水野一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

水野 一郎(みずの いちろう、1941年 - )は、日本の建築家で、水野一郎+金沢計画研究所主宰。金沢工業大学教授。東京生まれ。1970年代に金沢において伝統工芸を中心とした街作りを提唱した。

1964年(昭和39年)、東京大学工学部建築学科卒業1966年(昭和41年)、東京芸術大学大学院修士課程建築学専攻修了1966年(昭和41年)から1976年(昭和51年)まで大谷研究所所属。1976年(昭和51年)に金沢工業大学助教授就任。1979年(昭和54年)、教授就任

鳥越村営住宅別宮 宮の森団地で1984年中部建設賞・建築大臣表彰。「スプリングポイント」で1988年石川県建築賞と1989年金沢都市文化賞。「金沢リンクス クラブハウス」で1990年石川県建築賞。「金沢工業高等専門学校」で1992年中部建築賞。「七尾フィッシャーマンズワーフ能登食祭市場」で1992年中部建築賞。「小矢部クロスランドセンター及びタワー」で1994年中部建築賞。獅子ワールド館で日本建築学会作品選奨。金沢工業大学講義棟で1995年中部建築賞。「獅子ワールド館」で1995年中部建築賞・1996年石川デザイン大賞。金沢市民芸術村で1997年グッドデザイン賞大賞・1996年石川景観大賞のほか、日本建築学会作品選奨、公共建築賞。「手づくり木工館」で、木造コンクール農林水産大臣賞を受賞している。その他作品に吉野谷村営木滑住宅団地-石川県、1992年-や富山城端中学校、など多数。

参考文献[編集]

  • 「現代日本の建築家」ART BOX インターナショナル、2004
  • 「日本・地域・デザイン史 Ⅰ」芸術工学会地域デザイン史特設委員会【編】ISBN 978-4-902078-34 -3