サラエボの花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サラエボの花
Grbavica
監督 ヤスミラ・ジュバニッチ
脚本 ヤスミラ・ジュバニッチ
製作 バーバラ・アルバート
ダミル・イブラヒモヴィッチ
ブルノ・ワグナー
出演者 ミリャナ・カラノヴィッチ
ルナ・ミヨヴィッチ
レオン・ルチェフ
ケナン・チャティチ
音楽 エネス・ズラタル
撮影 クリスティーン・A・マイヤー
編集 ニキ・モスベック
配給 日本の旗 アルバトロス・フィルム
公開 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 2006年3月1日
日本の旗 2007年12月1日
上映時間 95分
製作国 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
 オーストリア
ドイツの旗 ドイツ
クロアチアの旗 クロアチア
言語 ボスニア語
テンプレートを表示

サラエボの花』(サラエボのはな、原題: Grbavica)は、2007年12月1日に公開されたボスニア・ヘルツェゴビナの映画作品。

あらすじ[編集]

ボスニア・ヘルツェゴヴィナの首都サラエヴォで、娘のサラと二人暮しをしているエスマ。収入は少なく、深夜遅くまで働く日々が続く。まだ12歳のサラは母が留守がちなことから寂しさを募らせていく。

ある日、サラはクラスメイトのサミルと喧嘩をしてしまうが、「父親が紛争で亡くなった」という共通点から次第に親しくなっていく。

エスマから、「父親は殉教者」と教えられており、サラ自身もそれを誇りに思っていたが、学校の修学旅行がきっかけで父親の死に疑問を持ち始める。父親の戦死証明書があれば旅費が免除されるので、エスマに証明書を出すようせがむサラ。しかし、父親は死体が見つからなかったから証明書の発行は難しいと苦しい言い訳をするエスマ。

証明書を渡してくれない母に不信感を募らせていくサラに、クラスメイトが「戦死者リストに父親の名前が無い」とからかう。耐え切れなくなったサラは、サミルから預かった拳銃でエスマを脅し、真実を教えて欲しいと迫る。そして、エスマは隠し続けてきた過去の秘密を話してしまう……。

戦争が生んだ、人々の愛と憎しみ・トラウマ・絶望を描く。

キャスト[編集]

()内は日本語吹替え

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本:ヤスミラ・ジュバニッチ
  • 撮影:クリスティーン・A・マイヤー
  • 編集:ニキ・モスベック
  • 衣装:レイラ・ホジッチ
  • 製作:バーバラ・アルバート、ダミル・イブラヒモヴィッチ、ブルノ・ワグナー
  • 共同製作:ボリス・ミチャルスキ、ダミル・リフタリッチ
  • 字幕翻訳:古田由紀子
  • 字幕監修:柴宜弘
  • 後援:ボスニア・ヘルツェゴヴィナ大使館
  • 配給:アルバトロス・フィルム日本の旗 日本

賞歴[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]