白石和彌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
しらいし かずや
白石 和彌
白石 和彌
生年月日 (1974-12-17) 1974年12月17日(47歳)
出生地 日本の旗 日本 北海道旭川市
職業 映画監督
ジャンル 映画
活動期間 2009年 -
事務所 フラミンゴ(映画)
ROBOT(CM企画・演出)
主な作品
映画
凶悪
日本で一番悪い奴ら
彼女がその名を知らない鳥たち
止められるか、俺たちを
孤狼の血』シリーズ
 
受賞
日本アカデミー賞
優秀監督賞
2013年凶悪
2018年孤狼の血
2021年孤狼の血 LEVEL2
優秀脚本賞
2013年『凶悪』
ブルーリボン賞
監督賞
2017年彼女がその名を知らない鳥たち
2018年孤狼の血
その他の賞
受賞歴参照
テンプレートを表示

白石 和彌(しらいし かずや、1974年12月17日[1] - )は、日本映画監督北海道旭川市出身[2]。マネージメントは有限会社フラミンゴ(映画)、およびROBOT(CM企画・演出、2019年より)[3]。既婚。

略歴[編集]

北海道旭川西高等学校卒業。高校ではサッカー部に在籍した[4]札幌市の映像技術系専門学校を卒業するも仕事が見つからずに上京[5]。1995年、中村幻児監督主催の映像塾に3期生として参加。 以後、若松孝二監督に師事し、フリーの演出部として行定勲犬童一心監督などの様々な作品に参加。2009年、『ロストパラダイス・イン・トーキョー』が長編デビュー作。

2017年、『彼女がその名を知らない鳥たち』でブルーリボン賞監督賞に輝くと、2018年にも『孤狼の血』、『止められるか、俺たちを』、『サニー/32』で同賞を受賞し、2年連続の受賞は今井正市川崑に続く3人目の快挙となった[6]。『止められるか、俺たちを』では2012年に亡くなった師匠の若松孝二が設立した若松プロダクションを題材に若松プロの映画に出演してきた俳優たちとともに青春群像劇を作り上げた[7]

2018年以降、監督作品を年3本以上公開するなど、多作ぶりをみせている。

人物[編集]

アウトローの世界を描いた作品を得意とし、2013年に凶悪殺人事件を題材とした映画『凶悪』で数々の映画賞を受賞し映画監督として注目を集める存在となる[8]

影響を受けた作品にブロックバスタームービー(大作映画)、中学生で観た日活ロマンポルノ、『仁義なき戦い』などを挙げている[9]

監督作品の中にたびたび「のエキス」というアイテムが登場するが、これは師匠若松孝二が映画を撮れなかった時期に生計を立てるために輸入して失敗した商品であり、師へのオマージュである[10]。また、ヒーローと考えている登場人物には痰を吐かせるという定番の演出がある[10]

旭川西高校の1学年下の後輩である音尾琢真は、『日本で一番悪い奴ら』以降、多くの作品に出演しており、白石組の常連俳優である[11][12]

監督作品[編集]

映画[編集]

ドラマ[編集]

その他[編集]

