一路真輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いちろ まき
一路 真輝
本名 石川 いづみ(いしかわ いづみ)[1]
別名義 一路 万輝(デビュー時)
生年月日 (1965-01-09) 1965年1月9日(51歳)
出生地 日本の旗 日本 愛知県[1]名古屋市[2]
身長 164cm[1]
血液型 B型[1]
職業 女優
ジャンル 宝塚歌劇ミュージカル
活動期間 1982年 - 2006年2010年 -
活動内容 1982年宝塚歌劇団入団、雪組配属
1993年:雪組トップスター就任
1996年:宝塚歌劇団退団、以降舞台・テレビなどで活躍。
2004年読売演劇大賞優秀女優賞受賞
2006年:結婚・出産のため芸能活動を休止
2010年:コンサートで舞台復帰
2011年:俳優の内野聖陽と離婚
配偶者 内野聖陽(2006年 - 2011年)
事務所 東宝芸能
公式サイト 東宝芸能によるプロフィール
主な作品

宝塚歌劇
1985年『はばたけ黄金の翼よ
1994年『風と共に去りぬ
1994年『雪之丞変化

1996年『エリザベート

ミュージカル
1996年『王様と私
2003年『キス・ミー・ケイト

2006年『アンナ・カレーニナ
備考
宝塚歌劇団卒業生

一路 真輝(いちろ まき、1965年1月9日[1] - )は、日本女優で元宝塚歌劇団雪組トップスター(1993年 - 1996年)。宝塚時代の愛称はイチロいっちゃん(本名に由来)。

愛知県[1]名古屋市出身[2]東宝芸能所属[1]

来歴・人物[編集]

家族は両親と祖母[要出典]

宝塚歌劇団へ[編集]

小学6年生の時に初めて中日劇場で宝塚歌劇団の定期公演を観劇し、入団を志す[2]。特に専門的なレッスンは受けなかったが[2]1980年名古屋市立猪高中学校卒業後[要出典]宝塚音楽学校入学。1982年宝塚歌劇団に入団。入団時の成績は7番。「春の踊り」で初舞台を踏む。68期生。男役として雪組に配属となる。芸名の由来は『真実一路』から。入団当初の芸名は一路万輝。同期生には初代宙組組長の大峯麻友、元星組組長で現専科男役の英真なおき、元月組娘役スターでタレントのあさなぎりん(在団時の芸名は朝凪鈴)などである。

音楽学校卒業公演でソロをつとめた歌唱力で早くから注目された。また娘役としても違和感のない容姿だったことから、『はばたけ黄金の翼よ』(1985年)ではヒロイン・クラリーチェに抜擢された。娘役として大成できると評判だったが、引き続き男役として経験を積む[要出典]。その後、1987年の病気休演(『宝塚をどり讃歌/サマルカンドの赤いばら』の大劇場公演中自然気胸で入院したため東京公演を休演、その後同年の『梨花王城に舞う/ザ・レビュースコープ』で復帰)など順風満帆とは言えない時期もあったが、努力で実力をつけ、スター路線から脱落することはなかった。なおこの時期に一路万輝から一路真輝へ改名する。その後男役2番手となり、1993年『天国と地獄/TAKE OFF』で待望の雪組トップスターに就任(相手役は紫とも)。「雪之丞変化」より相手役に星組出身の花總まりを迎える。

1996年、『エリザベート』千秋楽を最後に宝塚歌劇団を退団[2]。サヨナラ公演では「男役の限界も越えていく」と評された歌唱力でオーストリア皇妃エリザベートと禁じられた恋に落ちる難役・トートを演じた。当初評判は今ひとつであったが、公演回数と共に観客の心をつかみ、最終的には(もともと退団公演で入手困難だった)チケットがより入手困難となるなど、その後の『エリザベート』人気の礎を築いた。またこの作品は女性を中心にハプスブルク帝国ブームを起こし、オーストリア・ウィーンへの観光客増加も惹起するほどのフィーバー振りだった[要出典]

