早川邦彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

早川 邦彦(はやかわ くにひこ、1941年11月19日 - )は、日本の建築家東京都生まれ。早稲田大学理工学部建築学科、イェール大学建築芸術学大学院修士課程修了。

竹中工務店出身。空間構成が明快な建築を設計するのが特徴。日本建築学会賞作品部門の受賞経験もある。

作品[編集]

  • 成城・バス停前の家-(東京都世田谷区、1982年7月)
  • 成城・交差点の家-(東京都世田谷区、1983年3月)
  • アトリウム-(東京都中野区、1985年7月)
  • ステップス-(東京都国立市、1987年4月)
  • ラビリンス-(東京都杉並区、1988年)
  • 成城 BETWEEN-(東京都世田谷区、1988年)
  • 用賀Aフラット-(東京都世田谷区、1993年)
  • 霧島アートの森-(鹿児島県姶良郡湧水町、2000年)

その他[編集]

  • 学生時代から建築デザイン分野で受賞歴がある。
  • 野武士世代と伝えられている。(建築家槇文彦が命名。)

外部リンク[編集]