渡辺豊和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡辺 豊和(わたなべ とよかず、1938年8月1日 - )は日本の建築家。渡辺豊和建築工房主宰。博士(工学)

秋田県仙北郡角館町に生まれる。1961年、福井大学工学部建築学科卒業。RIA建築総合研究所勤務を経て、1970年、渡辺豊和アトリエ主宰(1972年、渡辺豊和建築工房に改称)。1977年、「建築美」を創刊。1980年、京都芸術短期大学客員教授、1981年、同短期大学教授。1991年、京都造形芸術大学教授、2007年、退任。

日本のポストモダンを代表する建築家の1人で、1987年に「龍神村民体育館」で日本建築学会賞作品賞を受賞。執筆活動も旺盛に行っている。

作品[編集]

現況欄の○は現存、✕は現存せず

名称 所在地 現況 備考
/吉岡邸 (1½) 1974年(昭和49年) 27大阪府茨木市
/中内邸 1976年(昭和51年) 29奈良県大和郡山市
/餓鬼の舎 1977年(昭和52年) 29奈良県田原本町
/西脇市立古窯陶芸館 1982年(昭和57年) 28兵庫県西脇市
/戸口邸(オッパイハウス) 1984年(昭和59年) 27大阪府枚方市
/龍神村民体育館
(龍神体育館)
1987年(昭和62年) 30和歌山県田辺市
/秋田市体育館 1994年(平成6年) 05秋田県秋田市
/加茂文化ホール ラメール 1994年(平成6年) 32島根県雲南市
/上湧別町郷土資料館
(町立郷土博物館ふるさと館JRY)
1996年(平成8年) 01北海道湧別町
/森のこもれびホール 1996年(平成8年) 29奈良県黒滝村

外部リンク[編集]