吉阪隆正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
よしざか たかまさ
吉阪 隆正
生誕 1917年(大正6年)2月13日
東京市小石川区竹早町
死没 1980年12月17日(満63歳没)
東京都中央区
国籍 日本の旗 日本
出身校 早稲田大学
職業 建築士
受賞 フランス学術文化勲章(1960年)
日本建築学会賞作品賞(1962年)
正五位・贈勲三等瑞宝章(1980年)
実習 U研究室
建築物 吉阪自邸
浦邸
ヴェネツィア・ビエンナーレ日本館
アテネフランセ
大学セミナー・ハウス

吉阪 隆正(よしざか たかまさ、1917年2月13日 - 1980年12月17日)は、日本を代表する建築家

人物[編集]

吉阪俊蔵・花子夫妻の長男として東京都文京区(当時は東京市小石川区)に生まれた。父・俊蔵は内務官僚で、母・花子は動物学者として有名な箕作佳吉の次女。従って隆正は箕作阮甫の玄孫にあたる。

1923年、父の勤務先のスイスから一家で帰国して東京百人町に住み、暁星小学校に入学。小学校6年生の終わりに父の転勤でジュネーヴに移住。中学3年のとき2度目のスイス滞在から単身帰国し、1年間の試験勉強を経て静岡高等学校文科丙類と東京美術学校早稲田高等学院に合格[1]。早稲田高等学院に進み、1941年早稲田大学理工学部建築学科を卒業。早稲田大学大学院修了後、同校助手

1950年戦後第1回フランス政府給付留学生として渡仏。早稲田大学の教員の立場のまま1952年までル・コルビュジエのアトリエに勤務。帰国後の1953年、大学構内に吉阪研究室(後にU研究室へ改称)を設立、建築設計活動を開始する。1959年早稲田大学教授。1969年早稲田大学理工学部長。1973年には日本建築学会の会長に就任。登山家探検家としても有名で、日本山岳会理事[2]1960年の早大アラスカ・マッキンリー遠征隊長を務めた。

富久子夫人は甲野謙三・綾子夫妻の娘だが、富久子の母方の祖父・箕作元八は佳吉の弟なので吉阪夫妻は又従兄妹同士で結婚したことになる。

数学者浦太郎とは1951年9月マルセイユで出会って以来の友人であり、パリに戻ってからも親交を深めた。その縁から、浦は帰国後の自邸の設計を吉阪に依頼した。その依頼に基づいて1956年に完成したのが浦邸であり、吉阪の代表作の1つといえる。

U研究室の図面一式は、2015年に国立近現代建築資料館に寄贈された。また、同年にはそれら図面の寄贈を記念した展覧会「みなでつくる方法 吉阪隆正+U研究室の建築」[3]という展覧会が実施された。

その他[編集]

主な仕事[編集]

建築作品[編集]

名称 所在地 状態 備考
よしさかたかまさしてい/ 吉阪隆正自邸 1955年 13東京都新宿区 日本 現存せず DOCOMOMO JAPAN選定作品
うらてい/ 浦邸 1956年 28兵庫県西宮市 日本 [4]友人浦太郎の自宅
うえねついあひえん/ヴェネツィア・ビエンナーレ日本館 1956年 ヴェネツィア イタリア
そこうてい/十河邸 1956年 13東京都国分寺市 日本
ういらくうくう/ヴィラ・クゥクゥ 1957年 13東京都渋谷区 日本
まるやまてい/丸山邸 1957年 13東京都世田谷区 日本
かいせいちゆうかく/ 海星学園 1958年 42長崎県長崎市 日本
とやましりつくれは/ 富山市立呉羽中学校 1958年 16富山県富山市 日本 現存せず
にちふつかいかん/日仏会館 1960年 13東京都千代田区 日本 現存せず
こうつしち/江津市庁舎 1961年 32島根県江津市 日本 DOCOMOMO JAPAN選定作品
あてねふらんせ/アテネフランセ 1962年 13東京都千代田区 日本 日本建築学会賞
たてやまそう/立山荘 1963年 16富山県立山町 日本
からさわひゅってしんかん/涸沢ヒュッテ新館 1963年 20長野県松本市 日本
たいかくせみな/大学セミナー・ハウス 1965年 13東京都八王子市 日本 DOCOMOMO JAPAN選定作品
あかほしてい/赤星邸 1965年 14神奈川県藤沢市 日本
おおしまのいち/大島の一連の建物 1968年 13東京都大島町 日本
ひくちてい/樋口邸 1968年 13東京都世田谷区 日本
のさわおんせん/野沢温泉ロッジ 1969年 20長野県野沢温泉村 日本
いこま/生駒山宇宙科学館 1969年 29奈良県生駒市 日本 現存せず
くろさわいけひゆつて/黒沢池ヒュッテ 1969年 15新潟県妙高市 日本
とちきけんしようひ/ 栃木県消費生活センター 1971年 09栃木県宇都宮市 日本

