望月優子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
もちづき ゆうこ
望月 優子
望月 優子
カルメン故郷に帰る』(1951年)
左から高峰秀子、小林トシ子、望月優子
本名 鈴木 美枝子
すずき みえこ
生年月日 (1917-01-28) 1917年1月28日
没年月日 (1977-12-01) 1977年12月1日(60歳没)
出生地 日本の旗 日本神奈川県横浜市
職業 女優
ジャンル 映画舞台
活動期間 1950年 - 1969年
配偶者 鈴木重雄(1942 ‐ 1981年)
著名な家族 中村雅子(妹)
加藤嘉(義弟)
主な作品
映画
カルメン故郷に帰る
お茶漬の味
晩菊
米 (映画)
テンプレートを表示

望月 優子(もちづき ゆうこ、本名;鈴木 美枝子1917年1月28日 - 1977年12月1日)は、日本女優政治家。元日本社会党参議院議員神奈川県横浜市出身。妹は元女優の中村雅子加藤嘉は義弟に当たる(妹の夫)。

来歴・人物[編集]

1930年、東京市立忍岡高等女学校(現・東京都立忍岡高等学校)を中退。

望月美恵子(後に望月優子と改名)の芸名でムーランルージュ新宿座などで初舞台を踏む。

1942年川端康成の媒酌で鈴木重雄と結婚。

戦後は劇団民藝に参加。

1950年松竹と契約。

1958年、『米 (映画)』での演技が評価されてブルーリボン主演女優賞受賞。

三益愛子と並んで「母物映画女優」と呼ばれた。

1971年(昭和46年)6月の第9回参議院議員通常選挙日本社会党公認で全国区から出馬(鈴木美枝子名義)し、初当選[1][2]1977年(昭和52年)7月の第11回通常選挙で出馬(望月優子名義)したが落選するまで1期務めた[1][3]

1977年12月1日死去。60歳。

エピソード[編集]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

著書[編集]

  • 生きて愛して演技して 平凡社 1957 (人間の記録双書)
  • 生きて生きて生きて 集団形星 1969
  • 美しく生きたい 魂という袋 国土社 1971 (ホームライブラリー)
  • 母として女として 惜しみなき愛の記録 日本文芸社 1972

脚注[編集]

  1. ^ a b 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』336頁。
  2. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』551頁。
  3. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』554頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『国政選挙総覧 1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。

外部リンク[編集]