しあわせのパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
しあわせのパン
監督 三島有紀子
脚本 三島有紀子
出演者 原田知世
大泉洋
音楽 安川午朗
主題歌 矢野顕子 with 忌野清志郎
「ひとつだけ」
配給 アスミック・エース
公開 日本の旗 2012年1月28日
上映時間 114分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 3.8億円[1]
テンプレートを表示

しあわせのパン』は、日本の映画作品。2012年1月21日北海道先行公開され、同年1月28日に全国公開された。監督・脚本は三島有紀子で、長編では初監督作品である。主演は原田知世大泉洋

解説[編集]

東京から北海道の洞爺湖の畔に移り住み、小さなオーベルジュ式のパンカフェ「マーニ」を営む夫婦と、そこに訪れる客たちとのふれあいを描く。

監督は『刺青 匂ひ月のごとく』の三島有紀子で、主題歌である矢野顕子 with 忌野清志郎の「ひとつだけ」にインスパイアされ、本作の脚本を書き下ろした[2]

北海道洞爺湖町月浦地区に実在する店がモデルとなっており、すべてのシーンが実際の店舗を含め北海道で撮影された。2011年1月28日にクランクアップの様子がUstreamで生中継された。

キャッチコピーは「わけあうたびに わかりあえる 気がする」。

北海道12スクリーンの先行公開で映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)第20位を記録し、続く全国公開では全国47スクリーンという小規模公開ながら、2012年1月28、29日の初日2日間で興収3,550万620円、動員2万6,130人になり映画観客動員ランキングで第10位を記録した[3]

あらすじ[編集]

小さな2階建ロッジのパン屋が湖畔に開店した。夫の「水縞尚(みずしま なお)」(大泉洋)が焼くパンと、妻の「りえ」(原田知世)が入れるおいしいコーヒーが自慢の店。店名は、りえがお気に入りの絵本「月とマーニ」にちなんで「カフェマーニ」。たちまち近所で人気の店になり、子沢山で農家経営の広川一家、謎のトランクを持った阿部さん(あがた森魚)、地獄耳のガラス作家・陽子さん(余貴美子)、そして毎日配達にきてくれる郵便屋さん(本多力)などの常連客に憩いの場を提供する。薪の竃で焼いたパンの他、自家菜園の野菜を使った料理も絶品。1階のテーブル席では、大きな窓に湖畔の景色が映え、日が没すると月夜が輝く。2階は簡易宿泊所になっており、ときどき、正面のバス停を利用して遠方から旅行客も訪れる。

彼氏にふられ、沖縄旅行をドタキャンされた香織(森カンナ)が一人でやってくる。意気消沈していた彼女の心は、水縞夫婦や地元の青年・山下君(平岡祐太)のもてなしで徐々に癒されてゆく。

バス停に一人でたたずむ小学生の少女・未久(八木優希)。登校拒否を察したりえは、彼女を店内に招き入れ、ホットミルクをふるまう。やがて、父親も訪れ、事情がわかってくるが。

雪で閉ざされたある日、有珠駅に降り立った一組の老夫婦(中村嘉葎雄渡辺美佐子)からの関西弁の電話。尚がワゴン車で迎えにゆく。50年程前の新婚旅行を思い出し、月を見たいと言っているが。

雪が解け、郵便屋さんが、老夫婦からの礼状を配達してくれる。そして、尚はついに、たったひとつの欲しい物を手に入れる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ キネマ旬報」2013年2月下旬決算特別号 210頁
  2. ^ 矢野顕子×清志郎の曲が原田知世&大泉洋映画主題歌”. ナタリー. ナターシャ (2011年10月4日). 2011年10月6日閲覧。
  3. ^ 『ALWAYS』がV2で10億円!『ミッション:インポッシブル』は50億円突破!! AKBドキュメンタリーは7位初登場!!シネマトゥデイ 2012年2月1日

関連項目[編集]

  • はじめてのやのあきこ - 主題歌に使われた忌野清志郎との共演による「ひとつだけ」が収録された矢野顕子のアルバム。

外部リンク[編集]