大谷幸夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おおたに さちお
大谷 幸夫
生誕 1924年(大正13年)2月20日
東京市赤坂区
死没 2013年1月2日(満88歳没)
東京都杉並区
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学
職業 建築士
受賞 日本建築学会賞作品賞(1982年)
日本建築学会賞大賞(1997年)
実習 大谷研究室
建築物 国立京都国際会館
川崎市河原町高層公営住宅団地
沖縄コンベンションセンター

大谷 幸夫(おおたに さちお、1924年(大正13年)2月20日 - 2013年(平成25年)1月2日[1])は日本建築家都市計画家東京都港区生まれ。東京大学工学部建築学科卒業。丹下健三の片腕として、広島平和記念資料館や旧東京都庁舎の設計を手伝う。1964年、東京大学都市工学科助教授就任。1971年から84年まで、東京大学都市工学科教授。1984年から東京大学都市工学名誉教授。1983年から89年まで千葉大学建築学科教授。「住宅中庭のあるのが基本」と言う。

作品[編集]

国立京都国際会館
沖縄コンベンションセンター

構想と都市計画[編集]

  • 「麹町計画」- 水谷頴介とともにコートハウスを住居単位とした市街地再構成のケーススタディ。1961年
  • 協同組合富山問屋センター団地 1964年-1967年
  • 川崎駅西口地区市街地再開発計画 1970年
  • 静岡県裾野市総合開発計画 1972年
  • 松本城周辺整備調査計画 1973年
  • 三井インダストリアルパーク住宅地区基本計画 1973年
  • 三井物産相模湖社有地尾坊地区土地利用計画と施設計画 1973年
  • 建物中庭の住居環境に関する総合的研究 1973年
  • シンガポールコンベンションセンター世界貿易センター基本計画
  • 川口駅西口地区整備計画(斉藤邦彦アンドアソシエイツと)1980年
  • 旧東京教育大学移転跡地計画 1981年-1982年
  • 長野市松代伝統的建造物保全対策事業 1982年
  • 東京国際空港沖合い展開に関わる整備基本計画の景観調査 1983年
  • 荒川区アメニティタウン計画研究・快適環境整備事業基本計画策定 1985年

建築作品[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 建築家の大谷幸夫さん死去 京都国際会館など設計 朝日新聞 2013年(平成25年)1月8日閲覧

関連文献[編集]

  • 『空地の思想』
  • 『大谷幸夫建築・都市論集』
  • 『国立京都国際会館の建築』
  • 『都市的なるものへ ー 大谷幸夫作品集』

関連項目[編集]