退団後[編集]

宝塚退団後は『王様と私』『南太平洋』等の名作ミュージカルで主演するほか、ディナーショー・レコードのリリース・テレビドラマと幅広く活躍した。1998年4月ウイーン・アン・デア・ウイーン劇場にてトートとして歌い、ウイーンの観客の喝采を浴びる。同年、ローリー・シュトラウスの白血病基金「メロディとメモリー」でニューヨークの舞台でも歌唱。また、『エリザベート』のエリザベート役を長期にわたって演じた。これは、宝塚時代と合わせ男女の主役を双方を演じた、極めて珍しいケースになる[独自研究?]

2006年5月、『エリザベート』の相手役だった内野聖陽と婚約を発表[3]。同7月に一路が妊娠していたことが判明したため、7月末入籍し、8月に公表。同年10月に女児を出産した。当初2008年度にも芸能活動再開の予定であったが、2007年契約先・東宝芸能を通し「育児・家庭生活(の徹底)を優先させるため、女優業を無期限付の長期休業する」旨が発表される。これに伴い事務所公認の公式ファンクラブも解散された。

2010年3月5日、6日に開催される「with songs by live @ クリエ」(東京・日比谷シアタークリエ)で約4年ぶりに復帰[4]、2010年12月から上演された『アンナ・カレーニナ』にて本格的に舞台復帰を果たす。

2011年8月18日、内野と離婚届を提出したとFAXで発表した[5]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

新人公演[編集]

『ブルー・ジャスミン』カシム王子(本役・麻実れい
『千太郎纏しぐれ』卯之吉(本役・平みち)
  • 1985年 『はばたけ黄金の翼よ』ドルチェS(本役・麻実れい)
愛のカレードスコープ』ビクトール(本役・平みち)
  • 1986年 『大江山花伝』茨木童子(本役・平みち)
『三つのワルツ』ルドルフほか(本役・平みち)
たまゆらの記』安宿王(本役・平みち)

本公演[編集]

  • 1982年3月 - 5月 『春の踊り』(初舞台)
5月 - 6月 『ジャワの踊り子
11月 - 12月 『パリ変奏曲』『ゴールデン・ドリーム』
  • 1983年5月 - 6月 『うたかたの恋』『グラン・エレガンス』
8月 - 9月 『ブルー・ジャスミン』『ハッピーエンド物語』
  • 1984年3月 - 5月 『風と共に去りぬ』
9月 - 11月 『千太郎纏しぐれ』『フル・ビート』
  • 1985年1月 - 2月 『花夢幻』『はばたけ黄金の翼よ』クラリーチェ・デル・カンポ
6月 - 8月 『愛のカレードスコープ』ジム。『アンド・ナウ!』シンガー、ブルースの少年ほか
  • 1986年2月 - 3月 『大江山花伝』坂田公時。『スカイ・ハイ・スカイ』プリンセスバードほか
8月 - 9月 『三つのワルツ』
  • 1987年3月 - 5月 『宝塚をどり讃歌』『サマルカンドの赤いばら』羊飼いの王子
9月 - 11月 『梨花、王城に舞う』『ザ・レビュースコープ』
  • 1988年1月 - 2月 『風と共に去りぬ』スカーレットII
7月 - 8月 『たまゆらの記』藤原槇人。『ダイナモ!』
8月 - 9月 『ベルサイユのばら-アンドレとオスカル編-オスカル
同年『ベルサイユのばら』星組公演へ特別出演
  • 1990年1月 - 2月 『天守に花匂い立つ』加納小次郎清高。『ブライト・ディライト・タイム』ギャングほか
6月 - 8月 『黄昏色のハーフムーン』ピート。『パラダイス・トロピカーナ』花の精Sほか
  • 1991年2月 - 3月 『花扇抄』公達Sほか。『恋さわぎ』三郎丸。『スイート・タイフーン』バードの男ほか
8月 - 9月 『華麗なるギャツビー』ニック・キャラウェイ。『ラバーズ・コンチェルト』警備員ほか
10月 - 11月『忠臣蔵〜花に散り雪に散り〜』浅野内匠頭 / 岡野金衛門
  • 1993年1月 - 2月 『宝寿頌』。『PARFUM DE PARIS』歌う蝶の男、パリジャンほか(星組特別出演)
5月 - 6月『天国と地獄』ロバート / オッフェンバック。『TAKE OFF』コマンドゥSほか
10月 - 12月『ブルボンの封印』ジェームズ / ルイ14世。『コート・ダジュール』フィリップ
  • 1994年5月 - 6月 『風と共に去りぬ』スカーレット・オハラ
11月 - 12月『雪之丞変化』中村雪之丞。『サジタリウス』アルビレオ、星人男Sほか
11月 - 12月『あかねさす紫の花大海人皇子。『マ・ベル・エトワール』リチャード、トキオほか