受賞歴[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 映画『凶悪』公式サイト
  2. ^ 赤木国香 (2013年10月19日). “<さすらいのシネマ堂>凶悪*浮かび上がる人間の業”. 北海道新聞旭川支社 (北海道新聞社). オリジナルの2014年4月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140419015006/http://asahikawa.hokkaido-np.co.jp/odoru_shinema_tengoku/20131019.html 2019年4月28日閲覧。 
  3. ^ 映画監督 白石和彌 CM企画・演出領域 マネージメント契約締結のお知らせ (PDF)”. ROBOT (2019年10月15日). 2020年10月18日閲覧。
  4. ^ WEBザテレビジョン. “音尾琢真が“先輩”白石和彌監督の悪事を暴露!?” (日本語). WEBザテレビジョン. 2022年5月2日閲覧。
  5. ^ 【夢のつかみ方】映画監督・白石和彌さん(前編)〜「やってやる!」という気概〜”. こどもまなび☆ラボ (2018年5月17日). 2019年4月28日閲覧。
  6. ^ a b 「孤狼の血」白石和彌監督、2年連続で監督賞も困惑/ブルーリボン賞”. サンケイスポーツ (2019年1月21日). 2019年2月2日閲覧。
  7. ^ 「「権力側からものを見ない」白石和彌監督が師匠・若松孝二監督から学んだこと”. AbemaTIMES (2018年10月1日). 2019年2月2日閲覧。
  8. ^ 女子中学生たちと“トイレ映画”作り!“凶悪”のイメージを払拭したい白石和彌監督”. シネマトゥデイ (2015年7月15日). 2019年2月2日閲覧。
  9. ^ きっかけは日活ロマンポルノ!? 今、日本映画界で最も注目される監督・白石和彌の素顔に迫る:前編”. テレ東プラス. テレビ東京 (2019年3月7日). 2019年3月16日閲覧。
  10. ^ a b 編集部, ABEMA TIMES. “『孤狼の血』白石和彌監督の映画に頻出する“鮫エキス”の元ネタは?「僕の師匠である若松孝二監督が昔…」 | ドラマ”. ABEMA TIMES. 2022年3月23日閲覧。
  11. ^ ジョルダン. “「最高に素晴らしい!!」と音尾琢真、賞賛!!音尾の役柄・そして出演経緯には場内爆笑!!映画『サニー/32』白石和彌監督×音尾琢真トークイベント” (日本語). 映画の時間ニュース. 2022年5月2日閲覧。
  12. ^ 編集部, ABEMA TIMES. “音尾琢真、白石組に9回参加するも常連のプレッシャー「急に呼ばれなくなるんじゃないか」 | ドラマ”. ABEMA TIMES. 2022年5月2日閲覧。
  13. ^ “佐藤健×鈴木亮平×松岡茉優×田中裕子が家族に 白石和彌監督最新作『ひとよ』今秋公開決定”. Real Sound. (2019年3月29日). https://realsound.jp/movie/2019/03/post-339827.html 2019年5月15日閲覧。 
  14. ^ 仮面ライダーBLACK SUN 制作決定!”. 仮面ライダーWEB【公式】. 東映. 2021年4月3日閲覧。
  15. ^ 「仮面ライダーBLACK」がリブート、監督は「孤狼の血」の白石和彌”. 映画ナタリー. 2021年4月3日閲覧。
  16. ^ “報知映画賞、『舟を編む』『凶悪』が3冠 主演男優賞に松田龍平、「石井裕也監督のおかげ」”. Billboard JAPAN (株式会社阪神コンテンツリンク). (2013年12月18日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/17101/2 2019年4月28日閲覧。 
  17. ^ 映画『凶悪』新藤兼人賞2013【金賞】、白石和彌監督が受賞!”. CINEMA TOPICS ONLINE. 2013年11月18日閲覧。
  18. ^ 2013年日本映画個人賞”. 第35回ヨコハマ映画祭. 2013年12月7日閲覧。
  19. ^ “第37回日本アカデミー賞は「大接戦」 優秀作品賞は異例の6作品選出”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2014年1月16日). https://eiga.com/news/20140116/12/ 2019年4月28日閲覧。 
  20. ^ “「彼女がその名を知らない鳥たち」トロント映画祭出品決定!本ポスターも公開”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2017年8月16日). http://eiga.com/news/20170816/7/ 2017年8月16日閲覧。 
  21. ^ 第39回ヨコハマ映画祭 2017年日本映画個人賞” (2017年12月2日). 2017年12月4日閲覧。
  22. ^ ブルーリボン賞「あゝ、荒野」が作品賞に、阿部サダヲ&新垣結衣も受賞映画ナタリー(2018年1月24日), 2018年1月24日閲覧。
  23. ^ 白石和彌が日スポ大賞監督賞を受賞、恩師・若松孝二に感謝「僕を作ってくれた人」”. 映画ナタリー (2018年12月28日). 2019年2月2日閲覧。
  24. ^ “第42回日本アカデミー賞、「万引き家族」「孤狼の血」「北の桜守」が最多12部門で優秀賞”. 映画.com. (2019年1月15日). https://eiga.com/news/20190115/12/ 2019年5月21日閲覧。 
  25. ^ 第28回受賞作品”. 日本映画批評家大賞. 2019年5月21日閲覧。
  26. ^ キネマ旬報ベスト・テン 「火口のふたり」が日本映画1位に”. NHKニュース (2020年2月4日). 2020年2月5日閲覧。
  27. ^ 令和元年度(第70回)芸術選奨受賞者一覧
  28. ^ 株式会社東宝ステラ 『「シン・ウルトラマン」パンフレット』東宝株式会社映像事業部、2022年5月13日、38頁。 

外部リンク[編集]