大熊喜邦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大熊喜邦
Okuma Yoshikuni Portrait.jpg
建築雑誌より
生誕 1877年(明治10年)1月13日
東京府麹町
死没 (1952-02-25) 1952年2月25日(75歳没)
東京都千代田区六番町
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学工科大学
職業 建築家、建築学者
所属 横河工務所→大蔵省
建築物 内閣文庫
旧文部省庁舎
国会議事堂
著作 『世界之議事堂』
『泥絵と大名屋敷』
『古鐔図録』

大熊 喜邦(おおくま よしくに、1877年1月13日 - 1952年2月25日)は、日本の建築家、営繕官僚。公共建築の中心的人物。中央諸官衛及び地方庁舎に数多く携わる。東京生まれ。妻木頼黄矢橋賢吉の後を引き継いで国会議事堂の建設を統括した。旧文部省庁舎なども設計。一方、江戸時代の建築・法制などを研究し、その研究書を著す。 著書に『世界の議事堂』などがある。工学博士経済学博士

経歴[編集]

麹町生まれ。父は元旗本であった。第一高等学校を経て、1903年東京帝国大学工科大学(現・東京大学工学部建築学科卒業。卒業後は大学院に籍を置き、横河民輔横河工務所に入所。帝国劇場などの設計に関与した。

1905 (M38)年、東京帝国大学工科大学講師。清国へ出張。

1907年(明治40年)、大蔵省臨時建築部技師に就任し、各国の議事堂建築の調査や、議事堂建設予定地の敷地調査にあたる[1]

1918(T7)年、臨時議院建築局工営部調査課長兼工務課長。 1919(T8)年、内務省およぴ内閣嘱託。 1925(Tl4)年、大蔵省営繕管財局工務部工務課長(1927工務部長、1937退官)。 1931(S6)年、建築学会会長(1932まで)。 1937(S12)年、衛生工業協会会長(1938まで) 1941(S16)年、帝国芸術踪会員。

ローテ・クロイツ勲一等名誉章 (ドイツ)を1933年に受賞。1939年に建築学会学術賞受賞。

一貫して官庁営繕に従事したが、最大のものが1920年に着工した国会議事堂である。計画は矢橋賢吉のもとでまとめられたが、実質的に設計に当った人物として、一般に大熊と吉武東里の名が挙げられる。1927年、議事堂上棟式が終った直後に矢橋が急逝。以後は大熊が大蔵省営繕管財局工務部長に就任し、営繕組織を率いて建設を進めた。

国会議事堂が完成した1937年に辞任。また、歴史にも造詣が深く、本陣宿駅の研究をまとめた。

1919年工学博士号取得、1943年に交通経済史の研究により経済学博士号を取得した。

なお、子息に建築家の大熊喜英(1905年 - 1984年)がいる。

作品[編集]

 建造物名 所在地 状態 備考
/武藤山治邸 1907年(明治40年) 28兵庫県神戸市 登録有形文化財 横河工務所時代の担当物件
/旧大蔵省塩務局庁舎
(現赤穂市立民俗資料館)
1908年(明治41年) 28兵庫県赤穂市
/内閣文庫 1911年(明治44年) 23愛知県犬山市 移築 明治村に移築
/山口県庁舎・議事堂 1916年(大正5年) 35山口県山口市 重要文化財 武田五一と連名
/富山県庁舎 1935年(昭和10年) 16富山県富山市
/横浜銀行協会 1936年(昭和11年) 14神奈川県横浜市 林豪蔵と連名
/国会議事堂 1937年(昭和12年) 13東京都千代田区
/浅草国華座改修 1902年 13東京都 
/内閣総理大臣官舎 1928年 13東京都 
/警視庁庁舎 1931年 13東京都 
/文部省庁舎 1933年 13東京都 

著書[編集]

  • 世界の議事堂(洪洋杜、1918)
  • 趣味の建築講話(鈴木書店、1921)
  • 和蘭の新住宅(1925)
  • 古鐔図録(1930)
  • 泥絵と大名屋敷(1939)
  • 建築二十講(鈴木書店、1924)
  • 新住宅の設備』洪洋社、1930)
  • 議院建築意見』私家版、1931)
  • 数奇屋建築(『建築学会パンフレット』4(7)1931)
  • 近世武家住宅の建築(岩波書店、1935)
  • 旧江戸城を語る(公余会、1935)
  • 東海道宿駅本陣の研究(全3巻 建築知識、1938-39)
  • 東海道宿駅と其の本陣の研究(丸善、1942)
  • 民家と住居(日本電建、1942)
  • 江戸建築叢話(東亜出版社、1947)

参考文献[編集]

  • 「元会長工学博士経済学博士故大熊喜邦君」『建築雑誌』1952.4月号
  • 大熊喜英他「人物風土記国会議事堂を建築した大熊喜邦」『建築士』1961.8月号
  • 神代雄一郎「民主的な大熊喜邦」『近代建築の黎明』美術出版社、1963
  • 大熊喜英「おやじ大熊喜邦」『建築界』1964.5月号
  • 谷川正己「大熊喜邦の建築観について」『学会中国支部研究報告』39(1)1964.9
  • 長谷川発『日本の建築明治大正昭和』4 三省堂、1981

注釈[編集]

  1. ^ 「営繕管財局技師大熊喜邦外一名勲章加授ノ件」(叙勲裁可書・昭和十二年・叙勲巻四・内国人四) 功績調書を含む[1]

関連項目[編集]