24三重県鳥羽市 日本の旗 日本
/住居No.12 1993年 14神奈川県横浜市 日本の旗 日本
/住居No.14 筑波・黒の家 1994年 08茨城県石岡市 日本の旗 日本
/住居No.15 杉並・黒の部屋 1994年 13東京都杉並区 日本の旗 日本
/住居No.17 桂坂・黒の家 1995年 26京都市西京区 日本の旗 日本
/住居No.18 伊東・織りの家 1996年 22静岡県伊東市 日本の旗 日本
/住居No.19 金沢の家 1996年 17石川県金沢市 日本の旗 日本
/安曇野ちひろ美術館 1997年 20長野県松川村 日本の旗 日本
/うしぶか海彩館 1997年 43熊本県天草市 日本の旗 日本
/茨城県天心記念五浦美術館 1997年 08茨城県北茨城市 日本の旗 日本
/ギャラリーNIKI 1997年 13東京都千代田区 日本の旗 日本
/住居No.20 極楽寺の家 1997年 14神奈川県鎌倉市 日本の旗 日本
/住居No.21 千歳烏山の家 1997年 13東京都世田谷区 日本の旗 日本
/古河総合公園管理棟 1998年 08茨城県古河市 日本の旗 日本
/長野今井ニュータウン C工区 1998年 20長野県長野市 日本の旗 日本
/リストランテ・マッカリーナ 1998年 01北海道真狩村 日本の旗 日本
/国立台湾史文化博物館 卑南文化公園
遊客服務中心施設
1999年 臺東市  台湾
/十日町情報館 1999年 15新潟県十日町市 日本の旗 日本
/牧野富太郎記念館 1999年 39高知県高知市 日本の旗 日本
/住居No.22 2000年 13東京都 日本の旗 日本
/倫理研究所富士高原研修所 2001年 22静岡県御殿場市 日本の旗 日本
/最上川ふるさと総合公園センターハウス 2001年 06山形県寒河江市 日本の旗 日本
/フォレスト益子 2002年 09栃木県益子町 日本の旗 日本
/ちひろ美術館・東京 2002年 13東京都練馬区 日本の旗 日本
/九谷焼窯跡展示館 2002年 17石川県加賀市 日本の旗 日本
/住居No.23 2002年 13東京都 日本の旗 日本
/苫田ダム管理庁舎 2003年 33岡山県鏡野町 日本の旗 日本
/みなとみらい線馬車道駅 2004年 14神奈川県横浜市 日本の旗 日本
/倫理研究所船橋社宅 2004年 12千葉県船橋市 日本の旗 日本
/島根県芸術文化センター 2005年 32島根県益田市 日本の旗 日本
/リバーリトリート雅樂倶ANNEX 2005年 16富山県富山市 日本の旗 日本
/二期倶楽部 七石舞台【かがみ】 2006年 09栃木県那須町 日本の旗 日本
/とらや御殿場店 2006年 22静岡県御殿場市 日本の旗 日本
/住居No.29 2006年 13東京都大田区 日本の旗 日本
/とらや東京ミッドタウン店 2007年 13東京都港区 日本の旗 日本
/とらや工房 2007年 22静岡県御殿場市 日本の旗 日本
/住居No.34 2008年 13東京都北区 日本の旗 日本
/日向市駅と駅前広場 2008年 45宮崎県日向市 日本の旗 日本
/メディジン市ベレン公園図書館 2008年 メデジン  コロンビア
/高知駅 2009年 39高知県高知市 日本の旗 日本
/平岡篤頼文庫 2009年 20長野県軽井沢町 日本の旗 日本
/山代温泉「新総湯」 2009年 17石川県加賀市 日本の旗 日本
/虎屋京都店 2009年 26京都市上京区 日本の旗 日本
/とらや一条店 改装 2009年 26京都市上京区 日本の旗 日本
/和光大学E棟 2010年 13東京都町田市 日本の旗 日本
/城東地区複合施設 2010年 24三重県桑名市 日本の旗 日本
/練馬区立牧野記念庭園 2010年 13東京都練馬区 日本の旗 日本
/宮田眼科 2010年 23愛知県犬山市 日本の旗 日本
/旭川駅 2011年 01北海道旭川市 日本の旗 日本
/TORAYA TOKYO 2012年 13東京都千代田区 日本の旗 日本
/練馬区立向山庭園 2013年 13東京都練馬区 日本の旗 日本
/九州大学椎木講堂 2014年 40福岡市西区 日本の旗 日本
/北瑛小麦の丘 bi.ble 2014年 01北海道県美瑛町 日本の旗 日本
/周南市西部道の駅 2014年 35山口県周南市 日本の旗 日本
/安曇野市庁舎 2015年 20長野県安曇野市 日本の旗 日本
/このはなアリーナ 2015年 22静岡県静岡市 日本の旗 日本
/高山駅 2016年 21岐阜県高山市 日本の旗 日本
/住居No.40 2016年 28兵庫県神戸市 日本の旗 日本
/ミキモト銀座4丁目本店 2017年 13東京都中央区 日本の旗 日本 ファサードデザイン監修
/富山県美術館 2017年 16富山県富山市 日本の旗 日本


主要著書[編集]

  • 『素形の建築』(INAX出版、1995年)ISBN 487275056X
  • 『建築文化 シェルタリング・アース』(彰国社、1996年)
  • 『建築文化 サイレント・アーキテクチュア』(彰国社、1997年)
  • 『建築のはじまりに向かって』(王国社、1999年)ISBN 4900456667
  • 『住宅という場所で』共著(TOTO出版、2000年)
  • 『建築の終わり』共著(TOTO出版、2003年)
  • 『グラウンドスケープ宣言―土木・建築・都市 デザインの戦場へ』編著(丸善、2004年)ISBN 4621074156
  • 『建築的思考のゆくえ』(王国社、2004年)ISBN 4860730232
  • 『建土築木 1 構築物の風景』(鹿島出版会、2006年)ISBN 4306044777
  • 『建土築木 2 川のある風景』(鹿島出版会、2006年)ISBN 4306044785
  • 『内藤廣対談集―複眼思考の建築論』(INAX出版、2007年)ISBN 4872751426
  • 『構造デザイン講義』(王国社、2008年)
  • 『建築のちから』(王国社、2009年)
  • 『内藤廣対談集2』(INAX出版、2010年)
  • 『環境デザイン講義』(王国社、2011年)
  • 『内藤廣と若者たち 人生をめぐる一八の対話』(鹿島出版会、2011年)
  • 『内藤廣の頭と手』(彰国社、2012年)

脚注[編集]

外部リンク[編集]