真喜志好一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

真喜志 好一(まきし よしかず、1943年 - )は、日本の建築家構造家

経歴・人物[編集]

沖縄県那覇市出身。1968年神戸大学大学院修士課程修了後同大学工学部助手。大学在任中は構造エンジニアとして、当時関西の著名な建築家作品の構造をいくつか担当する。1972年に沖縄に戻り、沖縄開発庁沖縄総合事務局に勤務。1976年、同庁を退職し、那覇市に建築設計事務所有限会社建築研究室DIG and PILE(DAP)を設立。

1981年日本建築士連合会作品展優秀賞受賞。

1984年から1985年まで、琉球大学非常勤講師を勤めた。

一坪反戦地主会、白保の海と暮らしを守る会、SACO(en:Special Action Committee on Okinawa)究明委員会、意見広告を出す会、沖縄環境ネットワークなどの市民運動に深く関わる。

1998年、第25回ピースボートに水先案内人として参加する。2003年、第41回ピースボートにて、ふたたび水先案内人を務める。

主な建築作品[編集]

著作[編集]

外部リンク[編集]