武士道残酷物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
武士道残酷物語
監督 今井正
脚本 鈴木尚也
依田義賢
製作 大川博
出演者 中村錦之助
丘さとみ
三田佳子
森雅之
有馬稲子
音楽 黛敏郎
撮影 坪井誠
編集 宮本信太郎
製作会社 東映京都撮影所
配給 日本の旗 東映
公開 日本の旗 1963年4月28日
上映時間 123分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 2億7500万円[1]
テンプレートを表示

武士道残酷物語』(ぶしどうざんこくものがたり)は、1963年(昭和38年)4月28日公開の日本映画である。東映製作・配給。監督は今井正、主演は中村錦之助モノクロシネマスコープ、123分。

原作は南條範夫の『被虐の系譜』(講談社刊)。戦国時代から現代まで残酷・非情な封建社会をある家の7代にまたがる系譜を通して描く。中村錦之助がその7代の役を力演した。題名は岡田茂の命名[2]。作品は第13回ベルリン国際映画祭金熊賞を受賞した。第37回キネマ旬報ベスト・テン第5位。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

第一話(慶長15年-寛永)
第二話(寛永15年)
第三話(元禄年間)
第四話(天明3年)
第五話(明治4年)
第六話(昭和20年)
第七話(昭和38年)
その他

受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』、キネマ旬報社、2012年5月23日、p.200
  2. ^ 「映画界のドンが語る『銀幕の昭和史』 岡田茂」、『新潮45』2004年9月号、新潮社、p.204

外部リンク[編集]