バウ・その他公演[編集]

8月 - 9月 『黒いチューリップ』(宝塚バウホール公演)コルネリウス・ファン・ド・ベルル
  • 1986年1月 『ショー・ボート』(宝塚バウホール公演)フランク・シュルツ
10月 - 11月 『恋のチェッカー・フラッグ』(宝塚バウホール公演)ハリー・カーン
  • 1988年2月 - 3月 『レッド・ヘッド』(宝塚バウホール公演)ジョージ・パペット
9月 『大江山花伝』『ザ・レビュースコープ』(地方公演)
12月 『ツーロンの薔薇』(宝塚バウホール公演)フィリップ・ジャルダン
  • 1989年1月 『ツーロンの薔薇』(宝塚バウホール公演)フィリップ・ジャルダン
『シャンテ・シャンテ・シャンテ』ゲスト出演
  • 1991年4月 - 5月 『微笑みの国』(宝塚バウホール公演)スー・ホン王子
  • 1992年12月 『ジャンプ・フォー・ジョイ』(シアタードラマシティ公演)
  • 1994年1月 『二人だけの戦場』(シアタードラマシティ公演)ティエリー・シンクレア
  • 1995年1月 『アリア-夢唄』(シアタードラマシティ公演)

※その他、在団中に、花王 ビオレ・クレンジングフォーム(1990年)のCMに出演したことがある。

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

  • 王様と私
  • 南太平洋
  • エリザベート(東宝版) - エリザベート 役
  • キス・ミー・ケイト - 主演・リリ 役
    • (2002年7月3日 - 27日、帝国劇場) [7]
    • (2003年8月3日 - 29日、梅田コマ劇場)[8]
    • (2017年、東京芸術劇場プレイハウス、兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール)
  • イーストウィックの魔女たち
  • 娘よ
  • モーツァルト!
  • アンナ・カレーニナ
  • リタルダンド
  • 女たちの忠臣蔵(2012年1月・明治座、2013年5月・博多座) - 大石つね 役
  • ルドルフ 〜ザ・ラスト・キス〜(2012年7月・帝国劇場) - ラリッシュ 役
  • ラブ・レターズ(2013年6月・PARCO劇場)
  • 宝塚歌劇100周年前夜祭『DREAM, A DREAM』(2013年10月・東急シアターオーブ、11月・梅田芸術劇場メインホール)
  • シャーロック ホームズ 〜アンダーソン家の秘密〜(2014年1月 - 2月・全国) - ワトソン 役
  • 宝塚歌劇100周年記念公演『セレブレーション100!宝塚 〜この愛よ永遠に』(2014年5月 - 6月・青山劇場、梅田芸術劇場メインホール *東京公演B日程のみ)
  • ブラック メリーポピンズ(2014年7月・世田谷パブリックシアター)
  • ガラスの仮面(2014年8月、青山劇場) - 月影千草
    • ガラスの仮面(2016年9月1日 - 11日、大阪松竹座 / 9月16日 - 26日、新橋演舞場) - 月影千草 役[10]
  • おんなの家(2014年10月・大阪新歌舞伎座) - 葵 役
  • スワン(2014年12月・兵庫県立芸術文化センター、水戸芸術館、紀伊國屋ホール) - 主演・ドラ 役[11]
  • シャーロック ホームズ2 〜ブラッディゲーム〜(2015年4月26日 - 5月10日、東京芸術劇場) - ワトソン 役[12]
  • 朗読劇『この子たちの夏 1945・ヒロシマ ナガサキ』(2016年8月13日 - 14日、世田谷パブリックシアター) [13]
  • 扉の向こう側(2016年11月、東京芸術劇場プレイハウス、兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール) - ルエラ 役[14][15]
  • 石井ふく子名作劇場「君はどこにいるの」(2017年2月、三越劇場、新歌舞伎座) - みこ 役[16]

