阿部仁史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
阿部 仁史
生誕 1962年
宮城県仙台市
国籍 日本の旗 日本
出身校 東北大学
職業 建築家
受賞 吉岡賞(1996年)
日本建築学会賞(2002年)
所属 阿部仁史アトリエ
建築物 宮城スタジアム
苓北町民ホール

阿部 仁史(あべ ひとし、1962年 - )は、日本の建築家カリフォルニア大学ロサンゼルス校UCLA)教授。阿部仁史アトリエ主宰。

概要[編集]

設計過程で一つ一つを丁寧かつ精緻な表現技法により具現化する建築を艶やかに表現する技法が特徴。宮城スタジアムの設計で注目される。同スタジアムがFIFAワールドカップに使用されたことで、世界的に注目を集める。大地と同化しつつ、存在をアピールするバランス感覚は、従来のスタジアム建築の常識とは異なるものとなっている。2002年には苓北町民ホールの設計で日本建築学会賞を受賞。

彼の活動範囲は建築のみならず、橋梁などの土木構造物、家具デザインや商業店舗、レストラン等のインテリアデザイン、モバイルショップのデザインなど多岐に及んでいる。またロサンゼルスローカルズなど著作も存在する。ロサンゼルスなどでの活動も行う。

経歴[編集]

受賞歴[編集]

建築、インテリア作品[編集]

  • 1994年 しらさぎ橋(32歳)
  • 1996年 読売メディアミヤギゲストハウス 『第14回吉岡賞』(34歳)
  • 1999年 ネージュルネフルール(雪月花
  • 2000年 宮城スタジアム(宮城県宮城郡利府町)(38歳)
  • 2000年 松島ヨットハーバー・公園事務所(宮城県宮城郡松島町
  • 2001年 関井レディースクリニック
  • 2001年 i-house
  • 2002年 苓北町民ホール(熊本県苓北町)『日本建築学会賞(作品賞)』(40歳)
  • 2004年 佐々木義肢製作所
  • 2005年 伊達の牛タン本舗池袋店(インテリア)(東京池袋)
  • 2005年 青葉亭(インテリア)
  • 2005年 PTK
  • 2005年 Beef Tongue Car(ショップ)
  • 2005年 9坪ハウス(Tall)(神奈川県茅ヶ崎市
  • 2006年 KCH/whopper(埼玉)
  • 2007年 Kandatsu Dental Clinic(茨城県土浦市)
  • 2010年 竹泉荘 Mt.Zao OnsenResort & Spa(宮城県蔵王町)

家具デザイン[編集]

  • CALF CHIR
  • COW TABLE
  • TRIPOD
  • TOKYO HOUSE KADO Furniture

システムデザイン[編集]

  • MEGAHOUSE

著書[編集]

  • ロサンゼルスローカルズ(建築巡礼)(丸善
  • デザインハイクオリティ住宅(エイムック)
  • 阿部仁史 FLICKER (ペーパーバック)
  • 10+1〈No.25〉特集 都市の境界/建築の境界(INAX出版)
  • 卒業設計日本一決定戦 せんだいデザインリーグ2008 未来の街は僕らが創る(関連書籍)
  • プロジェクトブック (彰国社

展覧会、インスタレーション等[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]