北山恒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
北山 恒
きたやま こう
生誕 1950年(67–68歳)
日本の旗 日本 香川県
国籍 日本の旗 日本
出身校 横浜国立大学大学院
職業 建築家
受賞 吉岡賞(1993年)
日本建築家協会賞(2009年)
日本建築学会賞作品賞(2010年)
所属 architecture WORKSHOP
建築物 保谷本町のクリニック
白石市立白石第二小学校
洗足の連結住棟

北山 恒(きたやま こう、1950年 - )は、日本の建築家法政大学教授、横浜国立大学名誉教授、日本建築学会常任理事。

来歴[編集]

  • 1950年 香川県に生まれる
  • 1969年 東京都立戸山高等学校卒業(19歳)
  • 1976年 横浜国立大学建築学科卒業(26歳)
  • 1978年 大学院在学中に建築ユニット「ワークショップ」設立(共同主宰)(28歳)
  • 1980年 横浜国立大学大学院修士課程修了(30歳)
  • 1987年 横浜国立大学講師(37歳)
  • 1995年 横浜国立大学助教授(45歳)
  • 1995年 architecture WORKSHOP設立主宰
  • 2001年~2016年 横浜国立大学大学院Y-GSA教授
  • 2007~10年 東北大学大学院非常勤講師
  • 2016年~ 法政大学教授、横浜国立大学名誉教授

主な作品、受賞歴[編集]

  • 1993年 「保谷本町のクリニック」で第10回吉岡賞受賞(WORKSHOP共同受賞)(43歳)
  • 1996年 「HOUSE IN HOUSE」で東京建築士会住宅建築賞(46歳)
  • 1997年 「白石市立白石第二小学校」で建築学会東北建築賞作品賞、日本建築学会作品選奨など(47歳)
  • 2000年 六本木一丁目駅3番出入口(50歳)
  • 2002年 東京タワー特別展望台リニューワル(52歳)
  • 2003年 「公立苅田総合病院」でグッドデザイン賞、医療福祉建築賞、日本建築学会作品選奨受賞(53歳)
  • 2005年  「船橋のミニ戸建て開発A・B棟」で第11回千葉県建築文化奨励賞受賞(55歳)
  • 2009年 「洗足の連結住棟」で日本建築家協会賞受賞(59歳)
  • 2010年 「洗足の連結住棟」で日本建築学会賞作品賞受賞(60歳)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]