この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

瀧本美織

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たきもと みおり
瀧本 美織
本名 瀧本 美織
別名義 MIORI
生年月日 1991年10月16日(24歳)
出生地 日本の旗 日本 鳥取県鳥取市
身長 162 cm
血液型 O型
職業 女優歌手タレント
ジャンル テレビドラマ映画CM
活動期間 2003年 -
活動内容 2003年:歌手グループ「SweetS」メンバーとしてデビュー
2008年:スターダストプロモーションに所属
2014年:5人組バンドLAGOON結成。
2016年:LAGOON解散
事務所 スターダストプロモーション
公式サイト 所属事務所によるプロフィール
主な作品
テレビドラマ
てっぱん
美男ですね
ハングリー!
GTO
映画
貞子3D2

瀧本 美織(たきもと みおり、1991年10月16日 - )は、日本女優歌手タレント。元LAGOONボーカリスト

鳥取県鳥取市出身。スターダストプロモーション所属。鳥取敬愛高等学校卒業。亜細亜大学経営学部在学中。

略歴

  • 小学生の頃から芸能界に興味を持ち、地元からダンススクールなどに通うため度々上京し、芸能活動をスタート。その後も高校卒業までは仕事やレッスンの度に上京していた。
  • 2003年8月、エイベックス所属のヴォーカルダンスユニットSweetSのメンバー(この時の芸名は「MIORI」)として芸能界デビュー。2006年8月にリリースしたベストアルバムを最後に同グループは解散し、ここで歌手活動を休業。その後早稲田アカデミーCMに出演。
  • 2008年、スターダストプロモーション芸能3部に移籍。
  • 2010年、映画『彼岸島』のオーディションでヒロイン役を獲得し、女優デビューを果たす[1]
  • 2010年2月、同年度下半期のNHK連続テレビ小説てっぱん』の主役に起用された。
  • 2011年、人気韓国ドラマのリメイク版となる『美男ですね』(TBS系)で民放ドラマ初主演。ここで演じたバンドA.N.JELL(エイエンジェル)の一員という形で番組限定ながら歌手活動を再開した。
  • 2014年10月から、日本テレビ系『アナザースカイ』でバラエティ番組初MCを務める[2]
  • 2014年11月26日、ボーカル「MIORI」として参加した5人組ガールズバンドLAGOON」がソニー・ミュージックからデビュー[3]
  • 2014年11月、舞台『ブエノスアイレス午前零時』にて舞台デビュー[4]
  • 2016年7月15日、「LAGOON」が解散[5]

人物

出演

※役名を太字で示しているものは主演作品

映画

テレビドラマ

その他のテレビ番組

インターネット番組

  • 指恋 〜君に贈るメッセージ〜(2013年12月4日 - 、UULA) - 安藤美羽

劇場アニメ

テレビアニメ

舞台

イベント

CM

広告

  • ツカモト 振袖カタログ「まゆこ」「ハタチスタイル」(2011年)
  • 朝日新聞 広告特集「二十歳・これまでの私、これからの私」幸せオーラと遊び心のある大人に(2012年1月9日)

プロモーションビデオ

ディスコグラフィ

SweetS名義

A.N.JELL名義

  • 『A.N.JELL WITH TBS系金曜ドラマ「美男ですね」MUSIC COLLECTION』(avex trax、2011年10月5日発売)
    • 「A.N.JELL」の楽曲4曲+ドラマ・サウンドトラックの2枚組
      • promise
      • ふたり
      • alone
      • Miss You

LAGOON名義

シングル

  1. 君の待つ世界』(Sony Records、2014年11月26日発売)
    1. 君の待つ世界
    2. Dear friend
    3. Are You Ready?
    4. 君の待つ世界(Instrumental)
  2. 『KNOCKED-OUT BOY』(Sony Records、2015年5月27日発売)
    1. KNOCKED-OUT BOY
    2. プラチナのシークレット
    3. Shout it out!!
    4. KNOCKED-OUT BOY(Instrumental)
  3. 『Rhapsody In White』(Sony Records、2015年11月18日発売)
    1. Rhapsody In White
    2. One More Love
    3. 二人がほしかったもの
    4. Rhapsody In White(Instrumental)

