加藤誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
水元まこと
プロフィール
リングネーム 加藤 まこと
加藤 誠
豪尻戦士カトレンジャー
本名 加藤 誠
ニックネーム

流浪のハイブリッド

ハイブリッドK
身長 175cm
体重 82kg
誕生日 (1976-10-01) 1976年10月1日(42歳)
出身地 岩手県
所属

ピンクタイガーモンスター軍[1] 俳優としての所属はGFA(グループファーストエース)

ゼロングプロモーション
スポーツ歴 空手
トレーナー 船木誠勝、鈴木みのる
デビュー 1996年10月7日
引退 2016年10月2日
テンプレートを表示

水元 まこと(みずもと まこと、1976年10月1日 - )は、日本プロレスラー俳優リングネーム加藤 まこと(かとう まこと)。マスクマンとしては豪尻戦士カトレンジャー。俳優としての芸名は水元 まこと(みずもと まこと)。

来歴[編集]

格闘技[編集]

1993年7月、パンクラス旗揚げ戦の2か月前に行われたパンクラス第1回入門テストを16歳で受験。最年少合格者としてパンクラスへ入門。「パンクラス練習生」のままで行ったデビュー戦でCMA・KPW王座を獲得。その年の東京スポーツ プロレスチャンピオン一覧に掲載される。その後4年3カ月在籍した後、退団し、CMA 誠GYMに移籍した(後に離脱し、東京に拠点を移した)。

1996年10月7日、対木村参味夫戦でデビュー。

1999年8月に開催された「第11回アマチュアシュートボクシング東海大会」では、首投げと左右のフックを武器にトーナメントを勝ち上がり、重量級で準優勝を果たした。また、同年12月26日の「アマチュアパンクラス・オープントーナメント」大会の80kg級で準優勝を果たした。

2000年7月23日、古巣パンクラスに練習生から6年10カ月を経てパンクラスデビューを果たす。

「第12回アマチュアシュートボクシング東海大会」重量級にて左右のフックを武器に優勝。昨年のリベンジを果たした。

「K-1モンスターチャレンジ」東京武道館大会では、バックハンドブロー、浴びせ蹴り、ドロップキック等トリッキーな動きで中量級3位に入賞。日本テレビ「超K-1宣言」でも試合が放送された。

2003年

「第1回 RISE アマチュアKAMINARIMONトーナメント」ワンマッチ部門に2試合出場。バックハンドブロー、浴びせ蹴りで2試合KO勝ち。大会のベストファイター賞に。

2005年

初代タイガーマスク、佐山サトルが主催するリアルジャパンプロレスの格闘技部門 掣圏真陰流トーナメントに出場。初戦は掣圏会館所属の瓜田幸三。その後、同トーナメントにレギュラー出場。2006年、第6回 掣圏真陰流トーナメント -95kg級では、バックドロップからの腕ひしぎ逆十字で勝ち上がり準優勝。同トーナメントで入場曲『SOLDIERS OF HONOR~名誉ある戦士たち~』(オリジナル)を披露。作曲者はSTONE TONE featuring Y 加藤のレギュラー出演していた演劇集団純情維震軍に出演していた山根広之による音楽活動ユニット名。映画『ラストサムライ』に出演経験を持つ。加藤がラストサムライが好きな事からラストサムライをイメージした入場曲を作曲。現在は、2016年 加藤まことプロレス卒業に伴いバトスカフェの盟友、唯我の好意でバトスカフェのメインテーマに起用された。

その後、キック、総合格闘技とプロレスを平行して行った。バトスカフェではホストクラブ「スフィア」No.2ながらも典型的な悪徳ホスト、tetsuを演じている。また、俳優業も行っており、舞台出演など幅広い活動を行っている。

2009年10月24日、出身地である一関市の千厩維新館にて2回目の自主興行「奥玉プロレス」を開催。一身上の都合によりこの興行をもって選手活動を引退した。

2015年10月4日、プロレスラーとして復帰したいとの意向から、査定試合が「COMBO外伝VI」エキシビションマッチとして行われ、YANAGAWA(暗黒プロレス組織666所属)と対戦。バトスカフェエンターテインメントより練習生からの参加を認められる。

2015年12月9日、バトスカフェの興行「唯我デビュー15周年記念大会」にてプロレスラーとして再デビューした。

2016年10月2日、バトスカフェ 板橋グリーンホール大会 忍(暗黒プロレス組織666所属)戦でプロレス卒業。

・WKA世界ムエタイライト級王者 小林聡 推薦選手

俳優[編集]

2009年の引退後はグループファーストエースに所属して俳優として活動を始める。

2012年 東京都葛飾区のご当地ヒーロー「仮面の守護者ゼロング」では培った格闘技経験を生かして秘密捜査官・水元まこと役としてもアクションを披露する。なお敵対する悪の組織デスバルのマッチョ大佐役を演じるマッチョ・マイケルズプロレスラーである。のちに芸名も水元まことに改める。

得意技[編集]

  • キャプチュード
  • 飛び付き逆十字
  • 龍虎原爆固め
  • レンジャーボム
  • ムーンサルトプレス
  • ライガースープレックス
  • フィッシャーマンズスープレックス
  • レンジャーヒップ

タイトル歴[編集]

  • CMA・KPW王座

出演[編集]

テレビドラマ

2012

・BS朝日『悪夢のドライブ』主演:小澤亮太 ヤクザ役

・BS-TBS『戦国BASARA -MOON LIGHT PARTY- 』主演:林遣都 武田軍兵士、忍者役

2016

・TBS『家族ノカタチ』主演:香取慎吾 インストラクター役(レギュラー)

2018

・日本テレビ『ドロ刑』 主演:中島健人 SP役

映画

・『DIVIDE』主演:大澤真一郎 (カメラを止めるな!)(2006年5月13日公開)

・『ICHI』主演:綾瀬はるか(2008年10月25日全国公開)万鬼党役

・『関ヶ原』主演:岡田准一(2017年8月26日全国公開)石田軍砲兵隊役

・『探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。』主演:廣瀬智紀(2017年3月4日公開)ホスト役

オリジナルビデオ

2012

・『極道の紋章~第17章~』土井役

2013

・『ルーザー』ヤクザ役

・『ルーザー2』ヤクザ役

・『チンピラ』愚連隊役

・『新 年少バトルロワイアル』囚人役

舞台[編集]

・『魔劇「今日からマ王!」~魔王誕生編~』(2013年4月25日~5月6日、銀座博品館劇場)-不良2、眞魔国兵士役
・『キャプテンハーロック~次元航海~』(2016年6月8日~12日、新宿村LIVE)-ワル・ゴクワルド、台羽博士役

・『キャプテンハーロック~次元航海~』 (2017年1月9日~1月13日、大阪市中央公会堂) -ワル・ゴクワルド、台羽博士役

  • 『ゴールデンアックス』(2018年12月19日 - 24日、築地本願寺ブディストホール) - チキンレッグ 役

BEE-TV(現:dTV)

2012

『あるある星人図鑑』最近テレビ見てないな星人役

書籍

1996

・船木誠勝のハイブリッド肉体改造法

・週刊少年サンデー『SKD"少年格闘団"』モデル

PV

2016

・Kis-My-Ft2『3・6・5』サラリーマン役

2017

・YOANI1年C組『おじさん』 サラリーマン役

スポーツ番組

2016

・テレビ東京『スポーツウォッチャー』プロ野球ドラフト会議2016

脚注[編集]

  1. ^ 窓口はバトスカフェとなる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]