レム・コールハース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Rem Koolhaas
レム・コールハース
Rem Koolhaas 1987.jpg
生誕 (1944-11-17) 1944年11月17日(73歳)
オランダの旗 オランダロッテルダム
国籍 オランダの旗 オランダ
出身校 英国建築協会付属建築専門大学AAスクール
職業 建築家
受賞 日本建築学会賞作品賞(1992年)
プリツカー賞(2000年)
世界文化賞建築部門(2003年)
RIBAゴールドメダル(2004年)
所属 OMA(Office for Metropolitan Architecture)
AMO
建築物 ネクサスワールドレム・コールハース棟
ヴィラ・ダラヴァ
ボルドーの家

レム・コールハース(Rem Koolhaas、1944年11月17日 - )は、オランダロッテルダム生まれの建築家都市計画家ジャーナリストおよび脚本家としての活動の後、ロンドンにある英国建築協会付属建築専門大学(通称AAスクール)で学び建築家となった。彼は自分の建築設計事務所OMA(Office for Metropolitan Architecture)とその研究機関であるAMOの所長である。またハーバード大学大学院デザイン学部における“建築実践と都市デザイン”の教授でもある。

人物[編集]

在ベルリン・オランダ大使館

彼は実際の建築物より著作物の方が知られている。代表作である『錯乱のニューヨーク』や、1995年にグラフィックデザイナーのブルース・マオと競作した『S,M,L,XL』など、建築理論に関する影響力の強い本は有名である。『錯乱』で「マンハッタニズム」という都市理論を提唱し、摩天楼が具体的な例として取り上げた[1]。彼は建築作品や著作物において、一方では建築の素材を生かすこと・ヒューマンスケールの維持・注意深く練られた建築意図などヒューマニストとしての理想を守るために戦うという規範を守ろうとしているが、他方では、物質経済・人間のサイズをはるかに超えたスケールの建築・雑然とした設計意図の建物の乱立など、急速にグローバル化する資本主義社会の流れに興味を持ち、この流れに身を任せようという規範も持っている。この正反対の規範が起こす矛盾を、断固許容しようという姿勢を彼は貫いている。2003年には『content』という安価な雑誌形式の本が出版され、過去十年間のOMAのプロジェクト、試み、動向、そして世界的な経済発展を振り返る内容となっている。

シアトル中央図書館

コールハースは調査と図表を賢明に用いることによって、前例の無い形状や関係へと突き進む都市の絶対的な力について、現代社会の文脈に沿ってまとめている。プラダのような大規模なブランドを例にして「ショッピング」を知的満足として考察する一方で、珠江デルタなど現代中国の諸都市の無秩序な状態や密集化は「パフォーマンス」、すなわち密度、新しさ、形、大きさ、金銭等の議論の余地ある確実性を伴った変数を含む基準によって分析される。容赦ない生(なま)の取り組みを通して、コールハースは建築家を死滅した職業という不安から引き抜き、一瞬でも現代の極致に復活させることを望んでいる。

また、1986年のモルガン・スタンレー銀行設計競技(敗退)以降、クンストハルや中国中央電視台本部ビル、サーペンタイン・ギャラリー・パビリオン2006など、セシル・バルモンドとの協働が続いている。

作品[編集]

