松たか子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
まつ たかこ
松 たか子
本名 佐橋 隆子(さはし たかこ)
藤間 隆子(ふじま たかこ、旧姓
別名義 松本 幸華(日本舞踊
生年月日 (1977-06-10) 1977年6月10日(42歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都[1]
国籍 日本
身長 165cm[2]
血液型 A型
職業 女優シンガーソングライター
ジャンル 舞台映画テレビドラマJ-POP
活動期間 1993年 -
活動内容 1993年:舞台出演でデビュー
1994年:テレビドラマ初出演
1996年:NHK紅白歌合戦司会
1997年:歌手デビュー
配偶者 佐橋佳幸(2007年 - )[1]
著名な家族 二代目松本白鸚(父)
藤間紀子(母)
松本紀保(姉)
十代目松本幸四郎(兄)
川原和久(義兄)
八代目市川染五郎(甥)
事務所 スイングバイ
公式サイト Takako Matsu Official Site
主な作品
テレビドラマ
ロングバケーション
ラブジェネレーション[1]
お見合い結婚
HERO
坂の上の雲
運命の人
カルテット
ノーサイド・ゲーム
映画
隠し剣 鬼の爪
東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜
HERO
ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜
告白
夢売るふたり
小さいおうち
アナと雪の女王[1]
テンプレートを表示

松 たか子(まつ たかこ、1977年6月10日[1] ‐ )は、日本女優歌手。本名・佐橋 隆子(さはし たかこ)。旧姓・藤間(ふじま)。日本舞踊松本流名取、初代 松本 幸華(しょだい まつもと こうか)の名も持つ。

東京都出身。スイングバイ所属。

夫はミュージシャン佐橋佳幸

家族

来歴

二代目松本白鸚(当時は六代目市川染五郎)と藤間紀子の末子として東京都に生まれる。白百合学園中学校・高等学校から、芸能活動のため堀越高等学校に転校し、卒業。亜細亜大学中退[1]

白百合学園小学校・中学校時代の同級生に宝塚歌劇団81期生妃里梨江がいる。 堀越高等学校・高校時代の同級生に再従兄弟の七代目市川新之助浜崎あゆみがいる。

16歳だった1993年(平成5年)に、歌舞伎座で歌舞伎『人情噺文七元結』で初舞台を踏む。翌1994年(平成6年)にはNHK大河ドラマ花の乱』でテレビドラマに初出演。1995年(平成7年)には同局のドラマ『』で主演し、以降、映像・舞台等で女優としてのキャリアを重ねる[1]

恵まれた容姿と演技力、ブランド力により、1996年(平成8年)の『ロングバケーション』、1997年(平成9年)の『ラブジェネレーション』、そして2001年(平成13年)の『HERO』と、フジテレビ系列の月9ドラマに出演[1]。いずれも木村拓哉と共演し、30%前後の高視聴率を記録している。

歌舞伎や新派、松本幸四郎が主演するミュージカルに出演し、蜷川幸雄演出『ハムレット』で初めて外部の舞台を経験、以後、野田秀樹串田和美などの作品では主役に抜擢される。三谷幸喜の群像劇、劇団☆新感線東宝ミュージカルでヒロインを務めるほか、『嵐が丘』『おはつ』などの商業演劇でも主演し、新橋演舞場史上最年少座長(21歳、99年『天涯の花』)の記録を持っている。

1996年(平成8年)には、史上最年少(19歳)でNHKの『第47回NHK紅白歌合戦』の紅組司会に抜擢される。

1997年(平成9年)に歌手としてデビューする。初期のキャリアを担当した音楽プロデューサーの日向大介からの第一印象は「最初に今井美樹さんの楽曲を歌ったデモテープが送られてきたのでそのイメージから離れるのに苦労した」と語るが「ピアノが下手なプロより上手で、純粋な音楽家になれる素質があった」「僕の仮歌を一度聞くだけで、すぐに頭の中に入れてくれた」と賛辞のコメントを残している[3]。同年末の『第48回NHK紅白歌合戦』には今度は歌手として出場を果たす。以後も女優業と並行しながら、ミュージシャンとしての活動も精力的にこなし、2017年(平成29年)までにシングル22枚、アルバム13枚を発表、全国コンサートツアーも4度行っている。

2007年(平成19年)12月28日にミュージシャン佐橋佳幸と結婚。

2010年(平成22年)主演した映画「告白」がR15指定されたにも関わらず、異例な大ヒットを記録した。

2011年(平成23年)春に長年所属していたパパドゥを退社、個人事務所スイングバイを設立し独立。

2014年(平成26年)声優としてディズニー映画『アナと雪の女王』に主演、また歌唱を担当した同作品の日本語吹き替え版劇中歌『レット・イット・ゴー』はフル配信100万DLを達成[4]

