レインマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
レインマン
Rain Man
監督 バリー・レヴィンソン
脚本 バリー・モロー
ロナルド・バス
原作 バリー・モロー
製作 マーク・ジョンソン
製作総指揮 ピーター・グーバー
ジョン・ピーターズ
出演者 ダスティン・ホフマン
トム・クルーズ
ヴァレリア・ゴリノ
音楽 ハンス・ジマー
撮影 ジョン・シール
編集 ステュー・リンダー
配給 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・アーティスツ
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1988年12月16日
日本の旗 1989年2月25日
上映時間 134分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 約2500万$[1]
興行収入 約1億7200万$[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
約1億8200万$[1] (北米外)
約3億5400万$[1] 世界の旗
配給収入 32億6000万円[2] 日本の旗
テンプレートを表示

レインマン』(原題: Rain Man)は、1988年公開のアメリカ映画。制作会社はユナイテッド・アーティスツで、監督はバリー・レヴィンソン。原作のバリー・モローロナルド・バスと共同で脚本を執筆した。主演はダスティン・ホフマントム・クルーズ

第61回アカデミー賞と第46回ゴールデングローブ賞、さらに第39回ベルリン国際映画祭においてそれぞれ作品賞を受賞。

自由奔放な青年と、重いサヴァン症候群の兄との出会いと人間としての変化を描いたヒューマンドラマである。また、ロードムービーとしての側面を備えた作品でもある。

日本では2006年に舞台化され、チャーリー役に椎名桔平、レイモンド役に橋爪功を起用しヒットした。

ストーリー[編集]

チャーリー(トム・クルーズ)は高級車のディーラーをしているが経営が思わしくない。そんな彼のもとに長い間没交渉になっていた父の訃報が届く。遺産目当てに故郷にかえったチャーリーは、車とバラ以外の財産がサヴァン症候群の兄レイモンド(ダスティン・ホフマン)への信託財産として運用されることを知る。遺産を手に入れようと、チャーリーはレイモンドが入所している施設から強引にレイモンドを連れ出し、ロサンゼルスに戻ろうとするが、その道中でレイモンドの持つ特殊な才能と、幼い頃に彼と交わした交流を思い出す。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 TBS
レイモンド・バビット ダスティン・ホフマン 野沢那智 富山敬
チャーリー・バビット トム・クルーズ 堀秀行 山寺宏一
スザンナ ヴァレリア・ゴリノ 勝生真沙子 松本梨香
Dr.ブルーナー ジェリー・モーレン 納谷悟朗 大木民夫
ジョン・ムーニー ジャック・マードック 石井敏郎
サリー・ディブス ボニー・ハント
Dr.マーストン バリー・レヴィンソン[3]
  • TBS版:初回放送1994年1月5日『新春特別ロードショー』(21:03 - 23:39)※本編ノーカット

登場人物[編集]