マコーミック・トリビューン・キャンパス・センター
中国中央電視台本部ビル
名称 所在地 状態 備考
ちえつくほいんとちやりのしゆうこう/チェックポイント・チャーリー 1980年 ベルリン ドイツの旗 ドイツ
ほりすすてしよん/ポリス・ステーション 1982年 アルメラ オランダの旗 オランダ
りんたすたつち/リンタス・ダッチ本社 1984年 アムステルダム オランダの旗 オランダ
ろつてるたむのはす/ロッテルダムのバス・ターミナル 1985年 ロッテルダム オランダの旗 オランダ 現存せず
なさらんとたんす/ネザーランド・ダンス・シアター 1987年 ハーグ オランダの旗 オランダ 現存せず
ゆらりる/ユーラリール 1988年 リール フランスの旗 フランス
あいふれいん/アイ・プレイン 1988年 アムステルダム オランダの旗 オランダ
はていおういら/パティオ・ヴィラ 1988年 ロッテルダム オランダの旗 オランダ
ねくさすわ/ネクサスワールド レム棟・コールハース棟 1991年 福岡市東区 日本の旗 日本
ういらたらうあ/ヴィラ・ダラヴァ 1991年 パリ フランスの旗 フランス
ふるかふりつく/フルカ・ブリック・ホテル改修 1991年 フルカ峠 スイスの旗 スイス
ひさんていうむ/ビザンティウム 1991年 アムステルダム オランダの旗 オランダ
くんすとはる/クンストハル 1992年 ロッテルダム オランダの旗 オランダ
みうしあむはく/ミュージアム・パーク 1994年 ロッテルダム オランダの旗 オランダ
こんくれくす/コングレクスポ(リール・グラン・パレ) 1994年 リール フランスの旗 フランス
さんたもにか/エデュカトリアム 1997年 ユトレヒト オランダの旗 オランダ
ほるとのいえ/ボルドーの家 1998年 ボルドー フランスの旗 フランス
さいへるりん/在ベルリン・オランダ大使館 2002年 ベルリン ドイツの旗 ドイツ
いりのいこうかたいかくまこみくとりひゆん/イリノイ工科大学マコーミック・トリビューン・キャンパス・センター 2003年 シカゴ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
そうるたいかくひしゆつ/ソウル国立大学美術館 2003年 ソウル 大韓民国の旗 韓国
ぷらたえぴせんた/プラダ・ニューヨーク・エピセンター 2003年 ニューヨーク アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ぷらたえぴせんた/プラダ・ロサンゼルス・エピセンター 2004年 ロサンゼルス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
しあとるちゆうおう/ シアトル中央図書館 2004年 シアトル アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
かさたむしか/カーサ・ダ・ムジカ 2004年 ポルト ポルトガルの旗 ポルトガル
いうむさむすん/ イウム、サムスン美術館新館 2004年 ソウル 大韓民国の旗 韓国
てんはくのちかてつえきとちゆうしやしよう/デン・ハーグの地下鉄駅+駐車場 2004年 ハーグ オランダの旗 オランダ
さへんたいん/ サーペンタイン・ギャラリー・パビリオン 2006年 ロンドン イギリスの旗 イギリス
ふらたとらんすふおま/プラダ トランスフォーマー 2009年 ソウル 大韓民国の旗 韓国 現存せず
ちゆうこくちゆうおうてんしたい/ 中国中央電視台本部ビル 2009年 北京 中華人民共和国の旗 中国
こねるたいかくみるすた/ コーネル大学 ミルスタインホール 2011年 ニューヨーク アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ろすちやいるときん/ ロスチャイルド銀行 2011年 ロンドン イギリスの旗 イギリス
まきすかとなへる/ マギーズ・ガートナベル 2011年 グラスゴー イギリスの旗 イギリス
こちおもてさんどう/ COACH表参道フラッグシップストア 2013年 東京都港区 日本の旗 日本
かれしこりきはく/ ガレージ・ゴーリキー・パーク 2013年 モスクワ ロシアの旗 ロシア
しんせんしようけんとりひき/ 深圳証券取引所 2013年 深圳 中華人民共和国の旗 中国
いんたれす/ インターレース 2013年 シンガポール シンガポールの旗 シンガポール
てろつてるたむ/ デ・ロッテルダム 2013年 ロッテルダム オランダの旗 オランダ
しすたろうほんしや/ G-Star RAW本社 2014年 アムステルダム オランダの旗 オランダ
ふらたさいたん/ プラダ財団 2015年 ミラノ イタリアの旗 イタリア
ていまはいす/ ティマーハイス 2015年 ロッテルダム オランダの旗 オランダ
けべつくこくりつ/ ケベック国立美術館ピエール・ラッソンド・パヴィリオン 2016年 ケベック・シティー カナダの旗 カナダ

主な日本語文献[編集]

  • レム・コールハース 『錯乱のニューヨーク』 鈴木圭介訳 筑摩書房、1995年/ちくま学芸文庫、1999年
  • レム・コールハース 『建築家の講義』 岸田省吾・秋吉正雄訳、丸善、2006年11月-小著
  • 『コールハースは語る』 ハンス・ウルリッヒ・オブリスト共著
     滝口範子訳、筑摩書房、2008年10月 
  • ザハ・ハディッドは語る』 ハンス・ウルリッヒ・オブリスト共著
     滝口範子訳、筑摩書房、2010年9月-第5章にロング・インタビューを収む。
  • 行動主義レム・コールハース ドキュメント』
     滝口範子編、TOTO出版、2004年-本人を含め関係者12人の詳細なインタビュー。
  • ユリイカ 詩と批評.特集レム・コールハース 行動のアーキテクト』 2009年6月号、青土社
  • レム・コールハース『S,M,L,XL+: 現代都市をめぐるエッセイ』太田佳代子 渡辺佐智江訳 ちくま学芸文庫 2015年5月

受賞[編集]

出演[編集]

その他[編集]

OMA出身の建築家[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 建築運動を起こしているヨーロッパと違ってニューヨークの格子状の地割りによって切り離された『ブロック』」で自由に、過密化が「建築的ロボトミーとして建物の内部と外部、各階の昨日の分裂をもたらした」という五十嵐太郎『おかしな建築の歴史』(エクスナレッジ 2013年p.192f)。