2014年11月27日、第1子の妊娠を発表[5]。2015年(平成27年)3月30日、第1子女児の出産を発表[6]。同年7月の舞台『かがみのかなたはたなかのなかに』で仕事復帰を果たす[7]

2017年(平成29年)に5年ぶりに主演した連続ドラマ『カルテット[8]と共に数多くの賞を受賞し、高い評価を受けた[9]。同年NHK朝の連続テレビ小説97作目『わろてんか』へ主題歌として楽曲を提供し[10]、18年ぶりに歌手として年末の『第68回NHK紅白歌合戦』へ出場し同曲を披露[11]

出演

映画


アフレコ

舞台

  • 歌舞伎『人情噺文七元結』(1993年10月) - お久 役
  • 新派『小粋な幽霊』(1994年5月) - ぼたん 役
  • 新派『あぢさゐ』(1994年5月) - お光 役
  • 新派『滝の白糸』(1994年10月) - 桔梗 役
  • 新派『じゅんさいはん』(1994年10月) - お梅 役
  • 東宝ミュージカル『ラ・マンチャの男
    • (1995年6月、1997年8月~9月、1999年8月~9月) - アントニア 役
    • (2002年5・8月、2005年5月~6月、2008年4月、2009年5月、2012年5月~8月) - ヒロイン・アルドンサ 役
  • 蜷川幸雄演出『ハムレット
  • 新橋演舞場公演『天涯の花』(1999年1月) - 主演・平珠子 役
  • 串田和美演出『セツアンの善人』
    • (1999年5月~6月、2001年9月) - 主演・シェン・テ/シュイ・タ 役
  • 三谷幸喜作・演出ミュージカル『オケピ!』(2000年6月~7月) - 東雲 役
  • 串田和美演出『VOYAGE〜船上の謝肉祭〜』(2000年10月) - 主演
  • シアターナインス『夏ホテル』(2001年4月~5月) - カオル 役
  • 新橋演舞場公演『嵐が丘』(2002年1月) - 主演・キャサリン 役
  • 東宝ミュージカル『モーツァルト!』(2002年10~11月) - ヒロイン・ コンスタンツェ
  • NODA・MAP『オイル』(2003年4月~6月) - 主演・富士 役
  • 新橋演舞場公演『おはつ』(2004年1月) - 主演・お初 役
  • TBS『浪人街』(2004年5~6月) - ヒロイン・お新 役
  • 東宝ミュージカル『 ミス・サイゴン』(2004年8~11月) - 主演・キム 役
  • 串田和美演出音楽劇『コーカサスの白墨の輪』(2005年1~3月) - 主演・グルシャ 役
  • NODA・MAP『贋作・罪と罰』(2005年12月~2006年2月) - 主演・三条英 役
  • 劇団☆新感線『メタルマクベス』(2006年5月~7月) - ランダムスター夫人/林B 役
  • 蜷川幸雄演出『ひばり』(2007年2月) - 主演・ジャンヌ・ダルク
  • こまつ座シス・カンパニー公演『ロマンス』(2007年8月~9月) - マリヤ 役
  • 長塚圭史作・演出『SISTERS』(2008年7月~8月) - 主演・尾崎馨 役
  • NODA・MAP『パイパー』(2009年1月~2月) - 主演・ダイモス 役
  • 松竹ミュージカル『ジェーン・エア
    • (2009年9月、2012年10月~11月) - 主演・ジェーン・エア 役
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ演出『2人の夫とわたしの事情』(2010年4月~5月) - 主演・ヴィクトリア 役
  • 串田和美演出『十二夜』(2011年1月) - 主演・セバスチャン/ヴァイオラ(シザーリオ) 役
  • 長塚圭史作・演出『音のいない世界で』(2012年12月~2013年1月)- セイ 役
  • 串田和美演出『もっと泣いてよフラッパー』 (2014年2月~3月)-主演・トランク・ジル/習慣阿呆 役
  • 長塚圭史作・演出『かがみのかなたはたなかのなかに』
    • (2015年7月、2017年12月~2018年2月)- ケイコ 役
  • NODA・MAP 『逆鱗』(2016年1月29日~4月3日)- 主演・NINGYO 役
  • 串田和美演出『メトロポリス』(2016年11月) - 主演・マリア/パロディ 役
  • 岩井秀人作・演出『世界は一人』(2019年2月~4月) - 田辺美子/森和枝 役
  • NODA・MAP 『Q: A Night At The Kabuki』(2019年10月8日~12月11日)- 主演・それからの愁里愛 役[25][26]
  • 長塚圭史作・演出新作(2020年8月)- 出演予定[27]

