レンゾ・ピアノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レンゾ・ピアノ
Renzo Piano
Renzo Piano cropped.jpg
生誕 (1937-09-14) 1937年9月14日(81歳)
イタリア ジェノヴァ
国籍 イタリアの旗 イタリア
出身校 ミラノ工科大学
職業 建築家
受賞 RIBAゴールドメダル(1989年)
高松宮殿下記念世界文化賞(1995年)
プリツカー賞(1998年)
UIAゴールドメダル(2002年)
AIAゴールドメダル(2008年)
所属 レンゾ・ピアノ・ビルディング・ワークショップ
建築物 ポンピドゥー・センター
関西国際空港旅客ターミナルビル
ジャン・マリー=チバウ文化センター
ニューヨークタイムスタワー
ザ・シャード

レンゾ・ピアノ(Renzo Piano、1937年9月14日 - )はイタリアを代表する建築家インテリアから公共建築まで幅広く手がけている。なおイタリア語での正式な発音は「レンゾ」ではなく「レンツォ」がもっとも近い。

概要[編集]

関西国際空港ターミナルビル
関西国際空港旅客ターミナルビルの外観
ダイムラー・シティ

1937年ジェノヴァ建設業を営む家に生まれる。フィレンツェ大学への2年の在籍を経て、1964年ミラノ工科大学卒業。フランコ・アルビーニの下で働いた後、1965年、スタジオ・ピアノ設立。1960年代後半は、オリベッティ・アンダーウッド工場の設計でルイス・I・カーンの共働した。 1970年から1977年にかけて、リチャード・ロジャースと共に建築設計事務所「ピアノ&ロジャース」を共同主宰。建築設計競技で勝ち取ったポンピドゥー・センターの設計を共同で進めた[1]1977年から1980年にかけては、構造家ピーター・ライスと共同でピアノ&ライス&アソシエイツを主宰した。1981年、レンゾ・ピアノ・ビルディング・ワークショップを故郷のジェノヴァに設立。

主要な作品としては、国際舞台に衝撃を与えたポンピドゥー・センター、20世紀の建築におけるエンジニアリング・構造設計の最大の成果である関西国際空港旅客ターミナルビル設計、ベルリンポツダム広場の再開発にあたってのダイムラー・シティのマスタープラン設計であろう。いずれも、巨大建築に求められる技術的課題に応え、国際空港の象徴性やベルリンの周囲の歴史的文脈などといったものにも配慮をしている。

彼の設計による超高層ビルがベルリン以外ではシドニー(オーロラ・プレイス)などに設計されたほか、ロンドンのロンドン・ブリッジ駅の南西側に所在する「シャード・ロンドン・ブリッジ(Shard London Bridge)」という87階建て高さ310mのピラミッド型超高層ビルがある。(2008年9月に着工、2012年7月5日に外構竣工)[1]

受賞[編集]

建築[編集]

ニュー・メトロポリス
メゾン・エルメス
パウル・クレー・センター
名称 所在地 備考
移設可能なイオウ採掘工場 1966 ポメーツィア イタリアの旗 イタリア
第14回ミラノ・トリエンナーレのパビリオン 1967 ミラノ イタリアの旗 イタリア
レンゾ・ピアノ・オフィス 1969 ジェノヴァ イタリアの旗 イタリア
大阪万博イタリア工業館 1969 大阪府吹田市 日本の旗 日本 現存せず
フリープランによる住居 1969 クザーゴ イタリアの旗 イタリア
病院モデュール ARAM 1970 ワシントンD.C. アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オリベッティ・アンダーウッド工場 1966–1970 ハリスバーグ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ルイス・カーンと共同
ポンピドゥー・センターIRCAM 1971–1977 パリ フランスの旗 フランス
ジェノヴァ地下鉄ブリン駅 1983 ジェノヴァ イタリアの旗 イタリア
メニル・コレクション美術館 1982–1987 ヒューストン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フィアットリンゴット工場再開発 1983–2003 トリノ イタリアの旗 イタリア
ジェノヴァ港湾再開発 1985–1992 ジェノヴァ イタリアの旗 イタリア
スタディオ・サン・ニコラ 1987–1990 バーリ イタリアの旗 イタリア
ユネスコ・ワークショップ研究所 1991 ジェノヴァ イタリアの旗 イタリア
関西国際空港旅客ターミナルビル 1988–1994 大阪府泉佐野市 日本の旗 日本
リヨン国際都市 1995–2006 リヨン フランスの旗 フランス
牛深ハイヤ大橋 1989–1996 熊本県天草市 日本の旗 日本
アトリエ・ブランクーシの再築 1992–1996 パリ フランスの旗 フランス
ニュー・メトロポリス(オランダ国立科学技術博物館) 1992–1997 アムステルダム オランダの旗 オランダ
バイエラー財団美術館 1991–1997 バーゼル スイスの旗 スイス
ジャン・マリー=チバウ文化センター 1991–1998 ニューカレドニアヌーメア フランスの旗 フランス
ローディ人民銀行 1991–2001 ローディ イタリアの旗 イタリア
ポツダム広場再開発計画(デビス本社ビル等) 1992–2000 ベルリン ドイツの旗 ドイツ
メルセデス・ベンツ・デザインセンター 1993–1998 リヨン フランスの旗 フランス
フェラーリ社風同実験室 1996–1998 モデナ イタリアの旗 イタリア
オーロラ・プレイス 1996–2000 シドニー オーストラリアの旗 オーストラリア
KPNテレコムタワー 1997–2000 ロッテルダム オランダの旗 オランダ
メゾン・エルメス 1998–2001 東京都中央区 日本の旗 日本
ナッシャー彫刻センター 1999–2003 ダラス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ピオ神父巡礼教会 1991–2004 サン・ジョバンニ・ロトンド イタリアの旗 イタリア
パウル・クレー・センター 1999–2005 ベルン スイスの旗 スイス
ハイ美術館新館 1999–2005 アトランタ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ピーク&クロッペンブルク 2005 ケルン ドイツの旗 ドイツ
モルガン・ライブラリー増改築 2000–2006 ニューヨーク アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ブロード現代美術館 2008 ロサンゼルス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨークタイムスタワー 2000–2007 ニューヨーク アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア科学アカデミー新館 2000–2008 サンフランシスコ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
シャード・ロンドン・ブリッジ 2000–2012 ロンドン イギリスの旗 イギリス

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ フランス、美術の殿堂とレンゾ・ピアノ建築40周年”. 京都賞 (2017年2月24日). 2018年8月11日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『レンゾ・ピアノ 航海日誌』(レンゾ・ピアノ・石田俊二 著、TOTO出版、1998年)
  • 『レンゾ・ピアノ・ビルディング・ワークショップ Vol.1-4 日本語版』(ピーター・ブキャナン 著・岡部憲明 監訳・南谷覚正 訳、ファイドン、2005年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]