田中泯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たなか みん
田中 泯
生年月日 1945年3月10日(70歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
国籍 日本
身長 170cm
職業 舞踊家
ジャンル 映画舞台オペラ
公式サイト 田中泯公式サイト

田中 泯(たなか みん、1945年3月10日 - )は、日本ダンサー舞踊家。独特の表現活動を行っており、本人は表現行為というものはその場で体感しなければ知ることができないとし、それを言葉で分類・ジャンル分け、ひとくくりにすることで、その言葉の聞き手が分かったようなつもり、知っているようなつもりになることに関して同意していないので、「」や「俳優」などと肩書きがつくのを「間違い」「誤解」としている。

来歴[編集]

クラシックバレエを学び、その後モダンダンスを学ぶ。1966年よりモダンダンサーとして活躍。1974年より独自の踊りを開始する。「ハイパーダンス」と称した踊りは、ゆるやかで微細な動きで身体の潜在性を掘り起こすパフォーマンスとし、ダンスをはるかに越えて、新しい芸術表現として衝撃をもたらした。当時は、松岡正剛が設立した出版社工作舎の活動にも多くかかわっている。

1978年に、海外での最初のデビューとして、パリ秋季芸術祭「日本の間」展に招待参加(磯崎新武満徹プロデュース、ルーブル装飾美術館)。1980年代には、山梨県を拠点に自然農法による農作業を続け、農業とともにある身体性を真剣に追求していく。「舞塾」「桃花村舞踊団」など自身の舞踊団での公演も多数発表、現在では「場踊り」と称し、一貫したダンスへの取り組みは通底して変わらず継続している。国内外で多くの受賞歴を持つ。土方巽に私淑しているが、ある段階から土方巽の「舞踏」からは離脱し、現在においては「舞踏はもう終わった」と公言してもいる。

映像活動としては、映画『たそがれ清兵衛』(山田洋次監督作品)で初映像出演。第48回キネマ旬報賞新人男優賞、第26回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞・新人俳優賞を受賞した。 テレビドラマへの出演、ナレーションを行うこともある。また映画出演以前には伊丹十三監督の『あげまん』や、NHK大河ドラマ独眼竜政宗』でシーンへの振付を行っている。

[編集]

1970年代より世界中で国籍を問わず数々の身体ワークショップなどを行ってきたため、「田中泯の弟子」を名のる者、自称する人が多数いるが、本人が語る唯一の弟子は石原淋一人としている。

年譜[編集]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

  • 「1億人の富士山スペシャル-いつになったら詩人『金子光晴』」(YBS、2006年) - 朗読・出演
  • NHKスペシャル『ヤノマミ 〜奥アマゾン・原初の森に生きる〜』(NHK、2009年)- ナレーション
  • NHKスペシャル『貧者の兵器とロボット兵器〜自爆将軍ハッカーニの戦争〜』(NHK、2010年)- ナレーション
  • NHKスペシャル 『謎の古代ピラミッド〜発掘・メキシコ地下トンネル〜』(NHK、2014年)- ナレーション
  • 太宰治短編小説集『走れメロス』(NHK衛星第2テレビジョン、2010年)
  • ETV特集人を動かす絵 田中泯 画家ベーコンを踊る(NHK、2013年8月3日(教育)/(NHK、2013年)

CM[編集]

写真集[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]