大西信満

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おおにし しま
大西 信満
本名 大西 信満
生年月日 (1975-08-22) 1975年8月22日(43歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県
身長 173cm
血液型 B型
職業 俳優
事務所 株式会社 ディケイド
公式サイト http://www.decadeinc.com/actor/shima-onishi/
主な作品
映画
赤目四十八瀧心中未遂
キャタピラー
さよなら渓谷
テレビドラマ
柴公園

大西 信満(おおにし しま、1975年8月22日 - )は、日本の俳優。神奈川県出身。ディケイド所属。旧芸名は大西 滝次郎(おおにし たきじろう)。2003年、「赤目四十八瀧心中未遂」で映画初出演にして主演に抜擢され、第58回毎日映画コンクール・スポニチグランプリ新人賞、第13回日本映画批評家大賞・新人賞を受賞。若松孝二監督作品に多数出演しており、2008年の映画「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」に続く2010年の映画「キャタピラー」では、日中戦争で四肢を失った傷痍軍人の壮絶な苦しみを怪演[1]。2013年、吉田修一の同名小説を映画化した「さよなら渓谷」では、大学時代に集団レイプした女性被害者との複雑な人生模様を演じ、注目された。大西自身は、早くから原作の映画化を希望し、5年以上かけて制作にもかかわっていた[2]

受賞歴[編集]

2003年度
第58回毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞(『赤目四十八瀧心中未遂』)
第13回日本映画批評家大賞 新人賞(『赤目四十八瀧心中未遂』)
2010年度 
第2回TAMA映画賞 最優秀新進男優賞(『キャタピラー』)受賞理由:戦争によって奪われた手足と甦る悪夢、それでも本能のままに「生きていかねばならない」帰還兵の苦しみと痛みを全身全霊で表現した。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

PV[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ・手足がなく、口もきけない壮絶な苦しみを表現するため、自ら壁に頭をぶつけて血まみれになっていたことが語られている。『若松孝二キャタピーラー』游学社(2010)p70-72
  2. ^ youtube: 伊藤さとりと映画な仲間たち Vol/61 さよなら渓谷 大西信満 (2013) https://youtu.be/-4T7Lk3h2gs
  3. ^ 出演者”. 映画「華魂 幻影」公式ホームページ. 2017年9月30日閲覧。
  4. ^ “大西信満×渋川清彦「ろくでなし」支援者募集、奥田庸介が人間の孤独と欲望描く”. 映画ナタリー. (2016年12月14日). http://natalie.mu/eiga/news/212941 2016年12月15日閲覧。 
  5. ^ “八甲田丸で撮影中!出演者が意気込みを語る!”. NHK PR. (2016年6月1日). http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/preview.html?i=06030 2016年9月1日閲覧。 

外部リンク[編集]