梅沢良三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

梅沢 良三(うめざわ りょうぞう、1944年 - )は、日本の構造家梅沢建築構造研究所 (USE) 主宰。群馬県生まれ。

概要[編集]

1968年日本大学理工学部建築学科卒業後、木村俊彦構造設計事務所入社。 1975年, 一級建築士免許取得。1977年には、丹下健三都市建築設計研究所入社。1978年、オラン大学監理の為、アルジェリア・オラン市へ。1984年に(株)梅沢建築構造研究所設立。

構造設計の主要作品として、藤沢市湘南台文化センター(1992年)、すみだ生涯学習センター(1995年)、和洋女子大学佐倉セミナーハウス(1998年)鳥取県立フラワーパーク(2000年)、Sony Music Entertainment、自邸兼アトリエ「IRONY SPACE」(2003年)、彩の国くまがやドーム(2005年)、東滑川海浜地区整備事業健康増進棟(2007年)、IRON HOUSE(2007年)、荏田の集合住宅(2006年)、成城学園幼稚園(2006年)、 秋葉原有料トイレ・ゴンドラ(2006年)ほか多数。

1995年、すみだ生涯学習センターの構造設計でJSCA賞受賞。1999年、ミニ・ハウスの構造設計で東京建築士会住宅建築賞金賞受賞。2000年、鳥取県立フラワーパークで第10回松井源吾賞受賞。2009年、IRON HOUSEで東京建築士会「住宅建築賞」金賞。 彩の国くまがやドームでJSCA賞。

参考文献[編集]

JIA Bulletin 2008年12月号「構造計画」、「建築知識 429号」(1993年6月1日)

外部リンク[編集]