大城立裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大城 立裕(おおしろ たつひろ、 1925年9月19日 ‐ )は、日本の小説家

来歴[編集]

沖縄県中城村出身。1943年上海東亜同文書院大学に入学し[1]1946年、敗戦により中退。高校教師を経て琉球政府、引き続き沖縄県庁の職員となり、主に経済・歴史編集畑を歩む。1967年、『カクテル・パーティー』で芥川賞を受賞し、沖縄初の芥川賞作家となる。「沖縄」の矛盾と苦しみと誇りをみつめた小説、戯曲やエッセーなど多くの作品を発表した。県の文化行政にも積極的に関わり、1983年から1986年まで沖縄県立博物館長を務めた。

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 『カクテル・パ-ティー』(文藝春秋、1967年)のち角川文庫岩波現代文庫 
  • 『小説琉球処分』(講談社、1968年)のちケイブンシャ文庫講談社文庫 
  • 『白い季節』(沖縄風土記社、1968年)
  • 『現地からの報告・沖縄』(月刊ペン社、1969年)
  • 『内なる沖縄 その心と文化』(読売新聞社、1972年)
  • 『ぱなりぬすま幻想』(三笠書房、1972年)のち角川文庫
  • 『同化と異化のはざまで』(潮出版社、1972年)
  • 『恩讐の日本』(講談社、1972年)
  • 『風の御主前 小説・岩崎卓爾伝』(日本放送出版協会、1974年)のち角川文庫、ケイブンシャ文庫
  • 『神島』(日本放送出版協会、1974年)
  • 『白い季節』(日本放送出版協会、1976年)
  • 『沖縄、晴れた日に ある転形期の思想』(家の光協会、1977年)
  • 『まぼろしの祖国』(講談社、1978年)
  • 『華々しき宴のあとに』(日本放送出版協会、1979年)
  • 『沖縄歴史散歩 南海を生きたもう一つの日本史』(創元社、1980年)
  • 『私の沖縄教育論』(若夏社、1980年)
  • 般若心経入門 ─自由自在に生きる266文字の知恵』(光文社、1981年)
  • 『朝、上海に立ちつくす──小説東亜同文書院』(講談社、1983年)のち中公文庫
  • 『神女』(筑摩書房、1985年)
  • 『花の碑』(講談社、1986年)
  • 『天女死すとも』(岩波書店、1987年)
  • 『休息のエネルギー―アジアのなかの沖縄』(農山漁村文化協会、1987年)
  • 『私の仏教平和論 戦争を抑止する英知をもとめて』(佼成出版社、1987年)
  • 『神の魚』(新潮社、1989年)
  • 『ノロエステ鉄道』(文藝春秋、1989年)
  • 『沖縄演劇の魅力』(沖縄タイムス社、1990年)
  • 『後生からの声』(文藝春秋、1992年)
  • 『琉球の英傑たち』(プレジデント社、1992年)
  • 『琉球の季節に』(読売新聞社、1993年)
  • 『日の果てから』(新潮社、1993年)のち講談社文芸文庫
  • 『さらば福州琉球館』(朝日新聞社、1994年)
  • 『ハーフタイム沖縄』(ニライ社、1994年)
  • 『二十日夜』(中央公論社、1995年)
  • 『かがやける荒野』(新潮社、1995年)
  • 『世替りや世替りや 戯曲集』(三一書房、1997年)
  • 『光源を求めて 戦後50年と私』(沖縄タイムス社、1997年)
  • 『恋を売る家』(新潮社、1998年)
  • 『水の盛装』(朝日新聞社、2000年)
  • 『真珠道 琉球楽劇集』(琉球新報社、2001年)
  • 大城立裕全集』全13巻(勉誠出版、2002年)
  • 対馬丸』(理論社、2005)のち講談社文庫
  • 『縁の風景 わたしの挿話たち100』(沖縄タイムス社、2007年)
  • 『花の幻 琉球組踊十番』(カモミール社、2007年)
  • 『普天間よ』(新潮社、2011年) 
  • 『真北風(まにし)が吹けば 琉球組踊続十番』(K&Kプレス、2011年)
  • 『命凌じ坂 (ぬちしぬじびら) 自伝琉歌集』(沖縄タイムス社、2013年)

共編著[編集]

  • 悪石島 疎開船学童死のドキュメント(嘉陽安男,船越義彰共著 文林書房、1961年)
  • 沖縄の百年(新里金福共著 琉球新報社編 太平出版社、1969年)
  • 沖縄の伝説 (星雅彦,茨木憲共著 角川書店、1976年) 日本の伝説2
  • 対馬丸(嘉陽安男,船越義彰共作 理論社、1982年)
  • 最後の般若心経 貧しさから豊かさの超克へ (松原泰道共著 徳間書店、1987年12月)
  • 大城立裕文学アルバム(勉誠出版、2004年)

出典[編集]

  1. ^ 岩波現代文庫「カクテルパーティ」(ISBN 9784006021894)作者紹介より