宮本忠長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宮本忠長
生誕 1927年(昭和2年)10月1日
日本の旗 日本長野県須坂市
死没 (2016-02-25) 2016年2月25日(88歳没)
日本の旗 日本東京都
国籍 日本の旗 日本
出身校 早稲田大学
職業 建築家
受賞 日本建築学会賞作品賞(1981年)
黄綬褒章(1993年)
日本芸術院賞(2004年)
所属 宮本忠長建築設計事務所
建築物 長野市立博物館
松本市美術館
プロジェクト 小布施町並修景計画
長野市立博物館
北九州市立松本清張記念館

宮本忠長(みやもと ただなが、1927年10月1日 - 2016年2月25日)は、日本の建築家

来歴・人物[編集]

長野県須坂市生まれ。1951年早稲田大学理工学部建築学科を卒業し、佐藤武夫建築事務所に勤務した。1964年に郷里に戻り、1966年に宮本忠長建築設計事務所を設立した。その後、長野県建築士会会長、日本建築士会連合会会長、国土交通省中央建築士審査会委員、長野市都市景観賞審査委員等を歴任した。2016年2月25日に胆管腫瘍のため死去[1]

主な作品[編集]

受賞歴[編集]

2018年 中野市豊田小学校及び豊田中学校整備工事設計業務 公募型プロポーザル 最優秀賞
2018年 中津川市坂本こども園建築設計業務 公募型プロポーザル 最優秀賞
2017年 木島平村新庁舎整備事業設計プロポーザル 最優秀賞
2016年 県立武道館施設整備事業設計プロポーザル 最優秀賞
2016年 海保大国際交流センター設計業務 簡易公募型プロポーザル 最優秀賞
2016年 北部地域拠点施設基本設計業務 公募型プロポーザル 最優秀賞
2015年 朝日村新庁舎建設設計プロポーザル 最優秀賞
2014年 平成25年度 町単 軽井沢直売所基本設計プロポーザル 最優秀賞
2013年 (学)聖啓学園 佐久長聖高校 設計プロポーザル 最優秀賞
2012年 キトラ古墳周辺地区(仮称)体験学習館建築施設実施設計業務(簡易プロポーザル)最優秀賞
2011年 山ノ内消防署改築工事設計業務プロポーザル 最優秀賞
2011年 キトラ古墳周辺地区(仮称)体験学習館建築施設設計業務プロポーザル 最優秀賞
2009年 高森町立高森中学校改築設計監理委託事業プロポーザル 最優秀賞
2009年 特別養護老人ホーム高瀬荘移転改築プロポーザル 最優秀賞
2008年 平成20年度まちづくり給付金事業中軽井沢駅周辺地区整備基本設計プロポーザル業務委託 最優秀賞
2008年 JA長野厚生連 鹿教湯三才山リハビリテーションセンター介護療養型老人保健施設新築工事に係る設計コンペ 最優秀賞
2007年 長野県警察学校射撃場その他設計業務 簡易公募型プロポーザル 最優秀賞
2007年 御代田中学校校舎等改築設計プロポーザル 最優秀賞
2006年 安曇野赤十字病院プロポーザル 最優秀賞
2006年 松田邸 基本設計 公募型プロポーザル 最優秀賞
2005年 中津川市蛭子座改修工事プロポーザル 最優秀賞
2002年 「島根県古代文化センター」公募型設計競技 最優秀賞
2000年 「一茶記念館」指名設計競技 最優秀賞
1998年 「福島県農業総合研究センター」公募型プロポーザル 次点
1998年 「(仮称)松本市美術館」指名設計競技 最優秀賞
1994年 「長野県自治会館」指名設計競技 最優秀賞
1993年 「国民宿舎九十九里センター」指名設計競技 最優秀賞
1990年 「信州高遠美術館」指名設計競技 最優秀賞
1988年 「中野市文化公園(昆虫館・温室)」指名設計競技 最優秀賞
1985年 「臼田町立臼田学園」指名設計競技 最優秀賞
1984年 「信濃町総合体育館」指名設計競技 最優秀賞
1984年 「信州新町老人福祉センター」指名設計競技 最優秀賞
1983年 「松川村立松川小学校体育館」指名設計競技 最優秀賞
1983年 「小諸市文化会館」指名設計競技 最優秀賞
1982年 「野尻湖博物館」指名設計競技 最優秀賞
1982年 「和田村役場庁舎」指名設計競技 最優秀賞
1979年 「長野市立博物館」指名設計競技 最優秀賞
1950年 第16回新制作協会入選「村長さんの住まい(雪国の住宅)」

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 『SBCラジオ 人生の達人たち』(信越放送、2003年)

外部リンク[編集]