斎藤公男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
斎藤公男
生誕 1938年
群馬県
国籍 日本の旗 日本
出身校 日本大学
職業 構造家・建築構造学者
受賞 日本建築学会賞(1986年)
松井源吾賞(1993年)
IASS Tsuboi Award(1997年)
Pioneer Award(2003年)
IASS Torroja Medal(2009年)
所属 日本大学
建築物 唐戸市場
静岡県小笠山総合運動公園スタジアム
山口県立きららスポーツ交流公園多目的ドーム

斎藤 公男(さいとう まさお、1938年 - )は、日本の構造エンジニア構造家)。日本大学名誉教授、日本建築学会元会長。現在、A-Forum代表、日本建築文化保存協会理事。

日本大学在学時に坪井善勝の元で学び、バックミンスター・フラーに魅了される。空間構造や構造デザインに対する強い関心を育み、その後の大学における「教育・研究・設計」の融合を図ることへのテーマとつなげる。 卒業後は、日本大学理工学部建築学科で教鞭をとりながら、空間構造デザイナーとして数多くの作品を生み出してきた構造設計者の一人である。特に、張弦梁構造の設計の第一人者として知られる。

全日本弓道連盟会長であった父の斎藤友治が日本弓をひく姿から「美と強」の調和的世界に感銘を受け、張弦梁構造の設計・デザインにつながったと語る。

「人生めぐりあい」という父の言葉を大切にし、人との出会いを大切にすることで知られる。特に、ドイツの構造エンジニア、Jorg Schlaichとの交流は深い。

若手構造設計者や学生の指導も熱心に行い、研究室からは久田基治多田脩二小西泰孝ら、数多くの著名な構造エンジニアを輩出している。

2007年からは、建築におけるアートとエンジニアリングの融合をテーマとした展覧会である「アーキニアリング・デザイン展」を企画・開催する。

趣味は、テニス、ゴルフ、スキーと多趣味。「よく遊び、よく学ぶ」をモットーとする。

略歴[編集]

主な受賞[編集]

  • 1986年 日本建築学会賞(業績)「空間構造の研究と応用に関する一連の業績」
  • 1993年 BCS賞「出雲健康公園整備プロジェクト・出雲ドーム
  • 1993年 松井源吾賞「テンション構造による一連の大スパン建築」
  • 1997年 IASS Tsuboi Award「(a) Space and Structure-Learning of Conceptual Design in Education: What Can One Learn form Building Structures; (b) From Image to Technology: The Role of String in Hybrid String Structures」
  • 2002年 Pioneer Award, the University of Surrey
  • 2003年 BCS賞「下関市地方卸売市場唐戸市場
  • 2003年 BCS賞「静岡スタジアム・静岡アリーナ」
  • 2004年 日本建築学会作品選奨「山口県立きららスポーツ交流公園多目的ドーム」
  • 2004年 BCS賞「山口県立きららスポーツ交流公園多目的ドーム」
  • 2006年 Aluprogetto Award 1st Prize
  • 2007年 日本建築学会教育賞(教育貢献)「創造性を育む体験的建築教育 -空間と構造を結ぶものづくり教育の試み-」
  • 2009年 IASS Torroja Medal
  • 2018年 叙勲受章(瑞宝小綬章)
  • 2018年 日本建築学会大賞受賞

主な作品[編集]

1990年以前[編集]

1991年-2000年[編集]

2001年-2010年[編集]

主な著書[編集]

  • 1996年 「建築の構造とデザイン」(監訳)丸善
  • 1997年 「つどいの空間」(共著)日本建築センター
  • 2003年 「空間・構造・物語 - ストラクチャル・デザインのゆくえ」彰国社
  • 2011年 「新しい建築のみかた」エクスナレッジムック
  • 2012年 「建築の翼」(監修)建築技術
  • 2013年 「風に向かって - そのときの、スケッチブック」彰国社

主な斎藤研究室出身者[編集]

外部リンク[編集]