あにいもうと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

あにいもうと』は、室生犀星1934年(昭和9年)に発表した小説、ならびにそれを原作とした日本映画テレビドラマ

元々仲が良かったが、妹の妊娠を機に激しく対立する兄妹の複雑な愛情を描く。主人公の赤座もんは、室生犀星の養母・赤井ハツがモデルとなっている。1934年(昭和9年)に『文藝春秋』7月号にて発表、1935年(昭和10年)に第1回文芸懇話会賞を受賞。

映画[編集]

これまで3度映画化されている。

1936年版[編集]

兄いもうと』のタイトルで1936年(昭和11年)6月21日に公開。製作はP.C.L.、配給は東宝モノクロ。上映時間は61分[1]

スタッフ
キャスト

1953年版[編集]

1976年版[編集]

あにいもうと
監督 今井正
脚本 水木洋子
原作 室生犀星『あにいもうと』
製作 椎野英之
金子正旦
出演者 秋吉久美子
草刈正雄
音楽 渋谷毅
撮影 原一民
編集 小川信夫
製作会社 東宝
配給 東宝
公開 日本の旗1976年10月23日
上映時間 88分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1976年(昭和51年)10月23日公開。製作は東宝映画。配給は東宝。カラー。上映時間は88分。1976年度キネマ旬報ベストテン第6位。第19回ブルーリボン賞主演女優賞(秋吉久美子)・助演男優賞(大滝秀治)受賞。

同時上映は『星と嵐』(原作:池田一朗出目昌伸/監督:出目昌伸/主演:三浦友和)。

スタッフ
キャスト

ほか

テレビドラマ[編集]

1958年版[編集]

東芝日曜劇場
第102回「兄いもうと」
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:15 - 22:15
放送期間 1958年11月9日
放送国 日本の旗 日本
制作局 KRテレビ
演出 山本隆則
原作 室生犀星
脚本 金子洋文
出演者 水谷八重子
伊志井寛ほか
テンプレートを表示

兄いもうと』のタイトルで、1958年(昭和33年)11月9日KRテレビ系列「東芝日曜劇場」枠(21:15 - 22:15)にて放映。

キャスト
スタッフ
KRテレビ系列 東芝日曜劇場
前番組 番組名 次番組
写楽の大首
(1958.11.2)
兄いもうと
(1958.11.9)
マンモスタワー
(1958.11.16)

1959年版[編集]

1959年(昭和34年)3月11日日本テレビ系列「ヤシカゴールデン劇場」枠(水曜20:00 - 21:00)にて放映。

キャスト
日本テレビ ヤシカゴールデン劇場
前番組 番組名 次番組
落陽
(1959.3.4)
あにいもうと
(1959.3.11)
並木河岸
(1959.3.18)

1960年版(NET)[編集]

兄いもうと』のタイトルで、1960年(昭和35年)1月28日NETテレビ系列「文芸劇場」枠(木曜20:00 - 21:00)にて放映。水谷八重子が再び主人公もん役で出演。

キャスト
NET 文芸劇場
前番組 番組名 次番組
お富の貞操
(1960.1.21)
兄いもうと
(1960.1.28)
雨に燃える
(1960.2.4)

1960年版(CX)[編集]

1960年(昭和35年)8月7日フジテレビ系列「百万人の劇場」枠(日曜22:00 - 22:45)にて放映。

キャスト
フジテレビ 百万人の劇場
前番組 番組名 次番組
木村長門守
(1960.7.31)
あにいもうと
(1960.8.7)
おはん
(1960.8.14)

1972年版[編集]

東芝日曜劇場
第821回「あにいもうと」
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:30 - 22:26
放送期間 1972年9月3日
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBSテレビ
演出 宮武昭夫
原作 室生犀星
脚本 山田洋次
プロデューサー 石井ふく子
出演者 渥美清
倍賞千恵子ほか
テンプレートを表示

1972年(昭和47年)9月3日TBS系列『東芝日曜劇場』枠(21:30 - 22:26)にて放映。脚本を山田洋次が担当し、兄伊之助役に渥美清、妹もん役に倍賞千恵子と『男はつらいよ』シリーズの面々が顔を揃えた。

キャスト
スタッフ
TBS系列 東芝日曜劇場
前番組 番組名 次番組
ある夏の終り
HBC制作)
(1972.8.27)
あにいもうと
(1972.9.3)
もしか或る日
(1972.9.10)

1995年版[編集]

1995年(平成7年)9月12日テレビ東京系列『火曜ゴールデンワイド』特別企画として放映。

キャスト
スタッフ

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]