設計事務所ヘキサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

設計事務所ヘキサ(せっけいじむしょ-)は、建築家・安原秀と中筋修が協働した建築設計事務所[1]。1975年から2002年の間に、主に大阪市中央区の谷町界隈にて累計22棟、約250戸のコーポラティブハウスを手がけた都住創プロジェクトを、さらに小島孜を加えて展開した。

参考[編集]

  • 中筋修(1989)都住創物語 : コーポラティブハウスの冒険 - 住まいの図書館出版局 住まい学大系, 019
  • 高田昇(2003)コーポラティブハウス : 21世紀型の住まいづくり 学芸出版社
  • 建築と社会 7910 60(10)(691) 日本建築協会:若い会員の集いレポート 都市住宅を考える(3)コーポラティブハウスの問題点と展望―中筋修氏に聞く / 三宅良一 ; 藤原吉昭 ; 光岡正
  • 建築と社会 7806 59(6)(675) 日本建築協会
  • 建築とまちづくり.198105 10(47) 建築とまちづくり編集委員会 編 新建築家技術者集団
  • 安原秀、「家族の変容と住宅計画」『都市住宅学』 1994年 1994巻 6号 p.27-31, doi:10.11531/uhs1993.1994.6_27, 都市住宅学会
  • すまいろん (冬)(9) 住総研, 198902
  • 安原 秀:現代・都市・集合住宅--コ-ポラティブ住宅の試み (コ-ポラティブハウス"デネブ"〔設計・大阪府住宅供給公社,ヘキサ〕建築文化 198406 39(452) 彰国社
  • 建築文化 199106 46(536) 彰国社
  • 30年の付き合いが育てた共同体 コーポラティブハウス デネブ 1983年 : 大阪府豊中市 設計=大阪府住宅供給公社・ヘキサ (特集 熟成する集合住宅 : 集住の本質を問う) : 住宅建築 (440), 20-35, 201308
  • case4 都住創カレンズ/都住創"復活"第1号,つなぎ投資なしで完成 (徹底検証 コープ住宅ブームのチャンスとリスク-"自由設計型マンション"市場に熱い視線 コーポラティブはビジネスになるか) : 日経アーキテクチュア (672), 138-141, 20000807

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中筋(1989)、高田(2003)他

関連項目[編集]