出演ステージ

  • 第1回松鸚會 - 舞踊「羽の禿」(1984年10月、国立劇場)
  • 歌舞伎「鼠小僧次郎吉」(1985年1月、歌舞伎座)- 通行人 役 *1回のみ
  • 藤襲会 - 舞踊「屋敷娘」(1988年7月、国立小劇場)
  • 第2回松鸚會 - 舞踊「女の四季」(1992年9月、国立劇場)*名取・松本幸華 襲名
  • 今藤政次郎の会 - 小唄「花の友」(1993年5月、国立小劇場)
  • 松本幸子十七回忌 - 舞踊「花がたみ」(1993年6月、国立大劇場)
  • 第3回松鸚會 - 舞踊「春のしらべ」(1995年4月、国立劇場)
  • 第4回松鸚會(1998年9月28日、国立大劇場)
    • 舞踊「女の四季」
    • 舞踊「京鹿子娘道成寺」- 所化 役
  • 第9回松鸚會(2009年8月15日、国立劇場大劇場)
  • 国際ペン東京大会2010「文学フォーラム」(2010年9月24日、早稲田大学大隈講堂)
    • チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ「なにかが首のまわりに」朗読

テレビドラマ

テレビ番組

音楽番組

ほか多数

NHK紅白歌合戦出場歴

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1997年(平成9年)/第48回 明日、春が来たら 07/25 シャ乱Q
1999年(平成11年)/第50回 2 夢のしずく 06/27 19
2017年(平成29年)/第68回 3 明日はどこから 20/23 星野源
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。
  • 上記以外に1996年(第47回)の紅白では、紅組司会を務めた。

声の出演

  • 三浦友和・松たか子の大河ロマン紀行〜生きていた百年の夢・流氷の科学者 岡崎文吉(1999年、日本テレビ)ナレーション
  • 朝日放送開局50周年記念番組「遥かなる人類への旅」(2000年、テレビ朝日)ナレーション
  • 「ぼくの自転車ひとり旅」(2003年、フジテレビ)ナレーション
  • 「松本幸四郎ファミリー スペイン ドン・キホーテ紀行『見果てぬ夢』を追い求めて」(2006年、テレビ東京)ナレーション
  • 「ノンフィクションW 太陽の男 ラファエル・ナダル ~No.1テニスプレーヤーの原点~」(2010年9月27日、WOWOW)ナレーション
  • 「父さん相変わらず元気なり 〜秋山好古の日露戦争〜」(2010年12月17日、NHK松山)ナレーション
  • 新日本風土記」(2011年4月 - 、NHK) - ナレーション
  • もういちど、日本」(2011年 - 、NHK) - 語り
  • 「特集 村上春樹を読む」(2012年、NHKラジオ)
  • J-WAVE開局25周年記念特別番組「UNBEATEN TRACKS IN JAPAN~イザベラ・バードの日本紀行」(2013年、J-WAVE)
  • NHKスペシャル「国際共同制作 和食 千年の味のミステリー」(2013年12月15日、NHK) - プレゼンテーター
  • 静岡朝日テレビ開局40周年記念 高麗屋三大襲名スペシャル「八代目市川染五郎 密着3650日~12歳・若武者が生まれるとき〜」(2018年1月7日、テレビ朝日)語り
  • 「毒出しバラエティ 山里&マツコ・デトックス」(2018年4月17日、24日、TBS)ナレーション
  • 小田和正音楽特番「風のようにうたが流れていた」(2019年3月29日、TBS)ナレーション
  • 「朝まで「大人計画テレビ」~松尾スズキと25人の仲間たち~」(2019年3月31日、NHK BS)語り

