太田博太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

太田 博太郎(おおた ひろたろう、1912年11月5日 - 2007年1月19日)は日本の建築史家。第二次世界大戦後に中世の寺院建築や民家の研究をリードした。

経歴[編集]

東京生まれ。武蔵高校(旧制)の頃から建築史に関心を深め、奈良・京都の古建築に親しんだ。東京帝国大学工学部建築学科建築史を専攻し、1943年、東大助教授に就任。1960年教授。1973年、東大名誉教授・武蔵野美術大学教授。1974年、九州芸術工科大学学長。1978年から1990年3月まで武蔵学園長。文化財建造物保存技術協会理事長などを歴任。1997年日本学士院会員。死後、従六位から正四位に昇叙された。

1957年、東京大学工学博士。論文の題は「中世建築の基礎的研究」[1]

日本建築史の研究、教育の分野で大きな業績を残した。『日本建築史序説』は日本の古代から明治時代までの建築の歴史を広い視点から捉えた名著として評価が高い。また「大仏様」「禅宗様」の用語を提唱している。また、第二次世界大戦後、庶民住宅である民家に着目し、研究を進めた。

文化財の修理・保存事業にも尽力し、法隆寺の修復、薬師寺平城宮の復元のほか、長野県妻籠宿の町並み保存にも関わった。

主な著書[編集]

  • 『法隆寺建築』(東亜建築撰書4) 彰国社 1943
  • 『日本建築史序説』彰国社 1947(増補第3版 2009)
    • 後半日本建築史の参考文献目録で占めている。
  • 『図説日本住宅史』彰国社 1948(新訂1971)
  • 『中世の建築』彰国社 1957
  • 『日本の建築』(筑摩叢書)筑摩書房 1968
  • 『床の間』 岩波新書 1978
  • 『南都七大寺の歴史と年表』 岩波書店 1979
  • 『歴史的風土の保存』 彰国社 1981
  • 『奈良の寺々』 (岩波ジュニア新書)岩波書店 1982
    • 「中高校生向け」の出版だが、古建築に関する根本的な見解が示される。
  • 『日本建築の特質』(日本建築史論集1)岩波書店 1983
  • 『日本住宅史の研究』(日本建築史論集2)岩波書店 1984
  • 『社寺建築の研究』(日本建築史論集3)岩波書店 1986
  • 『太田博太郎と語る日本建築の歴史と魅力』 彰国社 1996

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース