日本設計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社日本設計
NIHON SEKKEI, INC.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
163-0430
新宿三井ビル
東京都新宿区西新宿二丁目1番1号
新宿アイランドタワー
東京都新宿区西新宿六丁目5番1号
本店所在地 163-0430
東京都新宿区西新宿二丁目1番1号
設立 1967年(昭和43年)9月1日
業種 建築設計
法人番号 5011101036563
事業内容

建築、造園、土木およびこれらに関連する設備、構造、インテリア等についての企画、設計、工事監理ならびに調査鑑定

都市・地域計画・都市再開発事業計画、環境アセスメント調査
代表者 千鳥義典代表取締役社長執行役員)
資本金 1億円
従業員数 956名
関係する人物 池田武邦
隈研吾
外部リンク http://www.nihonsekkei.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社日本設計(にほんせっけい)は日本にある組織系建築設計事務所

概要[編集]

国内初の超高層ビルである霞が関ビルディング(1968年竣工)の設計メンバーが中心となって、1967年に創立した。本社は東京都新宿区黒川紀章などの有名建築家との共作も手がけている(国立新美術館など)。

創立当初から、京王プラザホテル(1971年竣工)、新宿三井ビル(1974年竣工)などの超高層建築の日本におけるパイオニアとして知られてきたことに加え、1980年代以降は、自然エネルギー利用や屋上緑化といった数々の「環境」をテーマとした作品を一貫して発表し、「環境の日本設計」として知られている。近年の環境意識の高まりによって注目を集めた愛知万博長久手日本館(2005年)、北海道洞爺湖サミット国際メディアセンター(2008年)、上海国際博覧会(上海万博)日本館(2010年)、虎ノ門ヒルズ(2014年)などの設計を担当している。

毎年発表されるBD World Architecture 100の2017年版では、世界ランキング21位となっており、日本の組織設計事務所としては2番目の規模である。

沿革[編集]

新宿三井ビルディング
西新宿

主な作品[編集]

JRタワー
北海道札幌市
日本橋三井タワー
日本橋室町

1971年

1974年

1977年

1981年

1982年

1984年

  • 熱帯ドリームセンター

1985年

1986年

1987年

1992年

1993年

1994年

  • TBS放送センター

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2011年

  • 三井記念病院(東京都)

2014年

2015年

在籍者・出身者[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ながしま遊館(中部地区)”. 公共建築協会 (2010年). 2017年2月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年2月26日閲覧。

外部リンク[編集]