浦邸と大学セミナー・ハウス、また江津市市庁舎がDOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築に選ばれている。

その他業務歴[編集]

  • 東京商工経済会主催銀座と渋谷の消費観興地区計画競技設計に参加し一等入選(1949年)
  • 早稲田文教地区計画に参加(1949年)
  • 台湾東海大学国際公開競技設計参加(1953年)
  • AIUビル指名競技設計参加(1953年)
  • 立山開発計画(1959年)
  • レオポルドビル文化センター国際オープンコンペティション参加(1959年)
  • チュニジア・チェニス都市計画国際オープンコンペティション参加(1960年)
  • 長野・五竜スキー場計画(1963年)
  • ブラジャ・ヒロン戦勝記念碑計画国際オープンコンペティション参加(1963年)
  • 千葉市・砲台山観光計画(1963年)
  • 浪速芸術短期大学設計競技(1964年)
  • 高田馬場再開発計画-1(1964年)
  • 伊豆大島復興計画(1965年)
  • 高田馬場再開発計画-2(1966年)
  • 浜宮公園(1967年)
  • 高田馬場再開発計画-3(1967年)
  • 秩父長尾根開発計画(1968年)
  • 相模湖総合開発計画(1969年)
  • 熊本山鹿市商店街再開発計画(1969年)
  • 熊本三角町商店街再開発計画(1969年)
  • 弘前市都市建設計画(1969-1970年)
  • 武蔵丘陵森林公園基本計画設計競技参加(1970年)
  • 21世紀の日本列島像指名競技計画(1970年)
  • 栃木県平柳地区農村住宅団地基本計画(1971年)
  • フランス・パリ芸術センター国際オープンコンペティション参加(1971年)
  • ダル・エス・サラームTANU党本部・議事堂・文化センター国際オープンコンペティション参加(1971年)
  • 賀茂地区農村住宅団地調査診断(1971年)
  • 工業化工法による芦屋浜高層住宅プロジェクト競技設計(1972年)
  • 津軽地域の農村集落整備に関する調査研究(1973年)
  • ダマスカス国立図書館国際オープンコンペティション参加(1974年)
  • 青森県三戸町・八戸市・鯵ヶ沢町の農村公園(1975年)
  • 東京・まちのすがたの提案 東京都近隣社会環境整備計画調査(1976年)
  • 世田谷まちづくりノート全体総括(1977年)
  • 三戸町目時農村公園(1977年)
  • 八戸市鷹屋敷農村公園(1978年)
  • 茨城県谷和原村農村公園基本計画(1978年)
  • 栃木県立博物館指名設計競技参加(1979年)
  • 茨城県八千代町農村公園基本計画(1979年)
  • マドリッド・イスラム文化センター国際オープンコンペティション参加(1979年)
  • 荒川区東日暮里五丁目地区基本構想(1979年)
  • 亡くなるまで、首都圏総合計画協会・首都圏総合計画研究所の理事長

著書[編集]

  • 『住居学汎論』(相模書房、1950年)
  • 『環境と造形』(河出書房、1955年)
  • 『告示録』(相模書房、1972年)
  • 『生活とかたち』(旺文社、1972年)
  • 『吉阪隆正対談集』(新建築社、1979年)
  • 『乾燥 生ひ立ちの記』(相模書房、1982年)
  • 『吉阪隆正集』(勁草書房、1984年-1986年)
  1. 住居の発見
  2. 住生活の観察
  3. 住居の意味
  4. 住居の形態
  5. 環境と造形
  6. 世界の建築
  7. 建築の発想
  8. ル・コルビュジエと私
  9. 建築家の人生と役割
  10. 集まって住む
  11. 不連続統一体を
  12. 地域のデザイン
  13. 有形学へ
  14. 山岳・雪氷・建築
  15. 原始境から文明境へ
  16. あそびのすすめ
  17. 大学・交流・平和  

訳書[編集]

U研究室・吉阪研究室出身の建築家[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 柴田南雄『声のイメージ』所収「吉阪隆正さんのこと」p.212(岩波書店1990年
  2. ^ 1954~1955年の2年間
  3. ^ 国立近現代建築資料館「みなでつくる方法 吉阪隆正+U研究室の建築」2015/12/3-2016/3/13
  4. ^ 斉藤祐子 『吉阪隆正の方法 浦邸1956』(住まい学大系、住まいの図書館出版局、1994年)に詳しい。

参考文献[編集]

  • 『巨匠の残像「建築」を拓いた17人の遺風 日経アーキテクチュア』 日経BP社、2007年

伝記[編集]

  • 『吉阪隆正の迷宮』 同・実行委員会編、TOTO出版、2005年
  • 倉方俊輔 『吉阪隆正とル・コルビュジエ』 王国社、2005年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

|}|}|}