コンサート ・リサイタル[編集]

  • ニューイヤーポップス'99 ニューヨークポップスオーケストラ
  • I's first
  • I's second
  • One Road
  • DIVA2001
  • DIVA2004
  • MITSUKO(ハイライト)
  • live@クリエ 一路真輝コンサート(2010年3月5・6日、シアタークリエ)[4]
  • kanji ishimaru in concert (ゲスト出演)
  • クリエミュージカル・コンサート M.クンツェ&S.リーヴァイの世界
  • 井上芳雄10周年記念コンサート (ゲスト出演)
  • live-ichiro@NAGOYA
  • 一路真輝コンサート〜2011,autumn〜
  • 一路真輝·名古屋ブルーノートLIVE(2011年)
  • M.クンツェ&S.リーヴァイの世界~2nd Season~(ウィーン・ミュージカルコンサート)(2012年)
  • 一路真輝メモリアルコンサート〜『アンナ・カレーニナ』と共に〜(2012年)
  • エリザベート スペシャル ガラ・コンサート(2012年)
  • シアタークリエ5th Anniversary『ONE-HEART MUSICAL FESTIVAL』(2012年)
  • ONE-HEART MUSICAL FESTIVAL 2013夏 (2013年) 
  • Ichiro Live 2013 (2013年11月 横浜・大阪・名古屋)
  • The Sparkling Voice -10人の貴公子たち-(2016年1月28日 - 2月1日 シアタークリエ

イベント[編集]

  • 「NIROOM Vol.3」
  • 東京會舘トークサロン「一路真輝&東山義久」 
  • 宝塚歌劇100周年 夢の祭典『時を奏でるスミレたち』 (2014年) *予定

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

CD[編集]

シングル

  • 「雨上がりの星空」
  • 「DOOR」
  • 「さくら」
  • 「月の詠唱(アリア)

アルバム

  • 「Angel Voice 一路真輝の世界」(1996年)
  • 「I's」
  • 「最後のダンス」
  • 「A Dream of Aria」
  • 「My Favorite 2001」
  • 「王様と私」ライヴ
  • 「南太平洋」ライヴ
  • 「エリザベート」スタジオ録音版
  • 「エリザベート」ライヴ(2001年版)
  • 「エリザベート」ハイライト(2004年版)
  • 「モーツァルト!」(ハイライト)
  • 「アンナ・カレーニナ」スタジオ録音版

ビデオ[編集]

  • 「I’s Tiara」
  • 「I's first」
  • 「I's second」
  • 「One Road」
  • 「DIVA2001」

DVD[編集]

  • 「DIVA2001」
  • 「DIVA2004」
  • アンナ・カレーニナ
  • アンナ・カレーニナ」(2011年版)
  • 「リタルダンド」
  • 宝塚版エリザベートspecial DVD・BOX 「エリザベート special DVD-BOX」 (インタビュー出演)
  • 「エリザベート スペシャル ガラ・コンサート」
  • 「M.クンツェ&S.リーヴァイの世界~2nd Season~(ウィーン・ミュージカルコンサート)」Special Version
  • 「シャーロック ホームズ ~アンダーソン家の秘密~」
  • ブラック メリーポピンズ
  • 「シャーロック ホームズ2~ブラッディ・ゲーム~」A ver.(小西遼生)/B ver.(良知真次

