関ヶ原 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
関ヶ原
監督 原田眞人
脚本 原田眞人
原作 司馬遼太郎関ヶ原
製作 市川南
佐野真之
製作総指揮 上田太地
豊島雅郎
ナレーター 木場勝己
出演者 岡田准一
有村架純
平岳大
東出昌大
北村有起哉
伊藤歩
中嶋しゅう
音尾琢真
松角洋平
和田正人
キムラ緑子
滝藤賢一
大場泰正
中越典子
壇蜜
西岡徳馬
松山ケンイチ
役所広司
音楽 富貴晴美
撮影 柴主高秀
編集 原田遊人
制作会社 東宝映画
ジャンゴフィルム
製作会社 「関ヶ原」製作委員会
配給 日本の旗 東宝
アスミック・エース
公開 日本の旗 2017年8月26日[1]
上映時間 149分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 24.0億円[2]
テンプレートを表示

関ヶ原』(せきがはら)は、2017年制作の日本映画石田三成徳川家康を主人公に、豊臣秀吉の死から天下分け目の関ヶ原の戦いに至るまでの過程を描いた司馬遼太郎原作の歴史小説『関ヶ原』の映画化作品。司馬遼太郎の小説の映画化は、1999年公開の『梟の城』以来18年振りとなる[3]

監督・脚本は原田眞人、主な出演は岡田准一役所広司有村架純平岳大東出昌大松山ケンイチらで、有村架純は時代劇初挑戦となる[4]

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

主役と側近
 本作の主人公。豊臣家五奉行。従五位下治部少輔。近江佐和山19万石。略称の「治部」とも呼ばれる。
 本作のもう一人の主人公[5]。東軍の総大将。豊臣家五大老筆頭。正二位内大臣。武蔵江戸250万石(井伊の12万石ら家臣、忠吉の10万石ら一門の所領を含む)。豊臣政権下の最大諸侯。内大臣の通称である「内府」とも呼ばれる。
 三成の愛妾。藤堂高虎の家臣の娘。
 三成の腹心。諱は清興。元は筒井家の重臣。
 家康の重臣。原作小説に比べ登場場面が多い[6]
 家康の側近。
豊臣家および不参加・内応
 天下人。従一位前関白(太閤)太政大臣。直轄領・蔵入地で222万石のほか、三成ら子飼い大名を要地100万石余に封ず。本作映画では尾張言葉で話すことが多い。
 西軍だが寝返る豊臣一門。従三位権中納言・左衛門督。筑前名島30万石余。左衛門督の通称である「金吾」とも呼ばれる。
 関ヶ原以前に死亡。豊臣家五大老。正三位権大納言。加賀金沢83万石(うち能登小丸山21万石は前田利政、越中守山32万石は利家の補佐のもと前田利長が統治)。
 秀吉の正室。
 秀吉の側室。豊臣秀頼の生母。
 豊臣秀次の正室。
西軍主力
 家康の名目上の敵(西軍の在地大名筆頭格)。豊臣家五大老。従三位権中納言。会津若松120万石。豊臣・徳川に次ぐ大大名。
 三成の盟友。上杉家家老。従五位下山城守。出羽置賜および陸奥の信達両郡30万石(直轄領は出羽米沢6万石)。石高は大名である三成より多い。
 西軍の戦場での大将格。豊臣家五大老。従三位権中納言。備前岡山57万石。豊臣秀吉の猶子。
 左近や直江とともに三成を理解する親友。不治の病で顔を隠している。諱は吉継。従五位下刑部少輔。越前敦賀5万石。上杉景勝とも昵懇。
 薩摩鹿児島61万石。西軍で戦場に最後まで残る。
 毛利家の外交僧。
 豊臣家五奉行。従四位下侍従・大蔵大輔。近江水口12万石。
 豊臣家五奉行筆頭。正四位下民部卿・法印。丹波亀山5万石。家康の会津攻めを批判し、西軍に属したにもかかわらず戦後処罰を免れる。
 西軍の主戦力。従五位下摂津守。肥後宇土21万石。
 西軍の総大将。豊臣家五大老。従三位権中納言。安芸広島112万石(山口の毛利秀元・月山富田の吉川広家らを含む)。豊臣秀頼を守り大坂入城。映画では、極端に登場場面が少ない[8]
 豊臣家五奉行。従五位下右衛門尉。大和郡山城20万石。
東軍主力
 東軍の戦場における主戦力。従四位下侍従・左衛門尉[9]。尾張清洲20万石。映画では短気で滑稽な小物として、かなり矮小化されている[10]
 東軍の在地大名の主力。従五位下主計頭。肥後熊本24万石。
 三成襲撃の七将。
 豊臣家五奉行。従五位下弾正少弼。甲斐甲府20万石(隠居料として武蔵府中1万石)。
 三成襲撃の七将。
 三成襲撃の七将。
 三成襲撃の七将。五奉行である父の浅野長政に代わり甲府の領地を統治。
 三成襲撃の七将。
 徳川四天王。
 徳川家康の四男。
忍者・陪臣・その他

スタッフ[編集]

製作[編集]

監督の原田眞人は1991年から映画化の構想を抱いており、当初は島左近を主役に考え、1998年には主役を小早川秀秋に変更していた[14]。2003年に『ラストサムライ』に出演した際に目にした合戦シーンに触発されて「日本発の世界戦略時代劇」を作りたいと考えるようになり、主役を島津義弘に変更したが、最終的には小説と同じ石田三成を主役にすることになった[14]。主役の三成役には岡田准一がキャスティングされ、原田は製作を始めたことについて、「岡田さんが三成を演じられる年になるまで、ずっと待っていたから」と語っている[15]。撮影は京都府滋賀県長浜市などで行われた[16][17]。3,000人規模のエキストラや400頭の馬を動員し、東本願寺彦根城などの歴史的建造物を使用して撮影された[18]

