浦辺鎮太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
浦辺鎮太郎
生誕 (1909-03-31) 1909年3月31日
日本の旗 日本 岡山県児島郡粒江村
死没 (1991-06-08) 1991年6月8日(82歳没)
国籍日本の旗 日本
出身校京都帝国大学工学部
職業建築家
受賞日本建築学会賞作品賞
(1965年、1975年)
日本建築学会賞大賞(1986年)
所属 浦辺設計
建築物 倉敷国際ホテル
倉敷アイビースクエア
倉敷市庁舎

浦辺鎮太郎(うらべ しずたろう、1909年3月31日 - 1991年6月8日)は日本建築家

経歴[編集]

岡山県児島郡粒江村(現:倉敷市)出身。岡山県第一岡山中学校(現:岡山県立岡山朝日高等学校の一つ)、旧制第六高等学校を経て、1934年京都帝国大学工学部建築学科卒業後、倉敷レイヨン(現:クラレ)に入社し営繕関連部門に勤務。1962年、倉敷レイヨン内に同社社長で同郷の実業家大原総一郎の庇護のもとに倉敷建築研究所(現:浦辺設計の前身)を設立した。1964年に倉敷レイヨンを退社し倉敷建築事務所として独立、1966年に浦辺建築設計事務所と改称した。倉敷レイヨン時代から大原総一郎の構想する倉敷のまちづくりを建築家として支え、1968年の総一郎死去後も大原家や倉敷に関連する建築をはじめ多くの作品を残している。

主要作品[編集]

倉敷アイビースクエアー 1974
倉敷市庁舎 1980

主な受賞[編集]

  • 1965年 日本建築学会賞作品賞(倉敷国際ホテル)
  • 1975年 日本建築学会賞作品賞(倉敷アイビースクエア)

文献[編集]

  • 馬場璋造 臼田哲男 編『浦辺鎮太郎作品集』新建築社、2003年
  • 稲葉なおと 著『匠たちの名旅館』集英社インターナショナル、2013年

外部リンク[編集]