CM

ディスコグラフィ

シングル

リリース日 タイトル 規格 販売生産番号
1st 1997年3月21日 明日、春が来たら 8cmCD BVDR-1151
2nd 1997年5月21日 I STAND ALONE 8cmCD BVDR-1165
3rd 1997年6月21日 WIND SONG 8cmCD BVDR-1166
4th 1997年11月21日 真冬のメモリーズ 8cmCD BVDR-1200
5th 1998年3月25日 サクラ・フワリ 8cmCD BVDR-1218
6th 1998年5月27日 ごめんね。 8cmCD BVDR-1229
7th 1998年9月4日 Stay with me 8cmCD BVDS-21001
8th 1999年9月22日 夢のしずく 12cmCD POCH-1838
9th 1999年11月17日 月のダンス 12cmCD POCH-1862
10th 2000年2月9日 桜の雨、いつか 12cmCD POCH-1894
11th 2000年10月25日 優しい風 12cmCD UPCH-5025
12th 2001年3月14日 コイシイヒト 12cmCD UPCH-5031
13th 2001年10月24日 花のように 12cmCD UPCH-5069
14th 2002年6月26日 Clover 12cmCD UPCH-5095
15th 2002年11月13日 明日にくちづけを 12cmCD UPCH-5140
16th 2003年7月23日 ほんとの気持ち 12cmCD UPCH-5201
17th 2004年9月1日 時の舟 12cmCD UPCH-5269
18th 2005年4月6日 未来になる 12cmCD UPCH-5300
19th 2006年3月22日 明かりの灯る方へ 12cmCD BVCR-19675
20th 2006年11月29日 みんなひとり 12cmCD+DVD
12cmCD
BVCR-19984/5 (初回盤)
BVCR-19078 (通常盤)
21st 2009年10月21日 君となら CD+DVD
12cmCD
BVCL-20001/2 (初回盤)
BVCL-35 (通常盤)
22nd 2017年11月15日 明日はどこから 12cmCD BVCL-843

アルバム

オリジナルアルバム

リリース日 タイトル 規格 販売生産番号
1st 1997年6月28日 空の鏡 CD BVCR-791
2nd 1998年9月23日 アイノトビラ CD BVCS-21002
3rd 2000年3月23日 いつか、桜の雨に… CD POCH-1916
4th 2001年6月13日 a piece of life CD UPCH-1074
5th 2003年2月19日 home grown CD (エクストラ仕様)
CD
UPCH-9050 (初回盤)
UPCH-1218(通常盤)
6th 2003年10月8日 harvest songs CD UPCH-1291
7th 2006年4月26日 僕らがいた CD BVCR-11085
8th 2007年4月25日 Cherish You CD+DVD
CD
BVCR-18096/7 (初回盤)
BVCR-11102 (通常盤)
9th 2009年11月25日 Time for music CD+DVD
CD
BVCL-20015/6 (初回盤)
BVCL-45 (通常盤)
10th 2017年12月6日 明日はどこから CD BVCL-855

ベストアルバム

リリース日 タイトル 規格 販売生産番号
1st 2001年12月5日 Five years 〜singles CD UPCH-1120
2nd 2006年6月28日 MATSU TAKAKO SINGLE COLLECTION 1999-2005 CD UPCH-1508
3rd 2008年6月25日 footsteps -10th anniversary Complete Best- CD
3枚組
BVCR-18137/9

企画盤

  リリース日 タイトル 規格 販売生産番号 発売元
サウンドトラック 1998年3月21日 四月のピアノ ~『四月物語』オリジナル・サウンドトラック CD BVCR-803 BMG JAPAN
ライブアルバム 2002年2月21日 松たか子 concert tour vol.1 "a piece of life" CD UPCH-1140 ユニバーサル
ライブアルバム 2004年3月24日 matsu takako concert tour 2003 "second wave" CD+DVD
CD
UPCH-9141 (初回盤)
UPCH-1340 (通常盤)

配信、劇中歌等

  • 明日、春が来たら 97-07(2007年、BVCR-90039)
  • 笑顔をみせて(2015年)
  • アナと雪の女王』劇中歌日本語版(2014年、AVCW-63028/9)
  • アナと雪の女王 エルサのサプライズ』劇中歌日本語版(2015年、AVCW-63084)
    • パーフェクト・デイ ~特別な一日~ (松たか子、神田沙也加、他)
  • Doughnuts Hole「おとなの掟」(2017年) - テレビドラマ『カルテット』主題歌。松を含む主要キャスト4名による期間限定ユニットでの歌唱参加。
  • アナと雪の女王/家族の思い出』劇中歌日本語版(2018年、AVCW-63262)
    • お祝いの鐘(神田沙也加、松たか子、ピエール瀧
    • お祝いの鐘 (リプライズ)(松たか子)
    • お祝いをしよう(ピエール瀧、松たか子、神田沙也加、他)
    • あなたといるだけで(松たか子、神田沙也加、ピエール瀧、原慎一郎
  • アナと雪の女王2 』劇中歌日本語版(2019年、UWCD-1054)
    • ずっとかわらないもの(神田沙也加、松たか子、武内駿輔、原慎一郎)
    • イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに(松たか子(Feat.オーロラ))
    • みせて、あなたを(松たか子、吉田羊)

