今井兼次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
今井兼次
生誕 1895年(明治28年)1月11日
東京市赤坂区青山権田原町
死没 (1987-05-20) 1987年5月20日(92歳没)
東京都清瀬市梅園
国籍 日本の旗 日本
出身校 早稲田大学
職業 建築家
受賞 日本建築学会賞作品賞
(1960年、1963年)
日本芸術院賞(1966年)
日本建築学会賞大賞(1970年)
建築物 早稲田大学図書館
碌山美術館
大多喜町役場
日本二十六聖人殉教記念館
桃華楽堂

今井 兼次(いまい けんじ、1895年1月11日 - 1987年5月20日)は、日本建築家早稲田大学理工学部建築学科卒業。母校の教授を長く勤め、建築作品とともに教育者として研究室から優れた建築家、研究者を多数輩出した。

略歴[編集]

東京市赤坂区(現:東京都港区)青山権田原町に生まれる。青山尋常小学校、日本中学校(現・日本学園中学校・高等学校)を経て早稲田大学理工学部建築学科へ入学。1919年、大学卒業と同時に助手に任命され、翌年、助教授に就任。1926年から1927年にかけて東京地下鉄道の駅舎の設計にあたり、ヨーロッパの地下鉄駅を研究するため外遊。ソヴィエトから北欧、ヨーロッパ諸国を回り、バウハウスなどモダニズムの作品のほか、アントニ・ガウディエストベリシュタイナーらの(モダニズムとは異質な)作品に触れた。帰国後、これらの作品を日本に紹介した功績も大きく、ガウディの紹介者として草分けに当たる。1928年の帝国美術学院(現 武蔵野美術大学)設立および1935年の多摩美術学校(現 多摩美術大学)設立にも関わり、多摩美術学校では講師を務めた。 1937年、早稲田大学教授に就任。教え子には池原義郎(建築家・日本芸術院会員、早稲田大学名誉教授)らがいる。

1948年には妻の死をきっかけにカトリックの洗礼を受け信者となる。

1965年早稲田大学名誉教授。1965年関東学院大学教授。1979年日本芸術院会員。

作品数は多くないが、合理的・機能的なモダニズム建築からは距離を置き、建築に職人の手の技を残す作品を造った。職人に混じって自らタイルを張った、などのエピソードもある。

作品[編集]

早稲田大学坪内博士記念演劇博物館
碌山美術館 本館
日本二十六聖人殉教記念館
 建造物名 所在地 状態 備考
/早稲田大学図書館
(早稲田大学会津八一記念博物館)
1925年(大正14年) 13東京都新宿区 玄関ホールの列柱に造られた装飾は、漆喰職人が丹精込めて造ったもの。
/内藤多仲
(早稲田大学内藤多仲博士記念館)
1928年(昭和3年) 13東京都新宿区 内藤・木子七郎と連名
/早稲田大学坪内博士記念演劇博物館 1928年(昭和3年) 13東京都新宿区 フォーチュン座を模し、建物前面で上演できるように設計された。
/自邸 1930年(昭和5年) 13東京都世田谷区
/旧日本中学校本館
(日本学園一号館)
1936年(昭和11年) 13東京都世田谷区 登録有形文化財
/多摩帝国美術学校校舎
(多摩美術大学校舎)
1936年(昭和11年) 13東京都世田谷区 現存せず
/航空記念碑 1941年(昭和16年) 13東京都渋谷区
/響橋 1941年(昭和16年) 14神奈川県横浜市鶴見区
/西武ユネスコ村 1952年(昭和27年) 11埼玉県所沢市 現存せず
/根津美術館 1954年(昭和29年) 13東京都港区 現存せず 共同設計 内藤多仲
/成城カトリック教会 1955年(昭和30年) 13東京都世田谷区
/唐津小笠原記念館 1956年(昭和31年) 41佐賀県唐津市 登録有形文化財
/碌山美術館 1958年(昭和33年) 20長野県安曇野市 登録有形文化財
/大多喜町役場 1959年(昭和34年) 12千葉県大多喜町 登録有形文化財
/東洋女子短期大学フェニックス・モザイク 1961年(昭和36年) 13東京都文京区 西壁壁画のみ現存 旧校舎解体に伴い屋上等の5作品のうち4作品は失われたが、
最大の西壁壁画は東洋学園大学本郷キャンパス1号館に継承
/跣足男子カルメル会修院聖堂
(カトリック上野毛教会)
1959年(昭和34年) 13東京都世田谷区
/日本二十六聖人殉教記念館 1962年(昭和37年) 42長崎県長崎市
/聖母訪問会修院・聖堂 1965年(昭和40年) 14神奈川県鎌倉市
/桃華楽堂
(楽部音楽堂)
1966年(昭和41年) 13東京都千代田区 皇居東御苑内
/佐賀大隈記念館 1965年(昭和40年) 41佐賀県佐賀市
/遠山記念館 1970年(昭和45年) 11埼玉県川島町

受賞等[編集]

著書[編集]

  • 「海外における建築界の趨勢」『建築学会パンフレット』1(10) 建築学会、1928年
  • 『エミール・ファーレンガンプ』 1929年
  • 『グンナール・アスプルント』 1930年
  • 『ソヴィエートロシア新典建築図案』洪洋社、1932年
  • 『建築とヒューマニティ』早稲田大学出版部、1954年
  • 『建築家の画稿』相模書房、1955年
  • 『旅路』彰目社、1967年
  • 今井兼次絵日誌昭和16年』早稲田大学出版部、1987年
  • 『今井兼次著作集』第1期全4巻 池原義郎他共編、中央公論美術出版、1993-94年

参考文献[編集]

  • 生田勉「今井兼次先生」『近代建築』1961.4月号
  • 泉真也「デザイン人国記東京5」『室内』1967.5月号
  • 川添登『建築家人と作品』下、井上書院、1968
  • 『現代日本建築家全集』5 三一書房、1971
  • 長谷川発『都市廻廊』相模書房、1975
  • 佐々木宏「今井兼次1926-1927」『近代建築の目撃者』新建築杜、1977(初出『新建築』1971.6,7,9月号)
  • 「日本建築学会大賞今井兼次」『建築雑誌』1977.8月号
  • 池原義郎「近代建築のヒューマニゼイションを求め続けた建築家、今井兼次」『新建築』1987.7月号
  • 上松佑二「戦後、建築家の足跡今井兼次」『建築文化』1989.4月号

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』1966年4月7日(東京本社発行)朝刊、14頁。

外部リンク [編集]