池上季実子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いけがみ きみこ
池上 季実子
本名 臼井 季実子 (うすい きみこ)
生年月日 1959年1月16日(57歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨークマンハッタン
国籍 日本の旗 日本
身長 157 cm[1]
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1974年 -
活動内容 1974年:ドラマデビュー
配偶者 一般男性(1985年 - 1988年
著名な家族 八代目 坂東三津五郎(祖父)
九代目 坂東三津五郎(叔父)
十代目 坂東三津五郎(従兄)
事務所 オスカープロモーション
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
愛と誠
草燃える
おんな太閤記
徳川家康
武田信玄
不倫調査員・片山由美』シリーズ
映画
陽暉楼
華の乱
舞台
『新・時代屋の女房』
『素敵に生きよう女たち』
備考
身長:157cm、体重:44kg、スリーサイズ:B81/W54/H83

池上 季実子(いけがみ きみこ、1959年1月16日 - )は、日本女優。本名、臼井 季実子[1]

アメリカニューヨーク生まれ、京都府京都市育ち。堀越高等学校卒業[1]オスカープロモーション所属。祖父は歌舞伎役者の八代目 坂東三津五郎、叔父は九代目 坂東三津五郎従兄十代目 坂東三津五郎

略歴[編集]

商社勤務の父と歌舞伎役者の八代目 坂東三津五郎の次女である母のもと、アメリカニューヨークで誕生。父の仕事の関係で3歳までをニューヨーク・マンハッタンで生活し帰国、幼少期を京都市内の吉田神社にほど近い祖父の家で育つ[2]。小学校を卒業後、両親の別居[注 1]に伴い母・弟とともに東京へ転居し、中学・高校時代を東京で過ごす[3][4]

ノートルダム女学院中学校・高等学校[要出典]玉川学園高等部→堀越高等学校卒業。血液型O型

叔父は歌舞伎役者九代目 坂東三津五郎で、従兄には五代目 坂東八十助(後の十代目 坂東三津五郎)がおり、中学時代は頻繁に五代目 八十助宅に泊まりに行くなど「お兄ちゃん」と呼んで親しくしていた[5]十代目三津五郎の薦めで女優の道へと進む。[要出典]中学2年生の時に五代目 八十助に誘われてNHKのスタジオに五代目 八十助の出演する少年ドラマシリーズの収録の見学に訪れた際に、スタジオ内でプロデューサーから「次のドラマの主役とかやってみる?」とスカウトされ、1974年にNHKの少年ドラマシリーズ『まぼろしのペンフレンド』でデビューする[2][4]。同年の東京12チャンネル純愛山河 愛と誠』への出演により知名度が特に上昇、以後、数々のドラマ・映画に出演。

玉川学園中学部・高等部から堀越学園高校へ転入し、1977年に同校を卒業[6]。堀越学園高校の同級生には岡田奈々森昌子岩崎宏美らがいた[7]

時代劇では『草燃える』を皮切りに、『おんな太閤記』『徳川家康』『武田信玄』などにヒロイン役(もしくはそれに準じる役柄)で出演したことで知られる(特に前3作は狂気を帯びた破滅的なキャラクターだった)。

1984年の『陽暉楼』で第7回日本アカデミー賞優秀主演女優賞、1989年の『華の乱』で第12回日本アカデミー賞優秀助演女優賞をそれぞれ受賞。女優として絶頂期を迎える。

1990年代からは2時間ドラマに主軸を移す。

2010年1月1日付けでオスカープロモーションへ移籍。デビュー40周年となる2014年に自叙伝『向き合う力』を出版[3]

私生活では、1985年に古美術商を営む10歳年上の一般男性と結婚[8][注 2]。入籍発表をしていなかった理由は「それ以前のマスコミによる嘘の交際報道により深く傷つき、マスコミ不信になっていたから」と後に告白[注 3]。1女を出産した後、3年あまりの結婚生活を経て、離婚した[8]

人物・エピソード[編集]

