悲しみの青春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
悲しみの青春
Il giardino dei Finzi-Contini
Dominique Sanda.jpg
ドミニク・サンダ
監督 ヴィットリオ・デ・シーカ
脚本 ヴィットリオ・ボニチェリ
ウーゴ・ピロ英語版
原作 ジョルジョ・バッサーニ英語版
フィンツィ・コンティーニ家の庭英語版
製作 アーサー・コーン
ジャンニ・ヘクト・ルカリ英語版
アルトゥール・ブラウナー英語版
製作総指揮 ファウスト・サラシーニ
出演者 リノ・カポリッチオ英語版
ドミニク・サンダ
ヘルムート・バーガー
ファビオ・テスティ英語版
ロモロ・ヴァリ
音楽 マヌエル・デ・シーカ英語版
撮影 エンニオ・グァルニエリ
編集 Adriana Novelli
配給 日本の旗 東和
公開 イタリアの旗 1970年12月4日
日本の旗 1971年10月9日
上映時間 94分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
テンプレートを表示

悲しみの青春』(Il giardino dei Finzi-Contini)は、ヴィットリオ・デ・シーカ監督による1970年のイタリア映画である。出演はリノ・カポリッチオ英語版ドミニク・サンダヘルムート・バーガーらであり、ジョルジョ・バッサーニ英語版の小説『フィンツィ・コンティーニ家の庭英語版』を原作としている。

プロット[編集]

北イタリアのエミリア地方にあるフェルラーラのはずれに住むユダヤ人一家・フィンツィ・コンティーニ家は地域のコミュニティとのつながりが薄く、その家の娘であるミコルとその弟アルベルトも学校にはあまり来なかった ある日、同じくユダヤ人である青年ジョルジュは、ミコルに誘われるかたちでコンティーニ家を訪れ、親しくなる。

やがてナチスが台頭する中、ミコルは過越祭の日にジョルジュと再会し、キスを交わすが、ジョルジュとの関係を拒む。 第二次世界大戦、コンティーニ家に忍び込んだジョルジュは、アルベルトの友人であるマルナーテがミコルと抱き合う様子を見て失望する。 その後、ジョルジュは病死したアルベルトの葬儀の場でミコルと再会するが、それが彼女の最後の姿となった。 後に、ジョルジュは家族とともにフェルラーラから脱出した一方、ミコルらコンティーニ家はナチスの収容所に収容された。

キャスト[編集]

受賞とノミネート[編集]

賞・映画祭 部門 対象 結果
ベルリン国際映画祭[1] 金熊賞 ヴィットリオ・デ・シーカ 受賞
アカデミー賞[2] 外国語映画賞 『悲しみの青春』 受賞
脚色賞 ヴィットリオ・ボニチェリ
ウーゴ・ピロ英語版
ノミネート

参考文献[編集]

  1. ^ Berlinale 1971: Prize Winners”. berlinale.de. 2010年3月14日閲覧。
  2. ^ The 44th Academy Awards (1972) Nominees and Winners”. oscars.org. 2011年11月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]