ひとびとの跫音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ひとびとの跫音』(ひとびとのあしおと)は、司馬遼太郎長編小説

1979年から1980年にかけて、月刊誌『中央公論』に連載された。1981年に、中央公論社より単行本上下2冊が刊行され、同年度の第33回読売文学賞小説賞を受賞した。

概要[編集]

正岡子規の妹・養子で、阪急電鉄の車掌、阪急百貨店の職員であった正岡忠三郎を主人公として、忠三郎の友人であったぬやま・ひろし(西沢隆二)らとの交友を描く。

司馬作品としては、例外的に昭和戦後の記述も含めた上に、世間的にはほとんど無名といっていい人物を主人公に据え、『街道をゆく』などのエッセイ小説の中間をゆく司馬の作風を極端におしすすめた筆致で記されており、きわめて独自な作風であると評されている[誰によって?]

書誌[編集]

単行本
文庫本