  • 趣味は古美術収集、ゴルフ、ガーデニング、海釣り[6]
  • 映画『HOUSE』でヌードを披露している。当時の特集記事によると、「今迄のイメージを変えたかったから」と大林の要請を快諾したとの事。
  • フジテレビ系列『森田一義アワー 笑っていいとも!』で「池上季実子ゲーム」という早口言葉コーナーがかつてあった。
  • 石田純一が20代前半のエキストラ時代、堂々と池上をナンパした。しかし池上は「私は主演女優よ!」とキッパリと断ったという[9]
  • 日本テレビ系列『久米宏のTVスクランブル』で既婚女性対象に「浮気相手になったら亭主を奪われそうな芸能人は誰か」というアンケートを行った際に1位になった。このときキャスターは「シャレのつもりでやったら、皆さん、真剣に答えるようになって、こうなっちゃった」と語った。
  • SMAP×SMAPBISTRO SMAPにゲストで出演した際にSMAP木村拓哉からは、「俺、すっげえ池上季実子に似てるって言われる」などと言われていた。
  • 1987年5月に旅番組の撮影で訪れたカナダで、乗車した観光馬車の馬が暴走し車に衝突する事故に遭遇し、馬車から激しく転落して全身を打撲した。現地の病院で異常なしとの診断を受け帰国したものの、事故の1年後に突然首が動かなくなる後遺症を発症し、首の骨などがずれたまま固まって神経を圧迫していると判明。以降長く痛みや足のむくみなどの症状に苦しみ、整体治療など3種類の治療を継続することとなった[7][10]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

1970年代
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
  • 影の軍団IV - さつき 役
  • 二重生活(金曜女のドラマスペシャル) - 主演
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
  • TBS大型時代劇スペシャル「武田信玄」 - 定恵院
  • 女医の殺人(火曜サスペンス劇場) - 主演
  • 当世お墓事情(東芝日曜劇場 第1777回) - 主演
  • 松本清張作家活動40周年企画 「波の塔」(金曜ドラマシアター) - 主演・結城頼子 役
  • 下町女の事件簿 浅草雷門殺人事件(金曜ドラマシアター、9月20日) - 主演
  • 社葬 女たちの野望(金曜ドラマシアター)
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
  • 元日特別企画「竜馬がゆく」(TBS) - お登勢 役
  • 「化粧の裏側」(月曜ドラマスペシャル) - 主演
1998年
1999年
2000年
  • ミステリー作家桜田桃子の冒険(1)(月曜ドラマスペシャル) - 主演・桜田桃子 役
2001年
2002年
  • 京都迷宮案内(4) 第3話
  • 探偵 左文字進(5) 三人目の女(2002年) - 明菜 役
  • ミステリー作家桜田桃子の冒険(2)(月曜ドラマスペシャル) - 主演
  • 罠の二重誘拐(土曜ワイド劇場) - 主演
  • 月曜ミステリー劇場「湯の町コンサルタント」シリーズ(2002年-) - 松城陽子 役
2003年
2004年
  • 忠臣蔵 第5・6話(テレビ朝日) - 浮橋太夫 役
  • こちら本池上署 - 美崎真琴 役
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
  • 科捜研の女 第15シリーズ(2015年10月 - 2016年3月、テレビ朝日) - 落合佐妃子 役[11]

舞台[編集]

  • 女系家族(1980年、芸術座
  • エドの舞踏会(1986年、宝塚劇場
  • 「おんな太閤記」より 旦那さま大事(1987年、明治座)橋田壽賀子/作 石井ふく子/演出
  • おはん(1988年、帝国劇場
  • 刀化粧(1994年、新橋演舞場
  • 芍薬の歌(1996年、帝国劇場)
  • 女坂(1997年、宝塚劇場)
  • 新・時代屋の女房(1998年、名鉄ホール) - 初座長公演
  • 隠れ菊(1999年、芸術座)
  • 戒老録(2000年、芸術座)
  • 遠山の金さん(2000年、明治座
  • 源氏物語(2000年、東京国際フォーラム
  • 幸福御礼(2001年、名鉄ホール)
  • 素敵に生きよう女たち(2003年、名鉄ホール) - 座長公演
  • とおりゃんせ(2004年、明治座、御園座
  • 大奥 月光院物語 愛しき人(2007年、御園座)
  • 愛さずにはいられない(2008年、新宿コマ劇場
  • 大川わたり(2008年、明治座)
  • コロッケ公演 愛さずにはいられない(2008年、新宿コマ劇場)
  • 大川わたり(2009年10月)

