祖谷物語 おくのひと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
祖谷物語 おくのひと
監督 蔦哲一朗
脚本 蔦哲一朗
河村匡哉
上田真之
出演者 武田梨奈
大西信満
田中泯
撮影 青木穣
配給 ニコニコフィルム
公開 日本の旗 2014年2月15日
上映時間 169分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

祖谷物語 おくのひと』(いやものがたり おくのひと、英語: The Tale of Iya)は、2013年日本映画である。

キャスト[編集]

製作[編集]

2011年秋から2012年夏にかけて徳島県三好市でロケーション撮影がおこなわれ[1]、製作費は三好市から約900万円の補助を受けた[1]35mmフィルムで撮影された[2]。作品の完成までには3年の歳月を費やした[2]

評価[編集]

『Telegraph』のRobbie Collinは5点満点の5点をつけ[3]、『The Japan Times』のMark Schillingは5点満点の4点をつけた[4]

2013年、第26回東京国際映画祭「アジアの風」部門にてスペシャル・メンションを受賞する[5]

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b トロムソ国際映画祭で最高賞を受賞した三好市出身の映画監督蔦哲一朗(つたてついちろう)さん”. 徳島新聞 (2014年2月20日). 2014年3月31日閲覧。
  2. ^ a b 弱冠29歳の新鋭・蔦哲一朗監督の「祖谷物語 おくのひと」が封切り”. 映画.com (2014年2月15日). 2014年3月31日閲覧。
  3. ^ Robbie Collin (2013年10月22日). “The Tale of Iya, review”. Telegraph. 2014年3月31日閲覧。
  4. ^ Mark Schilling (2014年2月13日). “'Iya Monogatari: Oku no Hito (The Tale of Iya)'”. The Japan Times. 2014年3月31日閲覧。
  5. ^ ビジョンに欠ける東京 現場の熱意生かす必要”. 河北新報 (2013年10月27日). 2014年3月31日閲覧。
  6. ^ 第6回 TAMA映画賞”. TAMA CINEMA FORUM (2014年10月9日). 2014年10月9日閲覧。

外部リンク[編集]