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g プロフィール 東宝芸能
  2. ^ a b c d e 1月25日〜1月29日の「ラジオ サロン・de・くにまる」のゲストは一路真輝さん”. ラジオ サロン・de・くにまる. 文化放送 (2016年1月24日). 2016年6月30日閲覧。
  3. ^ 内野聖陽と一路真輝が結婚”. シアターガイド (2006年5月19日). 2016年6月30日閲覧。
  4. ^ a b “一路真輝、4年ぶり復帰”. asahi.com. (2010年2月26日). http://www.asahi.com/showbiz/stage/theater/TKY201002260316.html 2016年6月30日閲覧。 
  5. ^ “内野聖陽と一路真輝が離婚…「前向きにそれぞれの道で精進」”. オリコン. (2011年8月18日). http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/2000906/full/ 2011年8月19日閲覧。 
  6. ^ “一路真輝「殺気を感じました」 96年の「エリザベート」初演時の主演で”. DAILY SPORTS ONLINE. (2016年11月5日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/11/05/0009639560.shtml 2016年11月8日閲覧。 
  7. ^ “一路真輝がミュージカル「キス・ミー・ケイト」に主演”. SANSPO.COM. (2002年5月22日). オリジナル2003年12月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20031210121300/http:/www.sanspo.com/geino/top/gt200205/g_top2002052210.html 2016年6月30日閲覧。 
  8. ^ もっとミュージカルを楽しもう!!”. タカラヅカ・スカイ・ステージ (2003年8月). 2016年11月8日閲覧。
  9. ^ 一路真輝 (2016年5月19日). 一路真輝が語る、心理スリラーミュージカルの魅力. (インタビュー). チケットぴあ.. http://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=201605170001 2016年6月30日閲覧。 
  10. ^ 貫地谷しほり、マイコ、一路真輝らが再結集 舞台『ガラスの仮面』製作発表会”. シアターガイド (2016年6月29日). 2016年6月30日閲覧。
  11. ^ 一路真輝 (2014年11月28日). 『スワン』でヒロイン・ドラを演じる一路真輝さんに、作品への思いを聞いた。. インタビュアー:藤本真由. イープラス.. http://etheatrix01.eplus2.jp/article/409738405.html 2015年2月19日閲覧。 
  12. ^ “一路真輝、“ホームズ2”「全てでグレードが上がった」”. スポーツ報知. (2015年2月17日). オリジナル2015年2月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150218113558/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20150217-OHT1T50082.html 2016年6月30日閲覧。 
  13. ^ “一路真輝 朗読劇『この子たちの夏 1945・ヒロシマ ナガサキ』に出演いたします。”. 東宝芸能公式サイト. (2016年5月12日). https://www.toho-ent.co.jp/information/article.php?record=2169 2016年5月18日閲覧。 
  14. ^ “アラン・エイクボーンのコメディ「扉の向こう側」に壮一帆、紺野まひる、岸祐二”. ステージナタリー. (2016年5月12日). http://natalie.mu/stage/news/186842 2016年5月13日閲覧。 
  15. ^ “「扉の向こう側」開幕、SMクイーン役の壮一帆「体当たりでぶつかれたら」”. ステージナタリー. (2016年11月11日). http://natalie.mu/stage/news/209029 2016年11月14日閲覧。 
  16. ^ “一路真輝と西郷輝彦がいたわり合う父娘に「君はどこにいるの」演出は石井ふく子”. ステージナタリー. (2016年9月22日). http://natalie.mu/stage/news/202677 2016年9月23日閲覧。 
  17. ^ 一路真輝、8年ぶりドラマ会見で珍回答「宝塚はサスペンス」”. ORICON STYLE (2014年4月10日). 2014年5月5日閲覧。
  18. ^ “ジャンルに留まらない部類の表現力”で、平幹二朗が松尾芸能賞大賞受賞”. ステージナタリー (2016年2月16日). 2016年2月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]