地上波テレビ放送[編集]

回数 テレビ局 番組名(放送枠名) 放送日 放送時間 放送分数 視聴率 備考
1 テレビ朝日 日曜プライム拡大版 2019年6月2日 21:00 - 23:33 153分 放送枠としては通常より28分後拡大。
20:58 - 21:00に『このあと日曜プライム』も別途放送(テレビ朝日のみ)。
  • 視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。

受賞歴[編集]

  • 第41回日本アカデミー賞[19]
    • 最優秀撮影賞 : 柴主高秀
    • 最優秀照明賞 : 宮西孝明
    • 最優秀録音賞 : 矢野正人
    • 優秀作品賞
    • 優秀監督賞 : 原田眞人
    • 優秀主演男優賞 : 岡田准一
    • 優秀助演男優賞 : 役所広司
    • 優秀音楽賞 : 富貴晴美
    • 優秀美術賞 : 原田哲男
    • 優秀編集賞 : 原田遊人

特徴・印象など[編集]

  •  宇喜多家の御家騒動(坂崎直盛、仲裁した榊原康政)、小山軍議(上杉政繁堀尾忠氏ら東軍。唯一、西軍参加を表明した田丸直昌)、岐阜城陥落(織田秀信)、東西両天秤(鍋島勝茂九鬼守隆津軽為信)、奥羽の諸侯(佐竹義宣伊達政宗)らの群像劇が割愛もしくは大幅に省略されている。
  •  登場する大名たちがみな非常に早口で喋るので、史実(特に関ヶ原や桃山時代)に疎い人には会話が分かりにくい。の動き(突くのではなく敵の槍と穂先を合わせる)が揃っていて美しい。監督の黒澤映画へのオマージュを感じる。などの印象が挙げられている。
  •  一方では、朝鮮人の砲撃隊が登場するなど史実にも原作にもない要素が盛り込まれ、「関ヶ原を題材としたフィクション映画」となっている。などの批評もある。[20]

脚注[編集]

  1. ^ “東宝2017年のラインナップ発表、「昼顔」「忍びの国」「キミスイ」など公開日決定”. 映画ナタリー. (2016年12月15日). http://natalie.mu/eiga/news/213434 2017年3月12日閲覧。 
  2. ^ 2017年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  3. ^ 岡田准一が石田三成に!映画「関ケ原」で役所・家康と激突”. Sponichi Annex (2016年8月10日). 2017年8月11日閲覧。
  4. ^ “岡田准一と原田眞人が「関ヶ原」映画化で初タッグ、共演に役所広司と有村架純”. 映画ナタリー. (2016年8月10日). http://natalie.mu/eiga/news/197665 2017年3月12日閲覧。 
  5. ^ 映画では主人公扱い。司馬原作の老獪な簒奪者の印象が抑えられて描かれている。
  6. ^ 司馬原作での本多正信の役割から変わっている場面が複数ある。
  7. ^ 2000年の大河ドラマ葵 徳川三代』でも島津義弘を演じている。
  8. ^ 司馬原作では吉川・安国寺など毛利家内紛に記述が多く割かれている。
  9. ^ 俗に「左衛門大夫」と呼ばれるが、左衛門尉でも五位以上の場合は「大夫判官」と呼んで区別する。織田信忠の三位中将・出羽介(秋田城介)などと同じ。
  10. ^ 司馬原作やテレビドラマ版「関ヶ原」での正則は豪傑肌で、小山軍議や岐阜城攻めなどキーマンとして扱われている。
  11. ^ “司馬遼太郎「関ヶ原」映画化追加キャスト発表 東出昌大ら豪華俳優陣がずらり”. 映画.com. (2017年1月17日). http://eiga.com/news/20170118/10/ 2017年3月12日閲覧。 
  12. ^ 公開前の2017年7月6日に死去。
  13. ^ “岡田准一主演「関ヶ原」に松山ケンイチと壇蜜が出演、直江兼続と尼僧演じる”. 映画ナタリー. (2017年3月6日). http://natalie.mu/eiga/news/223394 2017年3月12日閲覧。 
  14. ^ a b 岡田准一×役所広司×有村架純で司馬遼太郎「関ヶ原」映画化!監督は原田眞人”. 映画.com (2016年8月10日). 2017年8月11日閲覧。
  15. ^ 岡田准一、石田三成演じた「関ヶ原」は「出演できたことで涙が出る」”. 映画.com (2017年7月18日). 2017年8月11日閲覧。
  16. ^ 原田眞人監督、外国人記者に「関ヶ原」の意義を説く「石田三成は今の日本に必要な人物」”. 映画.com (2017年8月9日). 2017年8月11日閲覧。
  17. ^ 司馬遼太郎原作『関ヶ原』で岡田准一が石田三成に!役所広司&有村架純が共演”. シネマトゥデイ (2016年8月10日). 2017年8月11日閲覧。
  18. ^ 岡田准一×有村架純×役所広司『関ケ原』正義 vs 野望豪華キャストで贈る本ビジュアルが公式サイトで解禁!”. 映画ナビ (2017年6月6日). 2017年8月11日閲覧。
  19. ^ “第41回日本アカデミー賞の優秀賞発表、「三度目の殺人」「関ヶ原」が10部門で受賞”. 映画ナタリー. (2018年1月15日). https://natalie.mu/eiga/news/265194 2018年3月1日閲覧。 
  20. ^ 「キネマ旬報2017年9月上旬号」(岡本修造)など。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]