細川俊之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ほそかわ としゆき
細川 俊之
本名 細川 俊之(同じ)
生年月日 (1940-12-15) 1940年12月15日
没年月日 (2011-01-14) 2011年1月14日(70歳没)
出生地 日本の旗 日本 福岡県小倉市(現・北九州市
山口県下関市育ち)
死没地 日本の旗 日本 東京都
国籍 日本の旗 日本
職業 俳優大阪芸術大学芸術学部舞台芸術学科教授(演技演出)
ジャンル 舞台、映画、テレビドラマ、ディスクジョッキー
活動期間 1963年 - 2011年
活動内容 #来歴・人物を参照
配偶者 小川眞由美1967年 - 1973年
藤本典江(1974年 - 2011年
主な作品
テレビドラマ
ムー一族
はね駒
家なき子
八代将軍吉宗
毛利元就
向井荒太の動物日記 〜愛犬ロシナンテの災難〜
映画
女囚さそり 701号怨み節
ラヂオの時間
ラジオ番組
ワールド・オブ・エレガンス

細川 俊之(ほそかわ としゆき、1940年(昭和15年)12月15日 - 2011年(平成23年)1月14日)は、日本俳優福岡県生まれ、山口県下関市育ち[1]。所属事務所は活動屋。山口県立豊浦高等学校卒業、学習院大学政経学部中退。

来歴・人物[編集]

山口県豊浦郡西市小学校~山口県豊浦郡西市中学校を経て[1]1956年山口県立西市高等学校に入学するが[1]、翌1957年、山口県立豊浦高等学校へ転校[1]。同校を卒業後、1959年、学習院大学政経学部へ入学[1]。大学では演劇部に所属していた。

1961年、大学を中退し、一旦下関に戻った後、再び上京し同年俳優座の試験を受け合格し、俳優座養成所第13期生となる[1]1964年[1]、同養成所卒業と同時に石立鉄男らと文学座研究生となり、初舞台は『無害な毒薬』[1]。文学座では若手の二枚目俳優として次第に実力を高めていく[1]。代表作『シラノ・ド・ベルジュラック』『かもめ』など[1]。文学座は1971年まで在籍し、その後はフリー[1]

1967年、『シラノ・ド・ベルジュラック』での共演が切っ掛けで小川眞由美と結婚するも、1973年に離婚。翌年、宝塚歌劇団48期生宝塚歌劇団卒業生の千 夏記(せん なつき、本名;藤本典江)と再婚した。

「クールな二枚目俳優」として認知度が高いが、硬軟・善悪自在の演技力の持ち主で、『女囚さそり 701号怨み節』における児玉警部役のような、狂気的な悪役も有名。『ムー一族』ではたこ八郎との掛け合いでコミカルな味も見せた。

独特の語り口と美声も知られ、パーソナリティーを務めたラジオ番組『ワールド・オブ・エレガンス』(FM東京他)は、16年半に及ぶ長寿番組となった。声優としては、アニメ『あしたのジョー』(劇場版)の力石徹役が有名である。木の実ナナと共演したミュージカル『ショーガール』は15年間続いた。

1973年には、アラン・ドロンダリダのヒット曲『あまい囁き』の日本語版を中村晃子とのデュエットでカバーした。アラン・ドロンの吹き替えで著名な野沢那智など多数のアーティストとの競作になったが、細川の美声が話題になり、その中で一番のヒットとなった。

1995年糖尿病で入院した。このため、当時出演予定だった映画『ゴジラvsデストロイア』を降板するが、後に復帰を果たした。同年には脳内出血で倒れたこともあると、2009年7月17日放映の「徹子の部屋」で告白した。

2004年より、大阪芸術大学芸術学部舞台芸術学科演出コース教授に就任しており、同1回生を対象に年10回の講義を担当していた。趣味はスキューバダイビング

2011年1月12日午後、自宅で転倒し意識不明の状態で東京都内の病院に搬送されたが、同月14日、急性硬膜下血腫により死去した。70歳没。通夜・葬儀は行わず、生前の意思により献体の手続きがなされた[2]

死去から1年8か月後の2012年9月11日に遺体は荼毘に付され、13日に納骨された[3]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

劇場アニメ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

その他[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. あまい囁き(1973年8月、キング、BS-1737)※共演:中村晃子
    (c/w 砂物語)
  2. 別れの囁き(1974年4月、キング、BS-1802)※共演:藤井美紗
    (c/w 哀愁のメルヘン)
  3. あした君の許へ(1975年10月、クラウン、CW-1528)
    (c/w 冬の恋人)
  4. 海辺の画廊(1976年、PANAM、ZP-16)
    • 作詞:杉紀彦 / 作曲:浜圭介 / 編曲:小笠原寛
    (c/w めざめたら優しい歌を)
  5. 行きずりの街さすらい通り(1976年11月5日、PANAM、ZP-19)
    • 作詞:杉紀彦 / 作曲:小笠原寛 / 編曲:小笠原寛
    (c/w 愛のオデオン)
  6. しのぶ(1977年、クラウン、CW-1666)
    (c/w 來竹桃の花咲けば)
  7. MY BOY(1978年1月25日、PANAM、ZP-33)
    (c/w CAN'T HELP FALLING IN LOVE)
  8. 南青山三丁目(1978年、クラウン、CW-1796)
    (c/w ささやき)
  9. 愛は芳醇な香り(1980年、ワーナー、L-339W)
    (c/w ブラディ・メアリーの夜)

オリジナル・アルバム[編集]

  1. 海辺の画廊(1976年、クラウン、GW-6186)
  2. 風まくら─細川俊之セカンド・アルバム─(1977年、クラウン、GW-6212)
  3. Dedication with Love〜細川俊之プレスリーを唄う! 愛をこめて…toエルヴィス(1977年、PANAM、GWX-62)
  4. めぐり逢い─細川俊之の世界─(1980年、L-12002W、ワーナー)
  5. ワールド・オブ・エレガンス─細川俊之の世界─(1980年、L-12512W、ワーナー)※ナレーション・アルバム
  6. YESTERDAY'S(1981年、キャニオン、C28A0382)※共演:木の実ナナ
  7. ワールド・オブ・エレガンス(1985年、ロンドン、L28B-1114)※一部歌唱を含むナレーション・アルバム。

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 「わたしの履歴書 細川俊之」『週刊平凡』1983年3月10日号、平凡出版、pp.144-147
  2. ^ “細川俊之さん転倒死 献体で帰宅は1年後”. 日刊スポーツ. (2011年1月15日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110115-724685.html 2017年4月12日閲覧。 
  3. ^ 昨年1月死去後献体…の細川俊之さん納骨 - nikkansports.com (2012年9月15日) 2012年9月15日閲覧。