バラエティー・教養番組[編集]

CM[編集]

作品[編集]

レコード[編集]

  1. わたしの誠 (1974年発売、東芝EMI)東京12チャンネル(現:テレビ東京)ドラマ「純愛山河 愛と誠」主題歌
    作詞:梶原一騎/作曲:渡辺岳夫/編曲:松山祐士
  2. あなたなら (1975年7月21日発売、CBSソニー)[注 4] 作詞:松本隆/作曲:川口真/編曲:川口真
    (c/w)やさしさ下さい 作詞:松本隆/作曲:川口真/編曲:川口真
  3. 夢ごこち (1976年5月21日発売、CBSソニー) 作詞:中里綴/作曲:川口真/編曲:馬飼野康二
    (c/w)お変りないですか 作詞:中里綴/作曲:川口真/編曲:川口真
  4. 流されて(1984年6月1日発売、『鬼龍院花子の生涯』主題歌、ビクターSV-7402、廃盤)[注 5]作詞:なかにし礼 作曲:筒美京平 編曲:奥慶一
    (c/w)幸福の階段 作詞:なかにし礼/作曲:筒美京平/編曲:奥慶一

写真集[編集]

著書[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 後に離婚。
  2. ^ 当時はできちゃった婚と言われていたが、実際は報道以前から既に籍を入れており、それからの妊娠だった。
  3. ^ 妊娠がマスコミにばれた為、会見を開いたところ、できちゃった婚として世間に広まった。
  4. ^ このデビューシングルは、2007年現在オムニバスCD「アーリー70'sフィメイル・アイドル・コレクションvol.2」に収録されている。
  5. ^ CDへの再収録は2011年現在も行われていない。

出典[編集]

  1. ^ a b c 池上 季実子”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2016年9月9日閲覧。
  2. ^ a b インタビュー私のいえ~すまいの履歴書~ Vol.48「池上季実子」さん”. お役立ちガイド. 住友不動産販売 (2016年5月24日). 2016年9月9日閲覧。
  3. ^ a b 藤崎昭子 (2014年8月10日). “著者に会いたい 向き合う力 池上季実子さん”. BOOK asahi.com. 朝日新聞デジタル. 2016年9月9日閲覧。
  4. ^ a b 池上季実子 (2015年2月6日). テリー伊藤対談「池上季実子」(1)不幸な幼少期を経て芸能界入り. インタビュアー:テリー伊藤. アサ芸プラス, 徳間書店.. http://www.asagei.com/excerpt/31769 2016年9月9日閲覧。 
  5. ^ “坂東さんいとこ池上季実子「お兄ちゃん」”. 日刊スポーツ. (2015年2月23日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1437959.html 2016年9月9日閲覧。 
  6. ^ a b 池上 季実子”. タレント詳細. オスカープロモーション. 2016年9月9日閲覧。
  7. ^ a b ““おひとりさま”を楽しむコツとは? 過去の大事故を初告白した女優・池上季実子が語る モデルプレスインタビュー”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年8月9日). http://mdpr.jp/interview/detail/1401187 2016年9月9日閲覧。 
  8. ^ a b “池上&神田、熟年カップル銀座でも“密着””. ZAKZAK. (2014年12月11日). http://www.zakzak.co.jp/gei/2004_12/g2004121104.html 2016年9月9日閲覧。 
  9. ^ 2008年10月28日笑っていいとも!』内のコーナ
  10. ^ “池上季実子、大事故の体験“初告白”「死ななかったのが不思議…」”. SANSPO.COM (産経デジタル): p. 2. (2014年7月30日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140730/oth14073005050011-n2.html 2016年9月9日閲覧。 
  11. ^ a b オリコン (2015年9月17日). “『科捜研の女』新レギュラーは池上季実子 組対の女刑事役”. 2015年9月18日閲覧。

外部リンク[編集]