松浦邦男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松浦 邦男(まつうら くにお、1927年 - 2019年9月18日)は、日本建築学者京都大学名誉教授工学博士

京都大学建築学教室で、後に第18代京都大学総長となる前田敏男に師事し、建築環境工学、とくに光環境(照明)を研究する。相互反射をはじめとする照度計算方法の発展に尽力し、国際照明委員会(CIE)での活動に対して、1995年にCIE Awardを授賞。また、2006年には「建築環境工学、特に光環境工学の研究・教育とその発展に対する貢献」に対して日本建築学会大賞を受賞している。2007年、瑞宝中綬章受章[1]

経歴[編集]

この間、日本建築学会理事、照明学会副会長、日本照明委員会副会長などを歴任。

  • 2019年9月18日:京都市内の病院で死去[2]。92歳没。

主な著書[編集]

  • 『建築照明』(大学講座建築学 環境編4)共立出版、1971年
  • 『照明の事典』朝倉書店、1980年
  • 『建築環境工学Ⅰ -日照・光・音-』(共著)朝倉書店、2001年

参考文献[編集]

  • 上記図書の奥付
  • ReaD研究者情報

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「2007年秋の叙勲 中綬章以上と在外邦人、外国人叙勲の受章者一覧」『読売新聞』2007年11月3日朝刊
  2. ^ “松浦邦男氏が死去 京都大名誉教授、建築環境工学”. 京都新聞社. 共同通信. (2019年9月20日). https://this.kiji.is/547757446859048033 2019年9月21日閲覧。 

外部リンク[編集]