レイモンド・バビット
サヴァン症候群で、ブルーナーの説明では「レイモンドは知能指数自体は高いが、自分を上手く表現できず自分の感情をよく理解できていない状態」とされている。分厚い本でも1回読んだだけで覚えてしまうという並外れた暗記力と、4桁の掛け算を瞬時に言い当てるなど数字に強いという特性を持つ。ただし、お金の観念がなかったり[注 1]本の暗記も丸暗記なため物語の内容などを理解していない。
趣味は暗記した「一塁手はダレだ」[注 2]を復唱することとメジャーリーガーの野球カード集め。ちなみに「一塁手はダレだ」は、自身にとって精神安定剤のようなもので、日常でちょっとしたストレスを感じるとこれを復唱して心を落ち着かせる。
チャーリー・バビット
レイモンドの弟。ロサンゼルス在住で、高級車販売店の経営者。父と2人暮らししていたが反りが合わず10代半ばで家出する形で独り立ちした。店の経営が少々上手く行っていないこともありイライラしており、少々強引でも物事を自分の思い通りにしようとする短気な性格。冒頭で亡き父が病院に預けていた兄のレイモンドの存在を知り、遺産に絡んで接触を図る。
スザンナ
チャーリーの恋人。チャーリーの店で電話で客との交渉などをしている。ここ最近チャーリーが恋人としての会話をあまりしてくれず不満を持っており、ギクシャクしていることに悩んでいる。チャーリーに連れられてレイモンドと会った後、チャーリーが兄に渡る遺産目当てである事を知り憤慨、一時は2人と離れるがその後ラスベガスで再会する。思いやりのある性格で障害を持つレイモンドを温かい心で接する。
Dr.ブルーナー
障害者が暮らす病院の院長らしき人。サンフォードとは、長い付き合いで彼の遺産管財人。18歳頃から病院にやってきたレイモンドを20年以上に渡って見守り続けている。
ジョン・ムーニー
弁護士。バビット兄弟の父の遺産の手続きを担当。チャーリーに彼の父の遺言を読み上げ、「300万ドル以上に及ぶ全財産は受取人(レイモンド)のために信託管理に委任される」と告げる。
サリー・ディブス
飲食店のウェイトレス。客として訪れたレイモンドが自身の電話番号を言い当てたり[注 3]、自身が誤って落とした数十本の爪楊枝を見ただけで一瞬で本数を正答したため驚く。
Dr.マーストン
医師。レイモンド、チャーリーと話し合い2人が過ごした数日間の話を聞いて今後の生活について話し合う。
レニー
チャーリーの店の仕事仲間。有能ではあるが客との交渉を強引に推し進めようとするチャーリーにいつも命令されている。冒頭でチャーリーがレイモンドに会いに行った後、チャーリーと電話で仕事のやり取りをする。
バン
ブルーナーの病院の職員。9年間レイモンドの世話などに携わり彼にとって親友のような存在。レイモンドの日常の行動をよく知っており、初めて会ったチャーリーに彼の行動やその動機を教える。
サンフォード・バビット
チャーリーの父。故人。シンシナティにある邸宅で、妻を早くに亡くした後チャーリーと十数年間2人暮らししてきた。ブルーナーによると愛情表現が下手で、チャーリーからは厳格な性格と思われており反発されてきた。

スタッフ[編集]

プロダクション・ノート[編集]

  • サヴァン症候群キム・ピークがレイモンドのモデルであると言われている。キムと面会した作家のバリー・モローがその能力に驚愕し、小説を書きあげた。
  • 当初、ホフマンは弟の役だったが、兄の役柄に大きな感銘を受け、自分が演じることを直訴。何度もキムに面会し、役作りに励んだ。
  • 床に落ちた爪楊枝を瞬時に計数したキム・ピークの実体験がそのまま映画のエピソードとして出てくる。ただし自動車運転などは困難を極めたという。
  • 公開後に有名となったキムは、しかしなんら生活を変えることなく、毎日を図書館で過ごし、小説から図鑑、電話帳、住所録までを片っ端から読破して、記憶する日課を死ぬまで続けて、2009年12月19日に58歳で亡くなった[4]

DVD『レインマン アルティメット・エディション』[編集]

2005年6月17日、20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパンより2枚組DVDソフト『レインマン アルティメット・エディション』が発売された。本編にdts音声を追加。特典ディスクにはメイキング映像や製作ドキュメンタリー、未公開シーンなどが収録されている。 2006年6月21日ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントよりジャケット・ディスクのデザインを変えて「レインマン アルティメット・コレクション」として再発売。 2008年10月24日、20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパンよりジャケットデザインを変えて低価格(スタジオクラシックシリーズ)として再発売。

舞台[編集]

日本版[編集]

2006年に東京大阪名古屋の3か所、2007年に東京・大阪・名古屋・横浜の4か所で上演された。

キャスト
  • チャーリー・バビット:椎名桔平
  • レイモンド・バビット:橋爪功
  • スザンナ・パルミエリ:朴璐美(2006年)→紺野まひる(2007年)
  • ウォルター・ブルーナー:大森博史(2006年)→佐藤誓(2007年)
スタッフ

イギリス版[編集]

2008年8月28日から同年12月20日まで、ロンドンウエスト・エンドにあるアポロシアターで上演された。

キャスト
スタッフ

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d Rain Man (1988)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年8月1日閲覧。
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)480頁
  3. ^ クレジットなし
  4. ^ 「映画になった奇跡の実話」 鉄人ノンフィクション編集部

注釈[編集]

  1. ^ 「1ドルで50セントの物を買ったらおつりはいくら?」の質問に誤答している(正答は50セント)。
  2. ^ とある野球チームにいる“ダレ”という名前の一塁手について話す人と、「一塁手は誰?」と尋ねるもう一人とのやり取りを描いたコミカルな言葉のかけあい(日本で言う漫才のようなもの)。
  3. ^ 前日暇つぶしに電話帳を暗記したレイモンドが、彼女の名札を見て番号を即答する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]