DVD・ビデオ

ビデオクリップ集

  1. filM 空の鏡(1997年10月12日) ※VHS、LD /(2003年11月26日) ※DVD(再発)
  2. Film いつか、桜の雨に… (2000年4月5日)※VHS、DVD

ライブ

  1. 松たか子 concert tour vol.1 "a piece of life" on film (2002年2月21日)※VIDEO、DVD
  2. 「tour documentary film "diary"」〜 concert tour vol.1 "apiece of life"〜 (2002年3月21日)※VHS、DVD
  3. matsu takako concert tour 2003 "second wave" on film (2004年3月24日) ※DVD
  4. MATSU TAKAKO concert tour 2007 "I Cherish You" on film (2007年11月21日) ※DVD、初回盤&通常盤
  5. Takako Matsu Concert Tour 2010 "Time for Music" (2009年11月25日)※DVD、初回生産限定盤&通常盤

ゲスト参加

リリース日 曲名 初収録された作品
1998年11月6日 ジッパ・ディー・ドゥー・ダー〜美女と野獣/竹中直人, 松たか子 & 東京スカパラダイスオーケストラ Various Artists『We Love Mickey -Happy 70th Anniversary-』
2004年3月24日 二人のムラサキ東京 キンモクセイと東京ジェンヌ「二人のムラサキ東京
2004年8月4日 Caroline No佐橋佳幸山弦) With B-Girls(A.K.A-Ms.T) Various Artists『BEACH BOYS: BEST OF TRIBUTE』(日本人アーティストによるBEACH BOYSトリビュート・アルバム)
2013年3月6日 And I Love Car Various Artists『奥田民生・カバーズ2
2015年9月10日 幸せな結末 with 松 たか子 鈴木雅之DISCOVER JAPAN II
2016年6月22日 最後の将軍 feat. 森の石松さん レキシVキシ
2018年5月23日 ありきたりな女 Various Artists『アダムとイヴの林檎』(椎名林檎トリビュート・アルバム

コーラス参加

リリース日 曲名 収録された作品
2009年3月18日 「Runway」,「Don't you worry babe」,「ゆうがたラブ」 小坂忠『Connected』
2011年4月20日 複数 小田和正どーも
2014年7月2日 複数 小田和正『小田日和
2017年2月15日 君のとなり produced by 小田和正 スキマスイッチre:Action
2018年5月2日 複数 小田和正『この道を/会いに行く/坂道を上って/小さな風景

ライヴ・出演イベント

ゲスト出演、コラボ参加

公演日 会場 タイトル 曲目
2000年12月1日 大阪城ホール Act Against AIDS 2000 LIVE IN OSAKA ・Will you still love me(w/ 佐藤竹善)

・Let it be(全員)

2002年6月1日 大阪城ホール INGNI presents FUNKY802 13th Anniversary Special JAPANESOUL ・赤いスイートピー

・野バラ咲く路(w/ 忌野清志郎

・雨上がりの夜空に(忌野清志郎山弦+出演者全員)

2005年9月22日 日本武道館 明治安田生命Presents KAZUMASA ODA TOUR 2005"大好きな君に" ・ほんとの気持ち(w/ 小田和正
2005年10月1日 万博記念公園 もみじ川芝生広場 日本万国博覧会開催35周年記念

朝日新聞21 LIVE in EXPO'70「風に吹かれて 2005」

・夢伝説(出演者全員)

・トワイライト・アヴェニュー(w/ STARDUST REVUE

・離れずに暖めて(w/ 佐藤竹善

・夢のほとりで逢いましょう(w/ Skoop On Somebody

・Spirit Of Love(出演者全員)

2006年9月9日 万博記念公園 もみじ川芝生広場 朝日新聞 21 LIVE in EXPO'70「風に吹かれて2006」Supported by NTT 西日本 DENPO 115 【松づくし】アコースティックステージ

・明かりの灯る方へ(w/ 大橋卓弥

・元気を出して(w/ 大橋卓弥)

・ボクノート(w/ 大橋卓弥, コブクロ feat.塩谷哲

・500マイル〜木蘭の涙(w/ 根本要

・同じ窓からみてた空(出演者全員)

2007年10月13日 万博記念公園 もみじ川芝生広場 朝日新聞 21 LIVE in EXPO'70「風に吹かれて2007」 ・ボーイズ・オン・ザ・ラン(全員)


・明かりの灯る方へ

・みんなひとり(w/ 竹内まりや

・元気を出して(w/ 竹内まりや Cho. コブクロ, 佐藤竹善,TAKE)

・明日、春が来たら(feat.佐藤竹善,TAKE)


