三島有紀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
みしま ゆきこ
三島 有紀子
三島 有紀子
生年月日 (1969-04-22) 1969年4月22日(49歳)
出生地 日本の旗 日本 大阪府大阪市北区北新地[1]
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画テレビドラマドキュメンタリー
公式サイト 三島有紀子公式ブログ
主な作品

映画
しあわせのパン
繕い裁つ人
少女
幼な子われらに生まれ

テレビドラマ
『レディレディ〜トイレで泣いたことありますか?〜』

三島 有紀子(みしま ゆきこ、1969年4月22日[2] - )は、日本映画監督脚本家

来歴[編集]

大阪府大阪市北区北新地生まれ[1]。名前は父が付けた本名であり、三島由紀夫に由来する[3]。4歳から近所の名画座に通い、小学生の頃にはすでに映画監督を志していた[4]大阪府立豊中高等学校時代に演劇に目覚める[5]

神戸女学院大学文学部在籍中に、アルバイトで貯めた資金で自主映画『夢を見ようよ』の脚本と監督を手がけた[2]

大学卒業後、1992年にNHKに入局[2]。『NHKスペシャル』『トップランナー』などのドキュメンタリー作品を企画・監督した[6]

劇映画を撮るため退局後、東映京都撮影所などで助監督、脚本執筆などを経て『刺青 匂ひ月のごとく』で映画監督デビュー[2]

脚本を担当した『世界がお前を呼ばないなら』が2009年サンダンス・NHK国際映像作家賞の優秀作品に選出される[7]

脚本・監督を務めた『ぶどうのなみだ』(2014年)は第38回モントリオール世界映画祭のワールド・グレイツ部門に招待された[8]。企画・監督を務めた『繕い裁つ人』(2015年)は、第16回全州国際映画祭、第18回上海国際映画祭日本映画週間に招待された[9]

2017年、『幼な子われらに生まれ』が第41回モントリオール世界映画祭で、最高賞のグランプリに次ぐ審査員特別グランプリを受賞した[10]。第42回報知映画賞では監督賞を受賞した。女性監督の受賞は西川美和監督以来、2人目である[11]。また、映画人の育成を図り功績をたたえる山路ふみ子映画賞では作品賞を受賞した[12]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

  • D×TOWN「心の音-ココノネ-」(2012年8月10日・17日・24日・31日、テレビ東京) 監督・脚本
  • 石坂線物語「華の火」(2012年10月、NHK) 監督・脚本
  • 中京テレビスペシャルドラマ「レディレディ〜トイレで泣いたこと、ありますか?〜」(2013年12月22日、中京テレビ) 監督
    東京ドラマアウォード2014年ローカル・ドラマ賞受賞作品[15]
  • ドラマW硝子の葦」(2015年2月、WOWOW) 監督
  • ドラマW「東京すみっこごはん」(放送中止、WOWOW) 監督[16][17][18][19]

ドキュメンタリー[編集]

著作[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 三島有紀子 (2008年9月22日). “このブログ・サイトについて。”. yukikomishimafilm. 2018年7月9日閲覧。
  2. ^ a b c d “【報知映画賞】2人目の女性の監督賞に「震えが止まらない」三島有紀子監督”. スポーツ報知. (2017年11月29日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171128-OHT1T50297.html 2017年12月18日閲覧。 
  3. ^ “三島有紀子 - FILT”. FILT. http://filt.jp/lite/issue73/s02.html 2017年12月18日閲覧。 
  4. ^ “【神戸女学院大学卒業 三島有紀子さんに聞く”. 神戸新聞社. https://www.kobe-np.co.jp/info/go_university/interview2.html 2017年12月18日閲覧。 
  5. ^ “女子の友だち関係って恋愛に近い”. Filmers. (2016年10月7日). http://filmers.jp/articles/2016/10/07/post_99/ 2017年12月18日閲覧。 
  6. ^ “映像クリエーターの制作ノート 「幼な子われらに生まれ」 三島 有紀子さん”. 小説丸 (小学館). http://www.shosetsu-maru.com/storybox/creator/52 2017年12月18日閲覧。 
  7. ^ AFF + Sundance Institute/NHK Award”. www.nhk.or.jp. 2018年8月16日閲覧。
  8. ^ 「今生きているみなさまのために 自分にしか作れないものを目指して――」 『繕い裁つ人』三島有紀子監督インタビュー - インタビュー&レポート | ぴあ関西版WEB”. kansai.pia.co.jp. 2018年8月16日閲覧。
  9. ^ 第71回「スポーツ報知特選試写会」〜第42回報知映画賞二部門受賞記念特別上映〜”. はぴよみひろば. 宮城県読売会 (2018年6月26日). 2018年8月18日閲覧。
  10. ^ “三島監督作品が特別賞 モントリオール映画祭”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年9月5日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170905/geo17090510330019-n1.html 2017年9月6日閲覧。 
  11. ^ “【報知映画賞】2人目の女性の監督賞に「震えが止まらない」三島有紀子監督”. スポーツ報知. (2017-1129). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171128-OHT1T50297.html 2017年12月4日閲覧。 
  12. ^ “三島有紀子、田中麗奈、石橋静河らが山路ふみ子映画賞の贈呈式に出席”. 映画ナタリー. (2017年11月24日). https://natalie.mu/eiga/news/258038 2018年7月22日閲覧。 
  13. ^ “田中麗奈、重松清「幼な子われらに生まれ」映画化で浅野忠信と初共演!”. 映画.com. (2016年6月9日). http://eiga.com/news/20160609/1/ 2016年6月9日閲覧。 
  14. ^ “映画『ビブリア古書堂の事件手帖』黒木華×野村周平で人気ミステリー小説を実写化、監督に三島有紀子”. FASHION PRESS. (2018年5月25日). https://www.fashion-press.net/news/34858 2018年7月23日閲覧。 
  15. ^ “東京ドラマアウォード2014 ローカル・ドラマ賞 受賞”. 中京テレビ. (2014年10月23日). http://www.ctv.co.jp/company/press/2014/20141023.pdf 2018年7月23日閲覧。 
  16. ^ 黒島結菜が「ごはん」で成長する女子高生に ドラマ『東京すみっこごはん』”. CINRA.NET (2017年1月27日). 2018年8月17日閲覧。
  17. ^ 黒島結菜「東京すみっこごはん」実写化ドラマ主演!料理シーンにも挑戦”. 映画.com (2017年1月27日). 2018年8月17日閲覧。
  18. ^ 黒島結菜主演、連続ドラマW「東京すみっこごはん」5月放送スタート”. 映画ナタリー (2017年1月27日). 2018年8月17日閲覧。
  19. ^ 黒島結菜、主演ドラマで料理に挑戦 『東京すみっこごはん』連ドラ化”. ORICON NEWS (2017年1月27日). 2018年8月17日閲覧。

外部リンク[編集]