貝島桃代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

貝島 桃代(かいじま ももよ、1969年 - )は、日本建築家スイス連邦工科大学チューリッヒ校教授。アトリエ・ワン共同主宰。建築家の塚本由晴は夫。

人物・経歴[編集]

東京都新宿区四谷出身[1]。1991年日本女子大学家政学部住居学科卒業。1992年塚本由晴アトリエ・ワンを設立[2]。1994年東京工業大学大学院理工学研究科建築学専攻修士課程修了、修士(工学)[3]。1996年から97年までスイス連邦工科大学チューリッヒ校奨学生。2000年東京工業大学大学院理工学研究科建築学専攻博士課程満期退学[3][2]筑波大学芸術系講師[3]

2003年ハーバード大学大学院客員教授[4]。2004年筑波大学大学院人間総合科学研究科講師[3]。2005年スイス連邦工科大学チューリッヒ校客員教授。2008年クイーンズランド大学非常勤教授[4]。2009年筑波大学芸術系准教授[3]。2011年デンマーク王立アカデミー客員教授。2012年RIBA International Fellowship[2][4]。2013年筑波大学附属病院のアートをつくる会議リーダー[3]

2014年ライス大学客員教授[2][4]。2015年デルフト工科大学客員教授。2016年ハーバード大学大学院客員教授。2017年コロンビア大学客員教授。同年スイス連邦工科大学チューリッヒ校教授。2018年第16回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館キュレーター[2]。2021年砂沼サンビーチ跡地活性化協議会座長[5]。2022年ウルフ賞芸術部門受賞[6]

親族[編集]

建築家の塚本由晴は夫[7]

著書[編集]

  • 『メイド・イン・トーキョー』(黒田潤三, 塚本由晴と共著)鹿島出版会 2001
  • 『建築からみたまちいえたてもののシナリオ』INAX出版 2010

脚注[編集]

[脚注の使い方]