峠 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

』(とうげ)は、司馬遼太郎の長編時代小説1966年(昭和41年)11月から1968年(昭和43年)5月まで『毎日新聞』に連載され、連載終了の1968年に新潮社上下巻で初版刊行された。新潮文庫や新装版で多数重版されている。

それまでほとんど無名に近かった幕末から戊辰戦争時の越後長岡藩家老・河井継之助の名を、一躍世間に広めることとなった歴史小説である。近代的合理主義を持ち、時代を見据える先見性と実行性を有しながらも、「藩」や「武士」という束縛から自己を解放するまでには至らず、最後には武士として、長岡藩の家臣として、新政府軍に対抗する道を選んだ英雄の悲劇を描く。

『峠』の連載に先立って1964年(昭和39年)1月には「別冊文藝春秋」に河井を主人公にした短編小説「英雄児」を発表している。また、同時期の類似テーマを扱った作品として、同年翌2月には「小説新潮」に大村益次郎を主人公にした短編「鬼謀の人」が発表されており、後に長編小説『花神』として連載されている。

1977年大河ドラマ花神』の原作のひとつ。

2020年、『峠 最後のサムライ』のタイトルで映画化予定[1]

歴史と創作[編集]

『峠』は歴史小説であり、記述の中には創作も含まれる。ところが本作が「河井継之助といえば『峠』」というほどの大ベストセラーになったため、以後に書かれた河井継之助に関する書籍の中にはそうした『峠』の創作部分を史実と誤って引用していたものが少なくない。

  • 冒頭で河井の人物像が語られる冬の峠越え
  • 河井と福澤諭吉との関係
    • 創作:思想面で共鳴する親密な関係があった。
    • 史実:実際に2人が会った記録はない。
  • 河井が持っていた越後長岡藩の将来像
    • 創作:一藩で武装中立国にする構想を持っていた。
    • 史実:その言動から、尊王でも佐幕でもない中立の一藩にしようとしていたであろうことは想像に難くないが、それを裏付ける史料はない。

その他[編集]

2009年度、航空自衛隊支援集団内での准曹士への下半期課題所感文のテーマとしても採用されている。

映画[編集]

峠 最後のサムライ
監督 小泉尭史
脚本 小泉尭史
原作 司馬遼太郎『峠』
出演者 役所広司
松たか子
仲代達矢
配給 松竹
アスミック・エース
公開 日本の旗2020年
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2020年、初めての映像化として、役所広司の主演により、『峠 最後のサムライ』のタイトルで映画化予定[1]

キャスト (映画)[編集]

スタッフ (映画)[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]