・どんな空でも(w/ コブクロ, 佐藤竹善, Skoop On Somebody, 馬場俊英, 金城綾乃, 夏川りみ, 絢香

・風になりたい(全員+宮沢和史

2009年4月27日 Billboard Live TOKYO 小坂忠&Soul Connection"Connected Tour"

1st Stage & 2nd Stage

2009年5月31日 大阪城ホール FM802 STILL20 SPECIAL LIVE<RADIO MAGIC> ・500マイル(日本語版)(w/ 小田和正

明日、春が来たら

2010年8月15日 日比谷野外大音楽堂 soul of どんと 2010 ~復活! 10周年 SPECIAL!~ ・魚ごっこ

・どんとマンボ(全員+延原達治)

2011年5月4日 グランキューブ大阪 メインホール 東北関東大震災被災者支援コンサート『心の復興まで』 ~Cross your fingers~ ・明日、春がきたら

・Home

・夢のほとりで逢いましょう(w/ Skoop On Somebody

・Spirit Of Love(全員)

2011年5月5日 幕張メッセ 国際展示場 9~11ホール JAPAN JAM 2011(真心ブラザーズのステージ) ・BABY BABY BABY(以下全曲 w/ 真心ブラザーズ)

・ルイジアンナ

・拝啓、ジョン・レノン

・500マイル

・空にまいあがれ(w/ 真心ブラザーズ, 奥田民生

2011年6月15日 渋谷Bunkamuraオーチャードホール 塩谷哲プロデュース

東日本大震災被災地支援コンサートTOKYU MUSIC LIVE

・home~sweet home~(feat.塩谷哲)

・真昼の月(feat.塩谷哲,上妻宏光)

・黄昏のビギン(feat.塩谷哲,キャラメルバンド)

・みんなひとり(feat.塩谷哲,キャラメルバンド)

・風になりたい(全員)

2011年6月22日 西麻布Sweet Emotion おとといミーティング TRICERATOPS "12-Bar" ・エベレスト(以下全曲 w/ TRICERATOPS)

・Time For Music

・水溜まりの向こう

2011年12月2日 日本橋三井ホール 真心ブラザーズ『真心道中歌栗毛』 ・絵(以下全曲 w/ 真心ブラザーズ)

・500マイル

・ルイジアンナ

2014年3月11日 西麻布音楽実験室新世界 GOWEST STORE PRESENTS 新世界3周年スペシャル「ダージリンの日」〜Tea For Three @新世界 vol.14 ・お天気雨

・スウィング・メモリー

・もっと泣いてよ、フラッパー

・コロラドの歌

2014年9月7日 昭和女子大学人見記念講堂 佐橋佳幸(祝)芸能生活30周年記念公演~東京城南音楽祭 T.J.O. ~三茶編 ・ほんとの気持ち(feat.小田和正, 根本要

・home~sweet home

・Shinnin' You, Shinnin' Day (Cho. w/ 小田和正, 根本要)

2016年8月17日 日本武道館 レキシツアー 遺跡、忘れてませんか?~大きな仏像の下で~ ・最後の将軍(以下全曲 w/ レキシ

・きらきら武士

2016年9月5日 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール 小坂忠 Debut 50th Anniversary ~Let the GOOD TIME's ROLL~ ・私の青空(w/ 小坂忠

・ゆうがたラブ(全員)

ツアー

ツアータイトル 会場 備考
2001年 Takako Matsu Concert tour vol.1 "a piece of life" 10月24日 市原市市民会館

10月27日 福岡市民会館

10月31日 愛知県芸術劇場

11月2日 アクトシティ浜松

11月4日 大阪フェスティバルホール

11月6日 東京・Bunkamuraオーチャードホール

11月7日 仙台サンプラザホール

11月9日 新潟県民会館

11月12日 大宮ソニックシティ大ホール

11月15日 神奈川県民ホール

11月19日 東京・Bunkamuraオーチャードホール

・編成:

Vo.松たか子

Gt.&Arr.佐橋佳幸

Dr.鎌田清

Ba.萩原 “メッケン” 基文

Pf.塩谷哲

Key.柴田俊文

Per.大石真理恵

Sax.山本拓夫

Cho.大滝裕子

Vn.金子飛鳥(ゲスト)

2003年 Matsu Takako Concert Tour 2003 "second wave" 10月10日 府中の森芸術劇場

10月13日 神戸国際会館

10月15日 香川県県民ホール

10月17日 仙台サンプラザホール

10月18日 大宮ソニックシティホール

10月24日 アクトシティ浜松

10月26日 愛知県芸術劇場

10月28日 群馬県民会館

10月31日 広島厚生年金会館

11月2日 神奈川県民ホール

11月5日 中野サンプラザホール

11月6日 中野サンプラザホール

11月9日 新潟県民会館

11月11日 ハーモニーホール座間

11月14日 宮崎市民文化ホール

11月16日 福岡サンパレス

11月17日 長崎ブリックホール

11月21日 北海道厚生年金会館

11月23日 NHKホール

11月28日 大阪フェスティバルホール

11月29日 大阪フェスティバルホール

・編成:

Vo.&Key.松たか子

Gt.&Musical Director:佐橋佳幸

Dr.鎌田清

Ba.萩原 “メッケン” 基文

Key.Dr.KYON

Key.柴田俊文

Sax.山本拓夫

Tp.西村浩二

Cho.大滝裕子

2007年 Matsu Takako concert tour 2007 "I Cherish You" 5月18日 パルテノン多摩

5月20日 文化パルク城陽

5月22日 須坂市文化会館メセナホール

5月24日 神戸国際会館国際ホール

5月25日 大阪フェスティバルホール

5月27日 広島県立文化芸術ホール

5月29日 高知県民文化ホール

5月31日 宮城県民会館

6月6日 関市文化会館

6月8日 静岡市民文化会館

6月10日 大宮ソニックシティ

6月15日 神奈川県民ホール

6月17日 愛知県芸術劇場

6月19日 富山オーバード・ホール

6月21日 中野サンプラザホール

6月23日 宮崎市民文化ホール

6月26日 中野サンプラザホール

6月29日 福岡市民会館

・編成:

Vo.&Key.&Hca.松たか子

Key.&Band Mas:柴田俊文

Gt.石成正人

Dr.河村”カースケ”智康

Ba.tatsu

Vn.&Cho.金子飛鳥

Cho.大滝裕子

Musical Director:佐橋佳幸

AI.毛利泰士

2010年 Takako Matsu Concert Tour 2010 "Time for Music" 1月16日 福生市民会館

1月17日 愛知県勤労会館

1月23日 富田林すばるホール

1月24日 NHK 大阪ホール

1月29日 三島市民文化会館ゆうゆうホール

1月30日 中野サンプラザホール

2月5日 サンシティ越谷市民ホール

2月6日 横須賀芸術劇場

2月12日 松戸 森のホール21 大ホール

2月27日 大分エイトピアおおの

(豊後大野市総合文化センター)

2月28日 福岡 イムズホール

・編成:

Vo.&Key.&Rec.&Per.松たか子

Gt.&Cho.&Arr.&Musical Director:佐橋佳幸

Key.柴田俊文

Sax.&Fl.&Per.&Cho.山本拓夫

Ba.川内啓史

Dr.小笠原拓海

安斎肇がオフィシャルグッズデザインを担当

真田広之がスペシャルゲストとして大阪公演に出演


受賞歴

その他

書籍

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.122.
  2. ^ 日本タレント名鑑(VIPタイムズ社)
  3. ^ 日経BP刊『日経エンタテインメント!』1997年11月号より。
  4. ^ ホーム > 各種統計 > 有料音楽配信認定 > 2014年6月”. 一般社団法人 日本レコード協会. 2015年7月7日閲覧。
  5. ^ 松たか子 第1子妊娠6カ月を発表!結婚7年目待望のオメデタ”. Sponichi Annex (2014年11月27日). 2015年7月7日閲覧。
  6. ^ “松たか子 第1子女児出産「3466グラム 感謝の気持ちでいっぱい」”. Sponichi Annex. (2015年3月30日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/03/30/kiji/K20150330010081950.html 2015年3月30日閲覧。 
  7. ^ 松たか子が舞台で仕事復帰 ブランク感じさせない熱演で魅了”. SANSPO.COM (2015年7月7日). 2015年7月7日閲覧。
  8. ^ 松たか子、5年ぶり連ドラ主演 満島ひかりと初共演で“弦楽四重奏”挑戦”. 2016年11月30日閲覧。
  9. ^ 17年“最も質の高いドラマ”は『カルテット』~「年間ドラマ賞」で最多5部門受賞”. 2018年2月26日閲覧。
  10. ^ 松たか子、次期朝ドラ『わろてんか』主題歌に決定 NHKドラマに楽曲初提供”. 2017年8月17日閲覧。
  11. ^ “松たか子「豪華なお祭り」18年ぶり出場/紅白リハ”. 日刊スポーツ. (2017年12月31日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201712310000024.html 
  12. ^ “松田龍平主演「泣き虫しょったんの奇跡」に永山絢斗、染谷将太、妻夫木聡、松たか子ら結集!”. 映画.com. (2018年3月16日). http://eiga.com/news/20180316/4/ 2018年3月16日閲覧。 
  13. ^ “山田孝之×佐藤健×荒川良々『ハード・コア』に松たか子参戦!気になるシーン満載のポスターも”. Movie Walker. (2018年8月29日). https://movie.walkerplus.com/news/article/160216/ 2018年8月29日閲覧。 
  14. ^ “「怖くて脚本を読むのも大変」岡田准一がホラー映画で中島哲也監督と初タッグ”. ニュースウォーカー (KADOKAWA). (2018年2月12日). https://news.walkerplus.com/article/137059/ 2018年2月12日閲覧。 
  15. ^ “木村拓哉×長澤まさみ「マスカレード・ホテル」追加キャスト20名登場の予告公開”. 映画ナタリー. (2018年10月18日). https://natalie.mu/eiga/news/304104 2018年10月18日閲覧。 
  16. ^ “岩井俊二:新作恋愛映画に松たか子主演 広瀬すず、神木隆之介、福山雅治らも”. まんたんウェブ. (2018年8月3日). https://mantan-web.jp/article/20180802dog00m200078000c.html 2018年8月3日閲覧。 
  17. ^ 映画『ラストレター』松たか子主演×岩井俊二監督、手紙の行き違いで始まった淡いラブストーリー”. 2019年10月3日閲覧。
  18. ^ “役所広司×小泉堯史で司馬遼太郎「峠」を初映像化、松たか子、田中泯ら出演”. 映画ナタリー. (2018年9月4日). https://natalie.mu/eiga/news/298122 2018年9月4日閲覧。 
  19. ^ ブレイブ ストーリー”. GONZO公式サイト. 2016年6月28日閲覧。
  20. ^ a b c d e 妹アナとダブル主人公
  21. ^ 松たか子「アナと雪の女王」でディズニー映画吹き替えに初挑戦”. 映画.com. 2014年1月8日閲覧。
  22. ^ 新キャスト発表!”. 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? 公式ブログ (2017年6月12日). 2017年6月12日閲覧。
  23. ^ “話題のふきカエ シュガー・ラッシュ:オンライン”. ふきカエル大作戦!!. (2018年12月16日). https://www.fukikaeru.com/?p=10747 2018年12月22日閲覧。 
  24. ^ 松たか子、神田沙也加が「アナと雪の女王2」日本版に続投”. 2019年7月11日閲覧。
  25. ^ “「クイーン」の名盤「オペラ座の夜」で「ロミオとジュリエット」…野田秀樹氏が舞台化”. (2019年6月13日). https://hochi.news/articles/20190612-OHT1T50220.html 
  26. ^ NODA・MAP×SME×SMP主催公演 QUEEN『オペラ座の夜』の世界観を舞台化『Q: A Night At The Kabuki』公演決定!”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2019年6月14日閲覧。
  27. ^ 2019/2020シーズン演劇「長塚圭史 新作」”. 2019年10月閲覧。
  28. ^ “東山紀之&松たか子、ドラマ初共演「実現に3年待った」”. ORICON STYLE. (2016年5月16日). http://www.oricon.co.jp/news/2071785/full/ 2016年5月16日閲覧。 
  29. ^ “松たか子、5年ぶり連ドラ主演 満島ひかりと初共演で“弦楽四重奏”挑戦”. ORICON STYLE. (2016年11月30日). http://www.oricon.co.jp/news/2082246/full/ 2016年11月30日閲覧。 
  30. ^ “松たか子、金子ノブアキら、ドラマ『コートダジュールN°10』出演へ 全9話のオールキャスト発表”. リアルサウンド (株式会社blueprint). (2017年9月22日). https://realsound.jp/movie/2017/09/post-111532.html 2019年6月8日閲覧。 
  31. ^ “大泉洋と松たか子「ノーサイド・ゲーム」で夫婦に、中村芝翫&上川隆也も出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年6月8日). https://natalie.mu/eiga/news/334748 2019年6月8日閲覧。 
  32. ^ 17年1月期“最も質の高いドラマ”は『カルテット』〜「第7回コンフィデンスドラマ賞」で最多5部門受賞(2017年4月28日)、オリコンニュース、2017年4月28日閲覧。
  33. ^ 第92回主演女優賞ザテレビジョンKADOKAWA、2017年5月10日閲覧。
  34. ^ 第32回 日本ゴールドディスク大賞」受賞作品・アーティスト(2018年2月27日)
  35. ^ 松たか子、「岩谷時子賞」受賞に驚き隠せず 「なぜ私なのかという思い」(2018年6月11日、オリコンニュース)

関連項目

外部リンク