平山嵩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

平山 嵩(ひらやま たかし、1903年2月15日 - 1986年11月20日)は、日本建築家建築学者。専門は、建築環境工学工学博士

日本における環境工学の基礎を作った人物として知られている[1]

生涯[編集]

東京府(現・東京都)出身。1926年東京帝国大学工学部建築学科卒業。ハーバード大学留学の後マサチューセッツ工科大学大学院修了。大蔵省営繕管財局に入り、国会議事堂の室内意匠・音響設計等に従事した後、1930年東京帝大工学部講師となった。翌1931年に東大助教授となり、助教授時代に公衆衛生院建築衛生部長を兼任した。1939年日本建築学会賞学術賞を受賞[2]1940年東大教授、1963年退官し東大名誉教授・東洋大学工学部教授に就任。1973年勲二等瑞宝章を受章[2]1977年7月1日東洋大名誉教授[3]1979年日本音響学会功績賞を、1983年には日本建築学会大賞をそれぞれ受賞[2]。他に平山建築研究所長、衛生工業協会長、日本建築設備センター理事長、日本照明学会長等を歴任した。

家族・親族[編集]

平山嵩は天文学者平山信の次男である[4]地質学者鉱物学者坪井誠太郎数学者正田建次郎、元東洋製作所社長の佐竹義利及び元東京電気保全会長の川上寿一はいずれも嵩の義弟にあたる(坪井の妻・百合、正田の先妻・多美、佐竹の妻・厚及び川上の妻・千枝は4人とも嵩の妹である)[4]。また、化学者坪井正道法学者正田彬は嵩の甥にあたる(正道は誠太郎・百合夫妻の長男で、彬は建次郎・多美夫妻の長男である)[4]

嵩の妻は原正幹の長女だが、正幹の妹が工学者平賀譲に嫁いでいる[5]。平賀の三女が元サントリー社長の佐治敬三に嫁いだため、嵩の妻と佐治の先妻は従姉妹同士という関係になる[6]

嵩は妻との間に3男1女をもうけた[4]。次男の平山淳は嵩の父、すなわち淳の祖父・信と同じく天文学者。

作品[編集]

著書[編集]

  • 『厚生住宅』(1948年
  • 『標準住宅論』(1948年)
  • 『建築設計理論』(1948年)
  • 『建築計画汎論』(1950年

参考文献[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『講談社 日本人名大辞典』
  2. ^ a b c d e 『ジャパン WHO was WHO 物故者事典 1983-1987』
  3. ^ 東洋大学 名誉教授称号授与者
  4. ^ a b c d 『昭和人名辞典 第1巻 東京編』
  5. ^ 平賀譲の略歴
  6. ^ 佐治敬三は2回結婚している。先妻が平賀譲の三女で、先妻の死後元住友銀行頭取・大平賢作の娘と再婚している。
  7. ^ 科学技術館概要