ミニアルバム

  1. 『僕たちの毎日が永遠になる。』(Sony Records、2016年6月1日発売)
    1. 僕たちの毎日が永遠になる。
    2. あの日の青空、君と。
    3. my home 〜心が帰る場所〜
    4. サヨナラ
    5. Red eye 〜1人の時間が教えてくれたこと〜

出版

書籍

連載

  • mina(ミーナ、主婦の友社)にて、2012年3月号より『can be a heroine』連載開始。

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 美少女プロフィール 瀧本 美織”. Next CM Girls.jp. 2013年1月13日閲覧。
  2. ^ “瀧本美織、『アナザースカイ』新MCに抜てき「自然体で臨みたい」”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年9月4日). http://www.oricon.co.jp/news/2041714/full/ 2014年10月2日閲覧。 
  3. ^ 瀧本美織、ロック歌う!異色女性バンドで歌手デビュー”. スポーツ報知 (2014年10月2日). 2014年10月2日閲覧。
  4. ^ “瀧本美織、初舞台に意気込み「色気の準備したい」”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年8月22日). http://www.oricon.co.jp/news/2041244/full/ 2014年10月2日閲覧。 
  5. ^ “瀧本美織率いるガールズバンド・LAGOON、解散発表”. ORICON STYLE (オリコン). (2016年7月15日). http://www.oricon.co.jp/news/2075255/full/ 2016年7月15日閲覧。 
  6. ^ a b c 瀧本美織プロフィール”. タレントデータベース. 2013年1月13日閲覧。
  7. ^ a b プロフィール : SweetS : avex network”. エイベックスネットワーク. 2013年1月13日閲覧。
  8. ^ 芸能3部タレント一覧 瀧本美織”. スターダストプロモーション. 2013年1月13日閲覧。
  9. ^ 貞子3D』続編の主演は瀧本美織
  10. ^ 深田恭子主演・現代版『スチュワーデス刑事』に吹石一恵、瀧本美織、水原希子の出演が決定!『キャビンアテンダント』(仮) とれたてフジテレビ 2014年6月18日閲覧
  11. ^ “ミュージカル界のプリンス”井上芳雄、阿部サダヲと親子役”. ORICON (2015年2月25日). 2015年2月25日閲覧。
  12. ^ 瀧本美織が親に捨てられた看護師を演じる!”. ニュースウォーカー (2015年8月6日). 2015年9月16日閲覧。
  13. ^ “瀧本美織、新ドラマで“元気”イメージ封印「新しい発見あった」”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2015年11月16日). http://www.oricon.co.jp/news/2062367/full/ 2015年11月16日閲覧。 
  14. ^ このミステリーがすごい! ベストセラー作家からの挑戦状 (TBS)
  15. ^ “竹野内豊「TAXI」に5年ぶり共演の玉鉄ら豪華キャスト乗車!”. SANSPO.COM (株式会社 産経デジタル). (2016年2月15日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160215/geo16021505030015-n1.html 2016年2月15日閲覧。 
  16. ^ 愛媛発地域ドラマ制作開始!題材はあの名作“くたばれ”坊っちゃん”. NHK ONLINE (2016年3月7日). 2016年3月8日閲覧。
  17. ^ キャラクターと声の出演”. 風立ちぬ. 2013年6月6日閲覧。
  18. ^ 瀧本美織が悪の手先となったネロに!『天才バカヴォン』豪華声優陣が発表”. シネマトゥデイ (2015年4月3日). 2015年4月3日閲覧。
  19. ^ “瀧本美織 大人の色気で熱唱”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2016年2月28日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/02/28/0008845381.shtml 2016年2月28日閲覧。 
  20. ^ “瀧本美織 関コレでオープニングアクト、2曲熱唱&モデルで魅了”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年2月28日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/02/28/kiji/K20160228012122080.html 2016年2月28日閲覧。 

外部リンク